本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



アービングが再び衝撃発言!? 現地記者が代理人の言葉を紹介「ネッツがトレードしたら、NBAから引退する」<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングは、現役屈指のポイントガードであると同時に、歯に衣着せぬ物言いや奔放な行動でたびたび波紋を呼ぶ“問題児”としても知られる。そして今回は、自身がトレードに出された場合は、現役を引退するという発言で周囲を驚かせている。...
別窓で開く

コビーと「ショーを披露できただろう」。ポールが破談となった2011年のレイカーズ移籍を回顧<DUNKSHOOT>
現代トップクラスの司令塔であるクリス・ポールは、昨年11月にトレードでフェニックス・サンズへ移籍し、プロ16年目で初のNBAファイナル進出を果たした。オフには4年総額1億2000万ドル(約132億円)で再契約を結び、悲願のリーグ優勝を目指すが、ポールのキャリアを語るうえで、今でもたびたび話題に上る&...
別窓で開く

レナードの引き留めに成功したクリッパーズ。現体制での優勝のチャンスはあと3年?<DUNKSHOOT>
8月2日(日本時間3日、日付は以下同)に幕を開けたフリーエージェント(FA)戦線は選手の移籍が落ち着き、各チームの戦力が徐々に明るみになってきた。 イースタン・カンファレンスではマイアミ・ヒートがカイル・ラウリー、PJ・タッカー、ブルックリン・ネッツはパティ・ミルズ、ジェームズ・ジョンソンといった計...
別窓で開く

GM初仕事でホーフォードを呼び戻したスティーブンス「アルには周囲の選手を引き上げる能力がある」<DUNKSHOOT>
6月18日(日本時間19日、日付は以下同)。プレーオフの真っ只中に、ボストン・セルティックスは大型トレードを成立させた。 チームは元オールスターポイントガードのケンバ・ウォーカーと2021年のドラフト1巡目指名権、25年のドラフト2巡目指名権を放出し、オクラホマシティ・サンダーからアル・ホーフォード...
別窓で開く

点取り屋のウォーカー、名シューターのアレン、リバウンド王ドラモンドらを輩出したコネティカット大の最強メンバーは?<DUNKSHOOT>
1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)。そこでの活躍はプロを目指す若手選手たちにとってNBA入りの“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターを送り出してきた。 では、カレッジとNBAで実績を残した選手を対象に、大...
別窓で開く

ブッカーは不動のエース、エンビードは古豪復活の立役者に。各チームの最古参プレーヤーは?【Part.2】〈DUNKSHOOT〉
1990〜2000年代のNBAには、ジョン・ストックトン、レジー・ミラー、ティム・ダンカン、コビー・ブライアントといった引退まで同一チームで過ごしたフランチャイズプレーヤーや、ケビン・ガーネットやポール・ピアース、ドゥエイン・ウェイドなど、ドラフトで指名された球団に10年以上在籍した選手が複数いた。...
別窓で開く

上位陣はやや“貰い過ぎ”の印象も。アデトクンボは5シーズン後に5000万ドルプレーヤーに?【NBAサラリーランキング2021・PF編】〈DUNKSHOOT〉
2019−20シーズンにおけるNBA選手の平均年俸は、1人あたり約832万ドル(約8億6271万円)。これは、全世界のスポーツにおいて最も高額なサラリーであり、同じ北米4大スポーツのMLB(約403万ドル/4億1796万円)やNFL(約326万ドル/3億3810万円)、NHL(約269万ドル/2億7...
別窓で開く



<前へ123次へ>