本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


つい食べ過ぎる、夕方から目が冴える…「自律神経が乱れぎみの人」の特徴と対策 #198
中医学士で漢方薬剤師の大久保愛先生によると、寒い冬の今、食欲が止まらなかったり、午前中は眠く夜は目が冴えてしまったりと、心身のコントロールをうまくできない人が増えているそう。...
別窓で開く

女性が飲んでたらコンドームは不要? 「ピル」への誤解を現役薬剤師が解説【健康サディスティック?】
30代、40代、50代......。少しずつたるみ、衰えていく体に戦々恐々とする日々。そんな後ろ向きな毎日を打破するべく、日本一美しく、ちょっぴりSな現役薬剤師・福井セリナが、あなたの体のお悩みを解決します! 第56回のテーマは「ピルへのよくある誤解」です。【今週のお悩み】お付き合いしている女性が「...
別窓で開く

『アイドル保健体育』が話題に。竹中夏海「プロ意識が高い子ほど、周囲に相談できない」
ananフェムケア連載「Femcare File」。今回は、“アイドル×健康課題”をテーマにした書籍を発表し、話題を呼んだ振付師の竹中夏海さんにお話を伺いました。振付師として10年以上、多くの女性アイドルと関わってきた竹中さんが感じた、自分らしい不調との向き合い方とは?低用量ピルに出合って生理中の生...
別窓で開く

「性格いいけど、非正規、貯金ゼロ...正社員も断る。こんな女性と結婚して大丈夫?」男性の投稿が炎上...「バリキャリと結婚したら」「専業主婦志向では」と賛否...専門家に聞いた(1)
結婚相手に対する悩みを訴えた、年収600万円台の男性の投稿が炎上騒ぎとなっている。相手は年収200万円台の非正規雇用の女性。「30代なのに貯金もゼロ。正社員にならないかと職場から誘われているのに、断っています。こんなリスクヘッジもできない女性と結婚しても大丈夫だろうか」と心配なのだ。...
別窓で開く

夜、尿意で起きる、生理痛や肩こりが酷い…「暖めても冷える人」の特徴と対策 #197
強い寒気により寒さが一段と厳しくなっています。暖房や厚着、カイロなど外からの保温はもちろん必須ですが、中医学士で漢方薬剤師の大久保愛先生によると、それでも冷えを感じる人は、代謝が低く、体内で熱をうまく作り出せないのだそう。...
別窓で開く

飲酒による健康リスクに、男女差はあるのだろうか。産業医の池井佑丞さんは「男性や若年層の飲酒は減っている一方で、30代以上の女性だけ飲酒率が上がっている。しかし女性の体の方がお酒の影響を受けやすく、肝硬変やアルコール依存症にもなりやすい」という——。■30代以上の女性だけ飲酒率が増えている近年、飲酒離...
別窓で開く

女性特有のうつ症状「月経前不快気分障害(PMDD)」に罹った場合、婦人科と精神科どちらに行けばいい?
東京都医師会副会長で「ひらかわクリニック」院長の平川博之氏が1月18日、ニッポン放送「モーニングライフアップ 今日の早起きドクター」に出演。女性特有の「うつ」について語った。※画像はイメージです女性特有の「うつ」 〜月経前不快気分障害(PMDD)・産後うつ・更年期うつ新行市佳アナウンサー)女性特有の...
別窓で開く

おならが強烈にクサい、お腹が張る…「自律神経が乱れている人」の特徴と対策 #195
おならは臭いもの、お腹が張るときはあるけどあまり気にしない、そう捉えている人は多いかもしれません。ですが、中医学士で漢方薬剤師の大久保愛先生によるとそういった不調は、自律神経の乱れや腸内環境が悪いことのサインなのだそう。...
別窓で開く

正月太りを解消したい!でも……ダイエットの失敗“あるある”
 正月太りを反省し、「ダイエットを始めたけれど3日坊主に終わった……」というのはよくある話ですよね。そんなダイエットの失敗“あるある”を紹介していきましょう。 ダイエットをしていても「もったいない気持ちが強くて食べ物が残せない」という人は多いようです。また、「生理やPMSという邪魔が入る」ことも失敗...
別窓で開く

日光を浴びない、耳が冷たい…自律神経が乱れて「めまいや耳鳴りを感じやすい人」の特徴と対策 #195
中医学士で漢方薬剤師の大久保愛先生によると、これからの時期は、気温差が激しくなることから自律神経の乱れや血流低下が生じやすくなり、めまいや耳鳴り、だるさに悩む人が増えるのだそう。そこで愛先生が、自律神経を整え、血流を改善する簡単な方法を教えてくれます!最近、めまいや耳鳴り、だるさに悩んでいませんか?...
別窓で開く


[ pms ] の関連キーワード

pmdd サディ