本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



様々なジャンルの青年音楽家の公演が楽しめる「青春マイク・ソウル」、オンライン配信でさらに注目=韓国
韓国行政機関の文化体育観光部が主催、地域文化振興院が主管のコンサート「2020年文化がある日青春マイク」が青年芸術家60組の公演を撮影し、YouTubeチャンネルを通じて配信した。...
別窓で開く

「可愛すぎる!」「何回でも観たい」妖精ザギトワが披露した“キュート&キレッキレ”ダンスにファン歓喜!
女子フィギュアスケーターで平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワが自身のインスタグラム(@azagitova)を更新。貴重な屋内でのオフショットムービーを公開して、ファンの大きな反響を呼んでいる。 いつもながら日本語でのメッセージを添えた元世界女王。「撮影セットの中での演技もとても楽しんでいます&...
別窓で開く

ビール党のお父さんに贈りたい! 父の日の「クラフトビール」ギフト5選
食楽web 6月21日は父の日です。毎年のこととなると、何を贈るか悩む人も多いのではないでしょうか。趣味があるお父さんならプレゼントを選びやすいですが、なかなかそうもいかないはず。そこでおすすめなのが、ネットで買えるクラフトビールのギフトです。 よほどビールが好きな人でない限り、珍しいクラフトビール...
別窓で開く

ヒュンメル×ジャジースポートのコラボレーションアイテム JOURNAL STANDARDで限定発売!
デンマークのライフスタイルスポーツスブランド「hummel(ヒュンメル)」が音楽とスポーツの融合をコンセプトに掲げる音楽レーベル「Jazzy Sport(ジャジースポート)」とコラボレーションが実現。JOURNAL STANDARDではTシャツ3型や切り替えメッシュTEE2型を展開。...
別窓で開く

マイルス・デイヴィスを描いたドキュメンタリー映画 「マイルス・デイヴィス クールの誕生」9月4日、日本公開
ユニバーサル ミュージックは、ロックやヒップホップにも影響を及ぼしたトランペット奏者、マイルス・デイヴィスの素顔に迫るドキュメンタリー映画『マイルス・デイヴィス クールの誕生 (原題:MILES DAVIS: BIRTH OF THE COOL』(監督:スタンリー・ネルソン)を映像配給ブランドEAS...
別窓で開く

元星組トップ・紅ゆずるの退団後の姿に! 「自分にケジメをつけるため」
宝塚歌劇団在団中から、唯一無二の個性を放ち人気を博してきた元星組トップスターの紅ゆずるさん。クールな美貌で正統派の主人公を演じたかと思えば、一転、アドリブもどんどん繰り出しながら客席の笑いをかっさらう。昨年秋の退団後、初の舞台出演は、東京喜劇を掲げる熱海五郎一座。三宅裕司さんが座長を務め、笑いに精通...
別窓で開く

おうちでカフェ気分! エクセルシオールのBGM約370曲が公開されてるよ。
外出自粛の期間が続き、カフェでゆっくりお茶をするのもなかなか難しくなってしまいましたね。お家での時間をカフェにいるような気分で過ごせそうな店内BGMが、エクセルシオールカフェの公式サイトで公開されています。時間帯ごとに移り変わる楽曲リストエクセルシオール カフェ公式サイトの「よくある質問」をチェック...
別窓で開く

落合陽一×和田 永(メディアアーティスト)「家電楽器バンドは音楽性ではなく『周波数の違い』で解散する!?」【後編】
落合陽一(おちあい・よういち)が「同世代で尊敬する数少ないメディアアーティストのひとり」と語る和田 永(わだ・えい)は、本来楽器ではない電化製品で音楽を演奏するミュージシャンだ。地デジ化に伴い大量に廃棄されたブラウン管テレビも、巨大な工場用扇風機も、放送局で使われたオープンリールも、彼の手にかかれば...
別窓で開く

落合陽一×和田 永(メディアアーティスト)「捨てられた電化製品は"現代における妖怪"」【前編】
春には5G通信のサービスが始まり、夏には東京五輪が開催される予定の2020年は、手元のデバイスから社会インフラまでさまざまなレベルでのアップデートが行なわれそうだ。テクノロジーは日進月歩。また新たな規格ができれば、昨日の最新式は明日の旧式......だが、もはや慣れ切ったこうした変化ばかりが文明の進...
別窓で開く

興味のある趣味の集まり 1位 音楽・ライブ鑑賞、2位 旅行、3位 街歩き
どのような趣味の集まりに興味・関心があるか調査しました。「特になし」を除くと、総合ランキングで1位は「音楽・ライブ鑑賞」で29.5%、2位は「旅行」で26.0%、3位は「街歩き」で25.2%、4位は「映画鑑賞」で23.8%、5位は「車・バイク」で18.6%という結果でした。総合ランキングの詳細は以下...
別窓で開く


[ jazz ] の関連キーワード

journal デイヴィス キレッキレ ソウル