本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



イチローの“MLB1年目の偉業”に再脚光!米メディアがレジェンドぶりを称賛「彼ほど爪痕を残した選手はいない」
1990年代よりMLBに挑戦する日本人は、投手がほとんどだった。そのなかで史上初めて野手として海を渡り、1年目から高い実績を残したのがシアトル・マリナーズで長くプレーしたイチロー氏だ。 独特の打撃フォームである「振り子打法」で、日本のプロ野球ではオリックスで活躍した偉才は、2001年からマリナーズの...
別窓で開く

「最強打者=4番打者」という日本の価値観ではない起用法を。大谷翔平の二刀流、WBCでの“理想の使い方”を考察
1月6日、第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表メンバー12名が先行発表。記者会見には大谷翔平がサプライズで登場した。【動画】片手で打った瞬間の確信弾! 大谷翔平が放った驚異の特大アーチをチェック 侍ジャパンにとどまらず、大会全体の全出場者のなかで一番と言っても過言ではない注目...
別窓で開く

「オオタニは640億円の価値がある」MLB通算555本塁打の伝説打者が大谷翔平の凄みを訴え「凄まじい怪物だ」
今シーズンも大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)には、大きな注目が集まっている。 昨季も大谷は出色のパフォーマンスを見せ、球界を熱狂させた。チームは球団ワーストとなる14連敗という屈辱も味わったが、当人はMVPを獲得した前年に続いてシーズンを通して二刀流を完遂。...
別窓で開く

「QBとして活躍」ヌートバーの高校時代に米メディアが注目!野球&アメフトの“二刀流プレーヤー”に警戒
侍ジャパン史上初の日系人メジャーリーガーには、野球の母国であるアメリカも熱視線を送っている。 1月6日、野球の日本代表を率いる栗山英樹監督は侍ジャパン30名のうち12名を先行発表した。大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)、ダルビッシュ有(サンディエゴ・パドレス)、鈴木誠也(シカゴ・カブス)をはじめ...
別窓で開く

川相昌弘が殿堂入り投票で野村謙二郎、石井琢朗より多く票を得る不条理。再考するべき「犠打世界記録」の価値<SLUGGER>
次に挙げるのは、いずれも1980年代後半〜2000年代にかけてセ・リーグで活躍した遊撃手の通算成績である。▼選手A2020安打、169本塁打、250盗塁、打率.285、OPS.755▼選手B2432安打、102本塁打、358盗塁、打率.282、OPS.728▼選手C1119安打、43本塁打、47盗塁...
別窓で開く

「日本のスターを手に入れたい」大谷翔平をドジャースが本気獲りする“噂”が浮上!「オオタニは歴史上最もユニークなFA選手」
異才の二刀流にまつわる移籍話の噂は絶えないようだ。 ロサンゼルス・エンジェルスのスーパースター大谷翔平は、2023年シーズン終了までの間にエンジェルスが契約延長を締結しない場合、来年オフにフリーエージェント(FA)となる。この事実はメジャーリーグ(MLB)関係者が度々指摘しているトピックスであり、F...
別窓で開く

「打球が落ちてこない」松井秀喜がメジャー時代の衝撃を回顧! バッターとして「敵わないと思った」選手との逸話も披露
巨人やMLBのボストン・レッドソックスで活躍した上原浩治氏が1月16日、自身のYouTubeチャンネル『雑談魂』を更新。ゲスト出演した巨人の先輩でMLBニューヨーク・ヤンキースなどでも活躍した松井秀喜氏が、「自身が敵わないと思ったバッター」などのエピソードを披露した。...
別窓で開く

ニューヨークの縄張り争い:悪の帝国へ逆戻り!? ヤンキースの逆襲
前代未聞の大盤振る舞いで過去に例をみない大補強を敢行したニューヨーク・メッツ。オーナーであるスティーブ・コーエン氏の剛腕によって、ニューヨークの盟主からヤンキースは滑り落ちてしまうのか? “悪の帝国”と揶揄された金満球団は、過去の栄光に過ぎないのか? ニューヨーク育ちのアナリストであるKZilla(...
別窓で開く

「過去64シーズンでオオタニだけ」“当たり前”をこなす大谷翔平の二刀流に米メディアが再脚光「投手も打者も彼を恐れている」
稀代の二刀流の、もはや“当たり前”となっている偉業に米メディアが再脚光だ。 現地時間1月12日、メジャーのありとあらゆるデータを紹介している専門サイト『Codify Baseball』は、公式ツイッターを更新。...
別窓で開く

7年前に波紋を呼んだ“藤浪の161球”が話題に。海外メディアが金本政権下での投球を紹介「打撃を与えた」
ついにメジャー移籍が正式に決定した。 現地時間1月13日、オークランド・アスレティックスは阪神からポスティングを宣言していた藤浪晋太郎と1年契約を締結したと発表した。詳細な契約内容は公表されていないものの、米紙『New York Post』のジョン・ヘイマン氏は、年俸325万ドル(約4億2000万円...
別窓で開く