本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“分断されたアメリカ”をどうする? バイデン政権の目玉政策とは
意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「バイデン政権」です。格差で分断されたアメリカをどう手当てしていくのか。アメリカ合衆国の第46代大統領にジョー・バイデン氏が就任しました。共和党政権から民主党政権に変わり、政策も大きく方向転換...
別窓で開く

美人、イケメンほど大学でのキャリアに恵まれる傾向 米カリフォルニア大教授らが研究
ルックスは学歴に影響するのか否や——。米カリフォルニア大学サンタクルーズ校のガリーナ・へイル教授らが2月12日、外見が大学でのキャリアに与える影響を検証した論文「Do Looks Matter for an Academic Career in Economics?」を発表した。調査は2002〜06...
別窓で開く

「見え透いた行為に意味はない」現役プレミア戦士が“膝つきジェスチャー”に苦言「俺はこれ以上はやらない…」
 人種差別に抗議する意味を込めた“行動”がプレミアリーグで始まったのは、昨年6月だ。 アメリカで白人警官による暴力で黒人男性が亡くなる事件が起きたことで、全世界に波及した『Black Lives Matter(黒人の命も大切)』運動に賛同した同リーグは、試合開始直前に全選手や...
別窓で開く

【今週はこれを読め! ミステリー編】人種問題を根底にすえたスリラー『白が5なら黒は3』
 憎悪の再生産に関する物語だ。 ジョン・ヴァーチャー『白が5なら黒は3』(ハヤカワ・ミステリ)は、人種問題を根底にすえた迫真のスリラーである。作者にとってはこれが長篇デビュー作で、アメリカ探偵作家クラブ賞、アンソニー賞、レフティ賞など複数の最優秀新人賞にノミネートされた。 舞台となっているのは199...
別窓で開く

「消費」ではなく「生産」で経済を回す? 転換点にある日本をやさしく解説
世界各地の紛争や民主化運動も景気の向上も、「消費」から「生産」への転換がポイント。堀潤&五月女ケイ子が語り合います。自分で作る喜びが、新しい仕事を生む。五月女(以下、五):‘20年は香港やベラルーシなど、民主化運動が世界の各所で起きていました。堀:ベラルーシも香港もシリアも、経済格差が民主化運動の根...
別窓で開く

「議論する問題が数多くある」チャンピオンであり活動家の大坂なおみがAP通信の『今年の女性アスリート』に選出
全米オープンで2度目の優勝を果たした女子テニス世界3位の大坂なおみが、AP通信の「今年の女性アスリート」に選出された。大坂は編集者や記者の投票で35票中、18人の1位票を獲得している。 黒人のジョージ・フロイドさんが殺害された事件を契機に、8月のツアー再開後から積極的に「Black Lives Ma...
別窓で開く

大坂なおみが米誌に人種差別問題のコラムを寄稿。活動を批判する声に「私は黙ってドリブルしない」と反論【女子テニス】
女子テニス世界3位の大坂なおみが、アメリカのニューヨーク・タイムズ紙に「アスリートたちよ、声を上げよう」と題したコラムを寄稿した。 黒人男性のジョージ・フロイドさんが警察官に殺害された事件をきっかけに、今年のツアー再開後から「Black Lives Matter(黒人の命は大切)」運動に参加し続けて...
別窓で開く

大坂なおみの黒人差別抗議を元男子世界1位のマリーが支持「止めるべきでない」
元世界1位のアンディ・マリーがイギリスの『BBC』のインタビューに応じ、女子世界3位の大坂なおみが行なった黒人差別抗議行動について言及した。 大坂は黒人男性のジョージ・フロイドさんが警察官に殺害された事件を契機に、「Black Lives Matter(黒人の命は大切)」運動に参加。...
別窓で開く

ネットの誹謗中傷…表現の自由も問われるなか、最善策は?
TOKYO MX(地上波9ch)朝のニュース生番組「モーニングCROSS」(毎週月〜金曜7:00〜)。11月17日(火)放送の「オピニオンCROSS neo」のコーナーでは、IT起業家の関口舞さんが“ネットの誹謗中傷対策”について述べました。...
別窓で開く

ミルウォール観客、QPR戦では片ひざ立ちに拍手…試合前には選手が反差別のバナー
 8日に行われたイングランド2部チャンピオンシップ第17節ミルウォール対QPR戦で、選手たちが人種差別の撲滅に向けたアクションを示した。9日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えた。...
別窓で開く