本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



海外でも話題の「ポケモン化石博物館」バーチャルツアー 「日本に行かなきゃいけない理由が増える一方だよ」「日本の博物館に行って化石と記念撮影したい」
日本各地の博物館を巡回しながら開催中の「ポケモン化石博物館」のバーチャルツアーが海外でも話題となっています。...
別窓で開く

北海道が「多機能ツール」に大変身!形を生かしたアイデア作品に注目
 都道府県をモチーフに、「栓抜き」や「洗濯バサミ」「パンの袋を留めるやつ(バッグクロージャー)」などを制作している、麦茶さん(@darkmatter159)が、新たな作品を生み出しました。 今回麦茶さんが選んだのは「北海道」。多くの方がパッと思い浮かべられるであろう、特徴的な形をした北海道は、一体ど...
別窓で開く

これが天才の発想か... 「石川県の便利すぎる使い方」が見出されていた件
石川県があって助かった——2022年1月29日、そんなつぶやきがツイッターに投稿され、注目を集めた。石川県はこの150年、ずっとあり続けているが......そのおかげで助かったとは、いったいどういうことなのか。話題の写真をご覧いただこう。投稿したのは、3Dプリンターを活用したモノづくりをメインに動画...
別窓で開く

栓抜きがなくても石川県があれば大丈夫 3Dプリンター作品にびっくり
 お酒や調味料が入っている瓶の蓋を開けようとしたとき、栓抜きがなくて困ったことはありませんか?そんなときは石川県があれば大丈夫。 ツイッターユーザーの麦茶さん(@darkmatter159)は3Dプリンターを用いて「石川県型の栓抜き」を制作。ユニークなアイデアに20万件もの「いいね」が寄せられ、大き...
別窓で開く

「彼は野獣だ!」米記者が2021年の“重要な10のストーリー“に大谷翔平の一発を選出!「これ以上の言葉があるか」
2021年に起こったスポーツ界のホットトピックの中で、興味深く重要なものを、米コラムリストのジム・アレクサンダー氏がピックアップする毎年恒例の「10 Stories That Mattered(重要な10の物語)」がカリフォルニアで発行されている日刊紙『The Orange County Regis...
別窓で開く

【これ、付録です!】NYでも玉ねぎヘア。黒柳徹子のおしゃれエコバッグ
ニューヨーク留学時代の黒柳徹子さんの写真がプリントされた「SNIDEL×黒柳徹子with40周年コラボエコバッグ」が、「with12月号」(講談社)の特別付録に登場した。SNIDEL×黒柳徹子with40周年コラボエコバッグ(提供:講談社)なぜ黒柳徹子さん?と思ったら、創刊のときから40年間、形を変...
別窓で開く

コーチが水原希子やジェニファー・ロペスらが登場するホリデーキャンペーンを発表。Coach TVにスペシャル エピソードも公開
コーチは、水原希子、ジェニファー・ロペス (Jennifer Lopez) 、マイケル・B・ジョーダン (Michael B. Jordan) が登場するホリデーシーズンのキャンペーン 『Give A Little Love』 を発表するとともに、コーチ ファミリーのメンバー、そしてその家族や友人た...
別窓で開く

堀潤「東京オリパラは結果的に…」 その理由を解説
意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「東京オリパラ」です。パラの成長を見た東京大会。認知に広がりも。東京オリンピック・パラリンピックは大会としては結果的に成功だったように思います。...
別窓で開く

“困難な状況”でも功績をおさめた大坂なおみが米国女子スポーツ財団賞に選出!「もっと心に残るようなことをしたい」<SMASH>
現地時間10月13日にアメリカのウィメンズ・スポーツ財団が困難な状況にも負けず素晴らしい功績をおさめている女性アスリートに送られる「ウィルマ・ルドルフ・カレッジ賞」を発表。テニス界からは人種差別とメンタルヘルスの問題に関する意識向上に貢献した大坂なおみが選出された。...
別窓で開く

経済界の変化が後押しに? 「Z世代のリアル」を堀潤が考察
新しい価値観を持つと期待されるZ世代。社会問題にためらわず「NO」を言い、解決できる方法を模索する頼もしいアクティビストが増えています。なぜ彼らは社会のために行動を起こせるのか? その輪郭を探ります。より良い社会を目指して互いを理解することから。今、違和感に率直に声を上げるZ世代と呼ばれる若年層が注...
別窓で開く


[ matter ] の関連キーワード

coach smash ポケモン ロペス なおみ
北海道 リアル