本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「リーグを引き継ぐ準備ができている」カーターが“ネクスト・キング”にデュラントを指名!<DUNKSHOOT>
アメリカ国内で最大級のネットワークを誇る放送局『ESPN』は、来たる2021−22シーズンを前に、最新プレーヤーランキングTOP100を発表した。ケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ)の1位には様々な意見があるなかで、元NBA選手で現在は『ESPN』のアナリストを務めるヴィンス・カーターは、レブ...
別窓で開く

サンズの2年連続のファイナル進出にOBが否定的な意見「昨年は好条件が揃っていた」<DUNKSHOOT>
昨季のフェニックス・サンズは名司令塔クリス・ポールの獲得によって、シーズンではウエスタン・カンファレンス2位の51勝21敗(勝率70.8%)と好成績をマーク。2010年以来のプレーオフでは1回戦で前年王者のロサンゼルス・レイカーズを撃破すると、その後も破竹の勢いで勝ち上がり、28年ぶりのNBAファイ...
別窓で開く

「70勝しても驚かない」“御意見番”がレイカーズの大台突破を大胆予想!<DUNKSHOOT>
レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビスの2枚看板を擁してリーグ連覇を狙った昨季のロサンゼルス・レイカーズだが、プレーオフ1回戦でフェニックス・サンズにあっけなく敗れ、その夢は潰えた。今オフには大補強を敢行し、再び優勝候補に名乗りを上げたが、元NBA選手のケンドリック・パーキンス(元ボストン・セル...
別窓で開く

「レイカーズに立ち向かえる存在」ウォリアーズのファイナル進出を識者が大胆予想!<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズは今夏、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワードというオールスター経験者を次々と補強し、2枚看板のレブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスを含めた強力な陣容を整えた。今季の優勝候補筆頭とも目されるなか、『ESPN』のマーク・スピアーズ記者は、ゴー...
別窓で開く

積極補強のレイカーズがトーマス獲得も検討か。本人は「100%準備ができている」と復活に自信<DUNKSHOOT>
王座奪還を期すロサンゼルス・レイカーズは今夏に大型トレードでラッセル・ウエストブルックを獲得したのをはじめ、大物スターの積極補強を敢行している。そのなかで、かつて平均28.9点を記録した経験もある小兵ガードのアイザイア・トーマスを加える可能性もあるようだ。...
別窓で開く

大型補強のレイカーズとネッツ、どちらのビッグ3が格上か? NBA御意見番たちの意見は<DUNKSHOOT>
今夏の移籍市場において主役を演じているのは、間違いなくロサンゼルス・レイカーズだ。“Mr.トリプルダブル”ラッセル・ウエストブルックのトレードを合意に至らせ、カーメロ・アンソニーとドワイト・ハワードの完全FA(フリーエージェント)組も契約合意。...
別窓で開く

「レブロンは必要としている」レイカーズのウエストブルック獲得にご意見番が見解「タイトルを獲得する」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズは、2021−22シーズンの主役筆頭になる気配が漂っている。7月29日(日本時間30日)に、カイル・クーズマ、モントレズ・ハレル、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープと今年のドラフト1巡目22位指名権を放出し、ワシントン・ウィザーズからラッセル・ウエストブルックとふたつのド...
別窓で開く

幻に終わった“レイカーズ移籍”から10年、サンズを躍進に導くクリス・ポールは「たられば論」に終止符を打てるか<DUNKSHOOT>
今季のフェニックス・サンズは、ユタ・ジャズに次ぐリーグ2位の勝率を誇り、11年ぶりのプレーオフ進出を決めるなど快進撃を続けている。その原動力となっているのは間違いなく、ベテラン司令塔のクリス・ポールだ。周囲に好影響をもたらし旋風を巻き起こす姿に、元NBA選手のヴィンス・カーターは幻に終わったコビー・...
別窓で開く

「彼の一貫性は群を抜く」「伝説的」ウィザーズを浮上に導くウエストブルックへ“レジェンドダンカー”と“ご意見番”が賛辞<DUNKSHOOT>
今季、記録ずくめのシーズンを過ごしているワシントン・ウィザーズのラッセル・ウエストブルック。この稀代の“トリプルダブル・マシン“に対して、レジェンドのヴィンス・カーターと、ご意見番のケンドリック・パーキンスが賛辞を送っている。...
別窓で開く

「ニコ動への連続投稿日数」1位は約7年半!? 「ボカロ」「踊ってみた」などジャンル別の3月度ランキングを公開etc… 『週刊ニコニコインフォ 第38号』レポート
 今のニコニコを伝える、今後のニコニコについてみんなで考える番組『週刊ニコニコインフォ』。 38回目の放送では、司会に百花繚乱氏、運営から栗田穣崇氏が登場。 直近で盛り上がった公式生放送では「東洋文庫ミュージアムを巡る生放送」を紹介し、話題のユーザー投稿動画では、UTAUオリジナル楽曲などを中心に紹...
別窓で開く