本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



名だたるエースをことごとく“血祭り”に。中日期待の新助っ人アキーノが持つ「メジャー通算41発」の凄み<SLUGGER>
11月28日に中日との契約が明らかになったアリステディス・アキーノ。「メジャー通算41本塁打」の実績から、深刻なパワー欠乏症に悩むチームの救世主的存在になるとの期待が高まっている。だが、この「通算41発」を詳しく調べてみるとさらに凄さが分かってきた。なにせこの新助っ人がこれまで餌食にしてきたのは、メ...
別窓で開く

タイガース カブレラが23年限りで現役引退 3000安打&500本塁打のレジェンド 12年3冠王
 MVPに2度輝き、通算3000安打と500本塁打を達成しているタイガースのミゲル・カブレラ内野手(39)が来シーズンを最後に現役を引退することになった。 28日(日本時間29日)、MLB公式サイトなどが報じた。 カブレラは「野球にお別れを言う時だ」となどと語った。 カブレラはベネズエラ出身で03年...
別窓で開く

今年も大谷翔平が「最も優れたDH」に! アルバレスとの争いに元ヤ軍戦士は「年々オオタニから賞を奪うのは難しくなる」
稀代の天才が、今オフ初の“戴冠”を成しえた。 現地時間11月28日、MLBは大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)を「エドガー・マルティネス賞」に選出したと発表した。年間で最も活躍した指名打者に贈られる同賞を2年連続で受賞するのは、2003年から2007年まで5年連続受賞して...
別窓で開く

バックスのアデトクンボが今季2度目の週間MVP!西はサンズのエイトンが5年目で初受賞|NBA第6週
現地時間11月28日、NBAがシーズン第6週の週間最優秀選手を発表し、イースタン・カンファレンスからミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボ、ウエスタン・カンファレンスからフェニックス・サンズのディアンドレ・エイトンが選出された。 11月21日から27日の期間中、4試合に出場したアデトクンボは...
別窓で開く

今オフのジャッジか来オフの大谷、どっちを選ぶ?ナ・リーグ最強軍団ドジャースに迫られる“究極の選択”<SLUGGER>
2022年、アーロン・ジャッジ(ヤンキース)と大谷翔平(エンジェルス)は、MLB史上でも稀に見るハイレベルなMVPレースを展開した。 そして今、ある強豪チームがこの2人の獲得をめぐって難しい決断を迫られているようだ。 MLB.comのジョン・モロシ記者によると、ドジャースがこのオフFAとなったジャッ...
別窓で開く

大谷翔平が“最優秀DH”エドガー・マルチネス賞を2年連続で受賞
 MLBは28日(日本時間29日)メジャーで最も活躍したDH(指名打者)に贈られるエドガー・マルチネス賞を発表。エンゼルスの大谷翔平(28)が2年連続で選ばれた。同じ打者が続けて受賞するのは03年から07年、レッドソックスのデビッド・オルティーズ以来。...
別窓で開く

アストロズが20年のア・リーグMVPアブレイユ一塁手と3年契約合意
 MLB公式サイトが28日(日本時間29日)、アストロズがホワイトソックスからFAになったホセ・アブレイユ一塁手(35)と3年契約で合意したと伝えた。フィジカル(身体検査)で問題がなければ契約成立となる。 キューバ出身のアブレイユはホワイトソックスで9シーズンプレー、14年にア・リーグ新人王、20年...
別窓で開く

【レジェンズ・アイ】中村俊輔氏「真逆のサッカー…実行するのは難しい」 森保ジャパンに起きた奇跡と混乱
 ◇FIFAワールドカップ(W杯)カタール大会 フジテレビSP解説を務める元日本代表MF中村俊輔氏(44)が、W杯の魅力を語る本紙の特別企画「レジェンズ・アイ」。第1回は、日本を含めたアジア勢のここまでの戦いぶりを振り返った。今季限りで現役を引退した天才レフティーは、初戦でアルゼンチンを撃破したサウ...
別窓で開く

中日、メジャー41発・アキーノ獲得 決め手は「右翼守れる」「肩が凄く強い」右の強打者
 中日は28日、メジャー通算41本塁打のアリスティデス・アキーノ外野手(前レッズ=28)を獲得したと発表した。年俸120万ドル(約1億6800万円)、出来高払い30万ドル(約4200万円)の1年契約。球団を通じて「日本の野球に適応し、持ち前のパワーをグラウンドで発揮して勝利に貢献したい」とコメントし...
別窓で開く

横浜がローマと3—3で引き分け FC東京移籍の仲川がラストゲーム「多くの人がユニホーム掲げてくれた」
 ◇国際親善試合 横浜3—3ローマ(2022年11月28日 国立競技場) 横浜は28日、W杯期間を利用し来日しているイタリア・セリエのAローマと対戦し、3—3で引き分けた。前半にDFエドゥアルドのヘディング弾で先制し、FW西村拓真が追加点。後半には途中出場のDF松原健が鮮やかなミドルを決めた。...
別窓で開く