本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



鈴木誠也の週間MVP獲得に上原浩治も祝福!開幕前に打撃投手を務め「役立っていたら嬉しい」
現地時間4月18日、米大リーグ機構が週間MVPを発表し、ナ・リーグは、シカゴ・カブスの鈴木誠也が初受賞を獲得した。開幕2週目での日本選手の受賞は、2018年の大谷翔平(エンジェルス)に並び最速タイとなった。...
別窓で開く

<今週のワイドショー> 大谷翔平選手の活躍、今シーズンも期待大なワケ
今週(2022年3月14日〜)は、宮城・福島で起きた最大震度6強の地震や、止むことのないウクライナ侵攻という息詰まるニュースが続いたワイドショーでした。しかし、スポーツでは明るい話題もありました。昨年「二刀流」で大活躍した米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手の話題です。...
別窓で開く

トップ5はスター選手揃い…現在MLSで最も稼いでいるのは誰?
2022年のメジャーリーグ・サッカー(MLS)が2月末に幕を開けた。1996年にスタートし、今年で27シーズン目となるMLS。開幕前には横浜F・マリノスからブラジル人DFチアゴ・マルチンスがニューヨーク・シティに移籍した他、スイス代表MFジェルダン・シャチリ(シカゴ・ファイヤー)、元ブラジル代表FW...
別窓で開く

「このサウスポーがメッツにとっての可能性だ」FA菊池雄星の獲得にメッツが動くと米報道「ロックアウト前から興味を示していた」
昨年12月からロックアウトが続くMLB。2月22日からレギュラーシーズン開幕の延期を回避するため労使交渉が再開されたものの、現在も話し合いは平行線のままだ。【関連記事】シーズン30発も見込める!? 鈴木誠也が秘める“MVP級”の素質を米メディアが分析「まさに理想的な打者だ」 ...
別窓で開く

「祝 おめでとう!」 偉業を成し遂げすぎた大谷翔平選手を、なんとかお祝いしようとした結果がこちらです
2021年、米メジャーリーグでは、エンゼルスの大谷翔平選手が大旋風を起こした。 二刀流の活躍で打者として打率.257、100打点、46本塁打、26盗塁。投手としても9勝2敗という結果を残し、アメリカンリーグのMVPに選出された。 他に類を見ないほどの活躍ぶりを見せてくれた大谷選手。それだけあって、彼...
別窓で開く

大谷翔平はココがすごい「リアル二刀流」強さのポイント4選!
世界一の選手になることを目標に海を渡った、大リーグロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手。2021シーズンは「二刀流」として、打者・打者どちらもMLBトップクラスの成績をおさめ、満票でアメリカンリーグMVPを獲得しました。「オオタニ・ショウヘイ」の前例を見ない活躍は、プロ・アマ問わず多くのプレイヤー...
別窓で開く

エンゼルス大谷翔平、2022年シーズンはイケるか!?「10勝50本30盗塁」達成の根拠
 ア・リーグMVPを筆頭に、このオフは受賞ラッシュが続いたエンゼルスの大谷翔平(27)。昨年の顔となった“二刀流の侍”は今季、どんな進化を見せるか。「注目すべき数字は、やはり“ベーブ・ルース超え”の10勝50本。さらに、彼の足なら30盗塁も十分に狙えます。...
別窓で開く

<記憶に残った2021年ワイドショー> コロナ禍の重い空気のなか、大活躍の大谷翔平にありがとう
コロナ禍2年目となった2021年。ワイドショーもコロナの話題を多く取り上げ、今なお「オミクロン株」に警戒が続いている。振り返れば、東京などで緊急事態宣言が発令されたのは年明けすぐの1月8日だった。前年末からの第3波、さらに第4波(4月〜6月)、第5波(7月〜9月頃)と続き、私たちは年がら年中、自粛の...
別窓で開く

60代で「老後の貯蓄がない世帯」は本当は何パーセントいるのか
2021年の「今年の漢字」は「金」。東京オリンピックで日本選手が多く獲得した「金」メダル、大谷翔平選手の大リーグでのMVP獲得、将棋棋士の藤井聡太さんの最年少四冠達成など、各界で「金」字塔が打ち立てられたことなどで、この漢字が選ばれたそうです。先行きが見えないコロナ禍で、明るいニュースに励まされた人...
別窓で開く

【2021年の日本人選手ベスト11】古橋&前田は文句の付けようのない輝き。CB冨安の相棒は谷口でも板倉でもなく…
 2021年の日本サッカー界で顕著な活躍あるいは急成長を見せた選手は誰か? ここでは日本サッカーに精通する識者に、今年一年のパフォーマンスを踏まえ、“日本人選手”の中からベストイレブンとMVPを選出していただいた。国内外のサッカーに精通する河治良幸氏が選んだ顔ぶれは——。...
別窓で開く


[ mvp 大リーグ ] の関連キーワード

エンゼルス メッツ リアル