本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



2022年4月「年金制度改正法」シニアはどう変わる?70歳以上も働きたい人は36.5%
2022年4月に「年金制度改正法」が施行となります。これにより在職老齢年金制度の一部や年金受給開始時期が見直され、気になっている方もいるでしょう。PGF生命が、今年還暦を迎える1961年生まれの男女2000名を対象に行った「2021年の還暦人(かんれきびと)に関する調査」(2021年6月17日公表)...
別窓で開く

30代後半で結婚→60歳で貯蓄ゼロ?! 悲惨な老後にしないための年金活用術
60歳の時点で、老後への備えはいくらあるだろうか。保険会社のPGF生命が2021年に還暦を迎える人を対象にしたアンケートによると、60歳時点での平均貯蓄額は約3026万円。にもかかわらず、最も多かった回答は「100万円未満」で25%と、4人に1人がほぼ老後資金が無い状態ということが分かった。...
別窓で開く

60歳「貯蓄100万円未満」が25%…老後が不安な共働き世帯3つの事情
PGF生命が今年4月に行った「2021年の還暦人(かんれきびと)に関する調査」によると、今年60歳になる人たちの平均貯蓄額は3026万円でした。しかし、その分布を見ると「100万円未満」と回答した人は25.0%(図表1参照)。4人に1人が貯蓄金額100万円未満という結果に驚きつつも、実際なかなかうま...
別窓で開く

60歳の貯蓄100万円未満が増加。二極化はどこまで進んでいるか
還暦60歳はセカンドライフの入り口。会社員なら定年を迎え、家庭では子育てが一段落し、自分の時間を持てるようになれば旅行や趣味に興じたいと考える人も多いのではないでしょうか。筆者もそのうちの1人なのですが、セカンドライフの現実を覗いてみると、そう甘くはないようです。...
別窓で開く

バブル世代の驚愕エピソード「転職先が選び放題」「海外出張手当が2000万円」も… 今は4人に1人が「貯蓄100万以下」
今年還暦を迎える「1961年生まれ」を対象に、PGF生命が実施したアンケート調査で、「残業代が基本給より多かった」「2年間の海外出張手当で2000万円以上もらった」「銀行利息だけで旅行に行けた」「就活で最初の質問が『内定を出してもいいですか?』だった」など、バブル期ならではの、今では考えにくい豪快な...
別窓で開く


<前へ123次へ>