本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



数々の強打者を輩出したレッドソックスの左翼。新たな「グリーンモンスターの番人」吉田正尚が栄光の伝統継承に挑む<SLUGGER>
ポスティングでのMLB移籍を目指していた吉田正尚がレッドソックスと契約した。5年9000万ドルという破格の条件が日米双方で関心を惹いているが、ボストンでは彼の守備位置がレフトである点も注目されている。レッドソックスのレフトは、巨人軍における三塁と同じく、伝統的にチームの看板選手が守り続けてきた花形ポ...
別窓で開く

「MLB到着日が決定」三冠王・村上宗隆のポスティング容認に米メディアが反応!25歳でのメジャー移籍に期待の声「多くの可能性を秘める」
東京ヤクルトスワローズの村上宗隆は今月9日、球団と契約交渉を行い、3億8000万円増となる年俸6億円プラス出来高払いでサインしたと発表した。3年総額18億円の大型契約を結んだと伝えられ、2025年のシーズン終了後にポスティングシステムを利用してのMLB挑戦も容認されたという。【動画】王を超える&ld...
別窓で開く

バーランダーと飽くなき向上心とシャーザーの燃えたぎる闘争心——メッツ入団の千賀滉大が2人の大投手から学ぶべきこと<SLUGGER>
メッツ入りを決めた千賀滉大の選択は賢明な決断だった——早くもそう断言してしまいたくなる。 今季101勝も挙げた強豪で、ワールドチャンピオンも狙えるチームだから、というのも一因だが、それより何より、計445勝を挙げて殿堂入りがすでに確実な2人の名投手を間近に見られるのが大きい。...
別窓で開く

千賀滉大、102億超えの大型契約で“勝てる”メッツと契約へ! NY地元局は「タナカに見た支配力を秘めている」と期待
文字通りのビッグディールが完遂したようだ。 現地時間12月10日、今オフにソフトバンクから海外フリーエージェント(FA)権を行使した千賀滉大がニューヨーク・メッツと契約合意したと、ニューヨークの放送局『SNY』をはじめとする複数の米メディアが一斉に報じた。 正式合意は「身体検査待ち」(『SNY』のア...
別窓で開く

ダルビッシュ有のWBC出場表明を各国も報道! 大谷翔平との共演にも期待「日出る国の重要人物だ」
サンディエゴ・パドレスのダルビッシュ有が来年3月に開催されるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に日本代表として出場する意思があることを自身のSNSで明らかにした。 ダルビッシュは北海道日本ハムファイターズに在籍時、2009年の第2回大会に出場しており、決勝の韓国戦では胴上げ投手にもなるなど...
別窓で開く

元オリ助っ人ジョーンズも「日本のホアン・ソトだ」と称賛!——レッドソックス加入の吉田正尚を幹部はどう評価した?
現地時間7日に名門ボストン・レッドソックスと5年契約に合意した吉田正尚。前日に正式にポスティング公示されたばかりだが、5年9000万ドル(約122億4000万円)で電撃決着に至った。 高額契約を交わしたサムライを米国メディアでも各媒体がこぞって取り上げている。...
別窓で開く

レッドソックスと契約合意の吉田正尚に米メディアも熱視線!侍ジャパン栗山監督も「彼には打撃の才能がある」と称賛
現地時間12月7日、吉田正尚がボストン・レッドソックスと5年契約に合意したとアメリカの複数メディアが報じた。前日に正式にポスティング公示されたばかりの侍スラッガーは、5年9000万ドル(約122億4000万円)+ポスティング料1540万ドル(約20億9440万円)で契約を交わしたようだ。...
別窓で開く

「エンジェルスはなぜ弱いのか?」来日したベテラン番記者が考えるチームの課題と改善策。そして「外野手・大谷」の実現性は?<SLUGGER>
ロサンゼルス・エンジェルスの地元紙『Orange County Register』紙のエンジェルス番記者で、大谷翔平の渡米4年間の活躍を振り返った書籍『SHO−TIME 大谷翔平 メジャー120年の歴史を変えた男』の著者でもあるジェフ・フレッチャー氏が11月下旬に来日し、インタビューに応じてくれた。...
別窓で開く

ジャッジがFA史上最高額でヤンキースと再契約!たった半年で200億円以上も価値を上げた男<SLUGGER>
“アーロン・ジャッジ狂騒曲”がついに決着した。 現地12月6日、今オフにフリーエージェント(FA)となっていた大砲ジャッジがニューヨーク・ヤンキースと9年3億6000万ドル(約489億6000万円)で再契約したとアメリカの複数メディアが一斉に報じた。契約総額3億6000万ドル...
別窓で開く

藤浪晋太郎のMLB移籍には「ロマン」がある。アメリカでの開花を予感させる理屈抜きの期待感<SLUGGER>
藤浪晋太郎のメジャーリーグ(MLB)移籍には、他の選手とは少し違った意味でのドキドキがある。古い言葉を使えば、「ロマン」と言ってもいいかもしれない。 なぜなら、日本プロ野球(NPB)、いや、阪神タイガースですら圧倒的なエースというわけでもないだろうが、潜在能力が高い藤浪には「MLBで開花するかも?」...
別窓で開く