本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「本当にひどい」OBロイ・キーンが古巣ユナイテッドを糾弾! 「学生レベル」と酷評された選手は…
 残り2試合、このままなら、3年ぶりにプレミアリーグを2位で終える。サー・アレックス・ファーガソンが引退して以降の最高位タイだ。 だが、かつて黄金期にマンチェスター・ユナイテッドのキャプテンを務めたロイ・キーンは、このままでは古巣が主要タイトルのトロフィーを掲げることはできないと指摘している。...
別窓で開く

「敬意を欠いている」先発落ちのマネ、クロップとの“握手拒否”が物議!指揮官の見解は…
 ビッグマッチでベンチスタートになれば、不満が残るのは当然だ。それを指揮官に対して直接ぶつけることの是非は、議論が分かれる。 リバプールは5月13日、プレミアリーグ第34節でマンチェスター・ユナイテッドに敵地で4-2と勝利した。2位との大一番を制したリバプールは、3位レスターとの対戦を残す4位チェル...
別窓で開く

「弱々しい…」南野拓実、3か月半ぶりのフル出場も厳しい声止まず。一方でリバプール専門メディアの見解は?
現地時間5月11日、プレミアリーグ第32節の順延分が行なわれ、サウサンプトンは3-1でクリスタル・パレスを撃破。公式戦6試合ぶりの勝利を飾った。 前日に降格3チームが確定していたため、プレミアリーグ残留を決めていた“セインツ(サウサンプトンの愛称)”は、開始2分にセットプレー...
別窓で開く

「もはや現代フットボールではない」度を越えた過密日程にマンU指揮官の怒り爆発!「どうやって戦うんだ」
 オレ・グンナー・スールシャール監督が、殺人的スケジュールに激しい怒りをぶつけた。英衛星放送『Sky Sports』が伝えている。  マンチェスター・ユナイテッドは現地時間5月2日に、敗れればマンチェスター・シティのリーグ制覇が決まるリバプールとの大一番を予定していた。...
別窓で開く

ローマ弁で早くも人気のモウリーニョは“ソーシャルワン”? トッテナム時代の圧倒的な「SNS人気」を伊メディアが報道!
 来シーズンからジョゼ・モウリーニョがローマの指揮を執ることになり、イタリア・メディアは連日のようにカリスマ指揮官の話題を報じている。 イタリア衛星放送『Sky Sport』は5月6日、『Noisefeed』のデータ分析を基に、モウリーニョがトッテナム監督時代に多くの話題をさらった指揮官だと伝えた。...
別窓で開く

「彼が行ってから、『なんてリーグだ』と思うように…」名手アンリがプレミア殿堂入りを推したレジェンドとは?
 歴代のレジェンドたちを評価する際に、だれもが満足する結果はあり得ない。 プレミアリーグは先月、新たに創設した殿堂入りに、アラン・シアラー、ティエリ・アンリの2名を選出したことを発表した。 もちろん、両者の偉業に異論はないだろう。一方で、殿堂入りにふさわしいレジェンドは他にも多い。...
別窓で開く

「もう解体すべきだ」リバプール伝説OBが、古巣の最大の問題は“フロント3”と指摘!「過去の偉大なトリオを見ても…」
 どんなに素晴らしい組み合わせも、永遠に輝き続けることはできない。 リバプールのレジェンドOBであるジェイミー・キャラガーは、モハメド・サラーとサディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノの3トップを解体すべきと考えている。その考えは、今季の不振で強まったようだ。...
別窓で開く

「我々が努力すべきなのは…」クロップ監督が明かした残り5試合のカギは?10年前の歓喜の瞬間も回想「爆発したね」
 英衛星放送『Sky Sports』が、現地時間4月30日付けでリバプールのユルゲン・クロップ監督の独占インタビューを公開。現在の心境を明かしている。 来月54歳となるドイツ人指揮官はちょうど10年前、マリオ・ゲッツェやロベルト・レバンドフスキ、香川真司らのヤングタレントを擁し、ドルトムントを9シー...
別窓で開く

「誰がそんなものを見たいんだ」過去にESLを猛烈批判のクロップ、現在も「考えは変わらない」。“内側”から解決模索
 4月18日、世界中に衝撃が走った。欧州スーパーリーグ(ESL)構想が正式に発表されたのだ。 開始時期は未定だが、プレミアリーグの“ビッグ6”と言われるアーセナル、チェルシー、リバプール、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナムに加え、セリエAからイン...
別窓で開く

「怒りは理解できる」クロップ、トゥヘル、アルテタら、欧州スーパーリーグ構想に賛同したプレミアクラブの指揮官が語ったのは?
 現地時間4月18日、欧州スーパーリーグ(ESL)の構想が正式に発表され、フットボール界に衝撃が走った。これに対して欧州サッカー連盟(UEFA)はチャンピオンズ・リーグなどの国際試合、国際サッカー連盟(FIFA)は主催するワールドカップなどへの選手の参加を認めないなどの声明を発表し、全面対決の様相と...
別窓で開く