本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



平成ノブシコブシの徳井健太は、長らく相方の吉村崇に比べ「じゃない方」芸人と呼ばれてきた。華麗に売れていく相方と何度も大げんかしたという徳井は、人気番組「ゴッドタン」の「腐り芸人セラピー」という企画で「悟り芸人」として覚醒する。彼のお笑い論・芸人論は、仕事にもがき、葛藤してきた者にしか書けないものだ。...
別窓で開く

◆辞めた会社を引き合いに出して現職をディスる嫌われ者  出羽守(でわのかみ)という言葉をご存じだろうか。  他者の例を引き合いに出して物事を語る人のことで、特に海外在住の日本人が現地の習慣や制度などを引き合いにして、日本のことを貶めるような発言をすることを最近では指す。初期のコロナ禍において、「今の...
別窓で開く

一億総活躍社会実現に向け、労働環境の転換期を迎えている。働き方改革に、DX化、コロナ禍のリモートワークetc. 仕事の負担は軽くなるはずなのに、なぜ、こんなに会社がツラいのか……。そんな強いストレスを抱えているサラリーマンの悩みに、専門医が回答する。◆【人間関係】人のいる場所にストレスあり 中年男性...
別窓で開く

一億総活躍社会実現に向け、労働環境の転換期を迎えている。働き方改革に、DX化、コロナ禍のリモートワークetc. 仕事の負担は軽くなるはずなのに、なぜ、こんなに会社がツラいのか……。そんな強いストレスを抱えているサラリーマンの悩みに、専門医が回答する。◆不眠や抑うつのストレス源【過緊張】 今回注目した...
別窓で開く

銀行でデザインを内製化すること デジタルバンク「みんなの銀行」の場合
デジタルバンク「みんなの銀行」では、デザインの内製化に取り組んでいます。従来の銀行にはないやり方や伝え方を、日々チームで模索していますが、その取組みの様子をプロダクトデザイナーの田口がお話します。※この記事はオウンドメディア『みんなの銀行 公式note』からの転載です。...
別窓で開く

「仕方がなさ」を生きるSNSネイティブ世代 谷頭和希×佐々木チワワ 20代が語る若者の現実
2004年に刊行された三浦展氏の著書『ファスト風土化する日本』をはじめとした社会評論では、繰り返し「チェーンストアは都市を均質にする」と語られたが、その言説はいまも正しいのだろうか。その問いに、24歳のライター谷頭和希がドン・キホーテを巡りながら挑んだのが、『ドンキにはなぜペンギンがいるのか』(集英...
別窓で開く

【上司力を鍛える】使いこなせなければ、いまや部下育成もチーム作りもできない「ITツールの習熟化」《前編》(前川孝雄)
「前川孝雄の『上司力トレーニング』〜リモートワークで働きがいある職場を創る」では、リモートワーク下での「支援型マネジメント」について説明してきました。前回までをおさらいすると、第1のポイント:部下の仕事の「責任の明確化」、第2のポイント:部下の「仕事の具体化」、第3のポイント:上司の「反応の意識化」...
別窓で開く

若手が感じる「オンラインコミュニケーション」のストレスとは?
オンラインコミュニケーション協会は、週に5回以上、社内でオンライン会議を行っている、かつ社内でチャットを利用している22歳〜29歳のビジネスパーソン105名を対象に、「オンラインコミュニケーションにおけるストレス」に関する実態調査を実施し、その結果を発表しました。...
別窓で開く

キャンプでは、BBQや水遊びなどをして楽しむ人が多いですが、近年はキャンプ場にアクティビティが用意されている場合もあります。特に近年は「スラックライン」に注目が集まっています。今回は、スラックラインの魅力や上手に歩く練習方法などをご紹介します。スラックラインは自分でも用意できるアクティビティなので、...
別窓で開く

“新しい働き方”を実践する3組から学ぶ、いま求められるスキル&人材像
テレワーク、パラレルワーカーなど、働き方の多様化が進む昨今。その背景や、そんな時代に求められるスキル&人材像とは? 実際に新しいワークスタイルを取り入れ、それを実践している3組に取材。働き方における今どきの心地よい関係の築き方を探ります。新しい仕事スタイルを確立した3つのチームの働き方に密着!コミュ...
別窓で開く


[ slack ] の関連キーワード

出羽守 佐々木