本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



敵将も「彼とは顔を合わせたくないね」と本音ポロリ。大谷翔平のスライダーは「まるでウィッフルボール」!?
サムライの“奪三振ショー”に敵将も感服するしかない。【動画】ピンチから圧巻の奪三振ショー! 大谷翔平が見せた“気迫の投球”をチェック 現地時間7月28日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたテキサス・レンジャーズ戦に「1番・DH兼...
別窓で開く

ジャッジが今季3本目のサヨナラ弾で39号! 米敏腕記者は「MVPがオオタニからジャッジに変わった」と“勢い”の差に言及
後半戦に入ってから“大型”スラッガーが調子を上げている。 ニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジは現地時間7月28日、本拠地で行なわれたカンザスシティ・ロイヤルズ戦の9回裏に今季39号となるサヨナラ弾を叩き込んだ。連敗中のチームを救う一発は、今季3本目のサヨナラアーチに...
別窓で開く

メジャー全体でも過去6人だけの偉業に到達。「ビーストモード」となった大谷翔平が見せた奪三振ショーに脱帽
決して調子は良くなかった。それでもメジャーでも指折りの好打者を居並べる打線に対して奪三振ショーを演じた。現地時間7月28日に行なわれたテキサス・レンジャーズ戦で、今季17度目の“リアル二刀流”で先発マウンドに立った大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)である。...
別窓で開く

大谷翔平の放出にエンジェルスが「前向き」との報道! 本人は「どこにいても変わらない」と強調も、メッツとパドレスはすでに接触済み
急転直下、球界最高の偉才に関する動向が慌ただしくなっている。 米紙『New York Post』の名物記者ジョエル・シャーマンは現地時間7月28日、ロサンゼルス・エンジェルスが大谷翔平のトレードについて他球団のオファーを検討していると報じた。【動画】ピンチで見せた圧巻の奪三振ショー! 大谷翔平の気迫...
別窓で開く

「オオタニには問題なし」無死満塁から見せた大谷翔平の“三者連続三振”に米メディア熱狂!「少し難易度を上げたかっただけだ」
またも二刀流スターが圧巻の“奪三振ショー”を披露した。【動画】ピンチから圧巻の奪三振ショー! 大谷翔平が見せた“気迫の投球”をチェック 現地時間7月28日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたテキサス・レンジャーズ戦に「1番・DH...
別窓で開く

立ちはだかる“104年の壁”。大谷翔平、MVPコールに感情露わの奪三振ショーも、ルースの偉業達成は再びお預けに
現地時間7月28日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれているテキサス・レンジャーズ戦に「1番・DH兼投手」で先発。6回(98球)、2失点、被安打8、11奪三振と好投した。 初回から“波乱”に満ちたスタートだった。先頭打者から3連打を浴び、無死満塁のピンチ...
別窓で開く

【前半戦通信簿|巨人】4試合連続満塁弾を献上した投手陣が大きすぎる穴に。新たな“勝利の方程式”を確立できるか<SLUGGER>
巨人45勝50敗1分 勝率.474(5位/13.5ゲーム)平均得点:3.86(3位)平均失点:4.54(6位)得失点差:−65(5位)▼前半戦通信簿:がんばりましょう 3・4月は20勝11敗、勝率.645のロケットスタートで首位に立ちながら、5月6日からの対ヤクルト3連戦に3連敗するなどして失速。...
別窓で開く

【パ・リーグ球団別WARトップ3】ロッテの1位はもちろん“令和の怪物”佐々木朗希。ギータが不振のソフトバンクで光った野手は?<SLUGGER>
前半戦、各チームで最も勝利に貢献したのは一体誰なのか。総合指標WARで各球団のトップ3を見ていこう。  WARとは、打撃・走塁・守備・投球を総合的に評価して選手の貢献度を表す指標で、野手も投手も同じ基準で評価できるのが最大の特徴。MLBではMVP投票などでかなり重視されている。では、パ6球...
別窓で開く

【セ・リーグ球団別WARトップ3】ヤクルト・村上&塩見がトップ2に君臨、前半戦首位打者のDeNA佐野が意外に「低迷」した理由とは<SLUGGER>
前半戦、各チームで最も勝利に貢献したのは一体誰なのか。総合指標WARで各球団のトップ3を見ていこう。  WARとは、打撃・走塁・守備・投球を総合的に評価して選手の貢献度を表す指標で、野手も投手も同じ基準で評価できるのが最大の特徴。MLBではMVP投票などでかなり重視されている。では、セ6球...
別窓で開く

【前半戦通信簿|阪神】借金最大16を完済して2位浮上! 投手陣は充実の陣容も、打線は助っ人の不振以外にも懸念材料が<SLUGGER>
阪神46勝46敗2分勝率.500(2位)平均得点:3.40(5位)平均失点:2.81(1位)得失点差:+56(2位)▼前半戦通信簿:まずまずです 矢野燿大監督が今季限りの辞任を明言した開幕を迎えると、いきなり9連敗、だが、一時は16まで増えていた借金を前半戦最終盤についに完済して2位へ浮上した。...
別窓で開く