本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



師走相場も、はや中盤に差しかかった。まずは終わった11月を振り返ると、11月末の日経平均株価は2万7968円99銭だった。10月末は2万7587円46銭で、1カ月の上げ幅は381円53銭、率にして1.39%だった。この11月の日経平均の実績は、MSCIアジア太平洋指数(日本を除く)の+17.4%に比...
別窓で開く

新婚ゆうこす「WiFiは肌に悪影響」プロデュース化粧品が物議…医師は「科学的根拠なし」と警鐘
《アーティストのたなかさんと結婚致しました。益々邁進していくつもりですので、今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします》12月7日、Twitterでこう報告したのは“ゆうこす”こと菅本裕子(28)。4歳年下のミュージシャン・たなか(24)との結婚を発表し、夫婦で寄り添うショットを添えた。...
別窓で開く

米国株価指数(S&P500など)や世界株価指数(MSCI ACWIなど)などに連動する投資信託で「つみたてNISA」や確定拠出年金の積立投資をする人が若手、中堅世代を中心に増えている。 例えば「みんかぶ」のサイトで過去1年の売れ筋投資信託のランキングを見ると、米国株価指数か世界株価指数に連動...
別窓で開く

激キモ「クモ頭クリーチャー」誕生秘話!『遊星からの物体X』ボッティンの悪ノリにカーペンターが感動【4/5】
『遊星からの物体X』© 1982 Universal Studios. All Rights Reserved.■キモすぎ変態クリーチャーの秀逸デザイン今回も【3/5】から引き続き、ロブ・ボッティンが特殊効果を手がけた『遊星からの物体X』(1982年)に登場するエイリアン“シング”のメイキ...
別窓で開く

手塚アニメが元ネタ!? 名作『時計じかけのオレンジ』&必見のキューブリック関連ドキュメンタリー【前編】
『キューブリックに愛された男』©2016 Kinetica-Lock and Valentineスタンリー・キューブリック監督に関するドキュメンタリー映画『キューブリックに愛された男』(2016年)と『キューブリックに魅せられた男』(2017年)を相次いで見たが、どちらも面白く、謎に包まれ...
別窓で開く

生まれた日別!【2022年12月の運勢】「運勢が大きく動きそう」なのは誰?
いよいよ迎える2022年最後の1か月、幸運に恵まれながら楽しく過ごすためには、どうすればいいのでしょうか。今回は、占い師の五十六謀星もっちぃ先生が編み出した運命周期律に基づいて、生まれた日別に「2022年12月の運勢」を解説してもらいました。...
別窓で開く

「情緒不安定な思春期、反抗的態度」にヘトヘトな親へ! 中高生の子育てを乗り切る7つの心得
■反抗期、情緒不安定な「思春期」の子育てを乗り切る心得話しかければ、うっとうしそうな視線が返ってくる。そこで「その態度はなんなの!?」ととがめるならば、「うるせえ」などと乱暴な言葉を投げつけられる。そうして不機嫌かと思えば、数時間後には鼻歌を歌ってご機嫌になっていたりする。毎日のように夜更かしするた...
別窓で開く

ビジネスでは、当たり前のように「論理的に考えること」が求められ、それこそが人間らしい「知性」だ、と一般的に考えられています。しかし、もっと身体的で、もっと直感的な心の「はたらき」である「感性」も、実は人間らしい「知性」と呼べるのではないでしょうか? 感性によって未知のものにアプローチする本連載の第2...
別窓で開く

ストレスためてない?秋冬のメンタル不調は感染リスク増!
最近、ストレスはたまっていませんか?人間関係や仕事量の多さ、家事との両立など働く上でのストレスは多く、そのストレスがメンタルの不調をまねく場合もあります。「メンタルの不調」と聞くと少し大げさに聞こえるかもしれませんが、「疲れがたまっているかも」という状況からいつのまにかメンタルの不調で休職・退職をす...
別窓で開く

ロシアでヒグマとホッキョクグマが交配、気候変動に対抗!?新たなハイブリッド生物「ブロラーベア」とは
近年、世界規模で温暖化や気候変動が起き、異常気象の発生が報告されている。極地では氷がとけ、寒冷地帯にいた生物たちの生息域が脅かされる状況となっている。 そんな中、生息域を減らしつつあるホッキョクグマがロシア極東に進出、さらにヒグマと交配して気候変動に強いハイブリッド種が誕生しつつあることが明らかにな...
別窓で開く


[ sci ] の関連キーワード

ブロラーベア wifi ロシア リック