本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「もう一緒に練習する必要はない」ジョコビッチとメドベージェフのユニークなライバル関係<SMASH>
男子テニスツアー「ロレックス・パリ・マスターズ」(11月1日〜7日/フランス・パリ/インドアハード/ATP1000)のシングルス決勝が7日に開催され、世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が同2位のダニール・メドベージェフ(ロシア)を4-6、6-3、6-3の逆転で下し、同大会2年ぶり6度目...
別窓で開く

「世界1位を勝ち取りたい」ジョコビッチがパリマスターズで復帰。史上最多7度目の年間1位へ意欲<SMASH>
11月1日から開かれる男子テニスツアー「ロレックス・パリ・マスターズ」(フランス・パリ/インドアハード/ATP1000)で約2カ月ぶりの公式戦に臨む世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が大会開幕前の記者会見に出席。そのなかでツアー復帰への喜びや年間1位達成への抱負を語った。...
別窓で開く

ジョコビッチが全米OP以来のプレー公開!メドベージェフ、サッカー界のレジェンドとの豪華な写真も<SMASH>
男子テニス世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、10月30日に自身のツイッター(@DjokerNole)を更新し、久しぶりにプレー動画をアップして元気な姿を公開した。 今季は全豪・全仏・ウインブルドンを制し、グランドスラムで驚異的な強さを見せたジョコビッチ。...
別窓で開く

東京五輪でメダルを逃したジョコビッチが早くもリベンジ宣言「パリではもっと強くなって戻ってきたい」<SMASH>
男子テニス世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、8月5日に自身のインスタグラム(@djokernole)を更新し、東京オリンピックへの感謝や2024年のパリ大会に向けた意気込みを綴った。 ジョコビッチは2021年の全豪オープン、全仏オープン、ウインブルドンを制し、オリンピックと全米オープンで...
別窓で開く

「これがスポーツなんだ」無冠に終わった王者ジョコビッチが東京五輪を総括「来たことは全く後悔していない」【東京五輪】
2021年に入ってから全豪・全仏・ウインブルドンを制し、1年で全ての四大大会とオリンピックを制覇する『年間ゴールデンスラム』の偉業達成にも大きな期待が寄せられていた男子テニス世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)。 だが、迎えた東京オリンピックでは男子シングルス準決勝でアレクサンダー・ズべ...
別窓で開く

ジョコビッチの東京五輪参戦決定! そのかげに“日本の小さな友人コウジロウ”の存在<SMASH>
男子テニスの世界王者、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が東京オリンピックの出場を表明した。 今季のジョコビッチは2月の全豪、6月の全仏を制覇し、前週まで開かれていたウインブルドンでも優勝。残る東京オリンピックと全米オープンを制した場合、男子選手として史上初の「ゴールデンスラム」(四大大会と五輪制覇)...
別窓で開く

「3人が並んでいることは驚き」ジョコビッチのグランドスラム20回目の優勝をフェデラーとナダルが祝福<SMASH>
現地7月11日に行なわれたテニスの四大大会「ウインブルドン」(6月28日〜7月11日/イギリス:ロンドン/グラスコート)の男子シングルス決勝では、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア/1位)が、ウインブルドン3連覇、大会6度目の優勝を達成した。...
別窓で開く

不調の世界1位ジョコビッチがマドリードOPを欠場。前試合は母国OPで準決勝敗退、前々回は3回戦負け<SMASH>
男子テニス世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が5月2日から開幕する『マドリード・オープン』(スペイン・マドリード/クレー/ATP1000)を欠場することが明らかとなった。 これは大会の公式ツイッターで発表されたもので、そこには「今年のマドリードでファンの皆さんに会うことができずごめんな...
別窓で開く

「間違いなく特別」ジョコビッチがセルビアOPの9年ぶり開催に歓喜!幼少期から馴染みのクラブが会場に<SMASH>
2012年を最後に開催されていなかったセルビア・オープン(4月19日〜25日/セルビア:ベオグラード/クレーコート/ATP250)が、今年9年ぶりに復活。そしてこれに地元勢筆頭として出場する世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、開幕に際して今大会への熱い想いを語っている。...
別窓で開く

「ちょっとしたエピソードを紹介するよ…」全豪決勝を戦ったジョコビッチとメドベージェフ。表彰式での互いのスピーチが話題に
テニス四大大会の『全豪オープン』(オーストラリア/メルボルン)は、21日に男子シングルス決勝戦が行われ、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、第4シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)を7−5、6−2、6−2のストレートで下して優勝を果たした。 試合後の表彰セレモニーは、終始和やかなム...
別窓で開く