本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「我々はがっかりしている」エイトンのサンズ退団は不可避?代理人が移籍匂わせ「リーグには他のチームもある」<DUNKSHOOT>
約1か月後に迫ったオフの移籍マーケットで、去就が注目されている1人がフェニックス・サンズのディアンドレ・エイトンだ。 2018年のドラフト1位でサンズに入団したエイトンは、今季開幕前にMAX契約での延長を望んでいた。同期入団のミカル・ブリッジズは一足早くチームとの延長契約に合意したが、エイトンとの交...
別窓で開く

エイトンとサンズの間に亀裂?大一番で17分の出場に終わった一件にウィリアムズHCは「内部の問題」<DUNKSHOOT>
現地時間5月15日にアリゾナ州フェニックスで行なわれたフェニックス・サンズとダラス・マーベリックスによるプレーオフ・カンファレンス準決勝第7戦は、123−90と予想外の大差でアウェーのマーベリックスが勝利。初優勝を果たした2011年以来のカンファレンス決勝に駒を進めた。...
別窓で開く

32歳のハーデンにスーパーMAX契約は「あり得ない」? 米識者から疑問の声「足も動いていない」<DUNKSHOOT>
フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジェームズ・ハーデンは、来シーズンの契約が4740万ドル(約62億円)のプレーヤーオプションのため、選択次第ではFA(フリーエージェント)となる。目下、オプション行使が噂されるなかで、32歳のベテランには、最長5年のスーパーMAX契約提示の是非に関する議論が熱...
別窓で開く

「シャックでも守れないだろう」MVP級の働きを見せるエンビードに元ドラ2戦士が感嘆「ビッグマンの進化系」<DUNKSHOOT>
フィラデルフィア・セブンティシクサーズは今季ここまで40勝24敗(勝率62.5%)でイースタン・カンファレンス2位と2年連続のトップシード獲得も狙える位置につけている。ジョエル・エンビードとジェームズ・ハーデンの新生デュオが早くも機能するなか、8年目を迎えたエンビードの支配力に元NBA選手も感嘆の声...
別窓で開く

「今の彼は楽しめていない」ウィザーズOBがビールの精神状態を危惧「色んなことを考えすぎている」<DUNKSHOOT>
現地時間2月7日(日本時間8日、日付は以下同)、ワシントン・ウィザーズはホームのキャピタルワン・アリーナでマイアミ・ヒートを迎え撃つも、一度もリードを奪うことができずに100−121の完敗を喫した。 イースタン・カンファレンス首位のヒート(35勝20敗/勝率63.6%)に対し、ウィザーズは序盤戦こそ...
別窓で開く

「フェニックスが大好き」サンズとの延長契約を望むエイトンが心境を告白「僕はリスペクトされたいだけ」<DUNKSHOOT>
2018年のドラフト全体1位でフェニックス・サンズから指名されたディアンドレ・エイトンは、211センチ・113キロのビッグマンだ。キャリア3シーズンでいずれも得点とリバウンドで平均ダブルダブル、昨季は平均14.4点、10.5リバウンド、1.4アシスト、1.2ブロックにフィールドゴール62.6%を記録...
別窓で開く

ネッツがビッグ3全員と延長契約を結ぶ意向。ナッシュHCは新戦力の2人へ期待「我々を助けてくれる」<DUNKSHOOT>
現地9月21日(日本時間22日)、ブルックリン・ネッツのショーン・マークスGM(ゼネラルマネージャー)とスティーブ・ナッシュHC(ヘッドコーチ)が新シーズンに向けた会見を行なった。 ネッツは今夏、ブレイク・グリフィンに加え、今年4月に一度は引退したラマーカス・オルドリッジと再契約。...
別窓で開く

「僕らは全く違う」ナゲッツのポーターJr.がデュラントとの比較に言及「彼はNBAのベストプレーヤー」<DUNKSHOOT>
デンバー・ナゲッツ期待の若手マイケル・ポーターJr.は、2018年のドラフト前の時点で208㎝のサイズとコート上のどこからでも点を奪えるプレースタイルから、ケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ)と比較されていた。 だが背中のケガもあって上位指名も有力視されていたドラフトでは14位まで落ち、ルーキ...
別窓で開く

「NBAのベストシューターだと証明したい!」ボグダノビッチが今季への意気込みを語る<DUNKSHOOT>
NBA入りから3年間をサクラメント・キングスで過ごし、2020年のオフにアトランタ・ホークスへFA(フリーエージェント)移籍したボグダン・ボグダノビッチ。新天地で気合十分だったが、キャリア4シーズン目を迎えた昨季は、右ヒザ剥離骨折のため1月中旬から約2か月間の戦線離脱を余儀なくされた。...
別窓で開く

首脳陣とエースの間に亀裂!? シアカムが悩める胸中を吐露「『僕のチームだ』と感じたことは一度もない」<DUNKSHOOT>
2018-19シーズンの覇者トロント・ラプターズが、変革を迫られている。 当時の優勝の原動力となったカワイ・レナード(現ロサンゼルス・クリッパーズ)とダニー・グリーン(現フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)は、直後のオフに揃ってチームを退団。...
別窓で開く