本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



人気美女アナがハマる「マニアック趣味」の境地(3)フジ・渡邊渚の趣味はコーラ作り
 今年2月末にTBSを退社したフリーアナの笹川友里(30)は裸の付き合いにハマッている。「彼女は夫でIOC委員の太田雄貴氏の影響もあって、サウナに通うようになった。TBSのサウナ好き有志が立ち上げたYouTubeチャンネル『赤坂サウナ』では、後輩の篠原梨菜アナ(24)と『サウナ女子会トーク』を繰り広...
別窓で開く

「提出した検体が、まるまる登録されていないことも…」 五輪組織委“ザルPCR検査”の大問題 なぜ陽性認定された審判員は“脱走”したのか?——東京五輪の光と影
 開会式直前の関係者“辞任ドミノ”に始まり、メダル候補のまさかの敗戦やダークホースによる下馬評を覆しての戴冠劇、コロナ禍で開催され、明暗含めて多くの話題を呼んだ東京オリンピック。ついにその長い戦いも閉幕しました。そこで、オリンピック開催時期の掲載記事の中から、文春オンラインで反響の大きかった記事を再...
別窓で開く

国家が「自由」を制限することは、民主主義を崩壊させる? 日本人が誤解している「国家暴力」の本当の意味
《ロシア、中国もワクチン開発の先行を自賛していたが…》ワクチン開発で浮き彫りになった“アメリカ人だけに許された特権”の正体 から続く「新型コロナウイルスは、投資の条件たる『信用創造』を突き崩す究極の『暴力』だった」そう語るのはマネーの表と裏を知り尽くした評論家の猫組長である。...
別窓で開く

中田翔と大谷翔平。中田は大谷の6年先輩だが、共にドラフトで日ハムから1位指名され、中田は高卒新人としては史上5人目となる契約金1億円の大物ルーキーだった。大谷は大リーグ志望だったが、日ハムが強引に1位指名。投手と野手の二刀流選手として注目を集めた。中田は昨年までの12年間で本塁打257本、打点王を3...
別窓で開く

8月8日に閉会式を迎えた東京オリンピックに続き、24日からはパラリンピックが開幕した。新型コロナウイルス第5波で、かつてないほどの感染爆発が起き、医療体制が逼迫する中、世界的スポーツイベントを実施することには批判の声も根強い。オリパラ期間には競技会場となった施設は国際オリンピック委員会(IOC)の管...
別窓で開く

《徹底検討》五輪中止への期待が膨らませた虚像…“決められない知事”小池百合子が国政に進出する“可能性”はあるのか
「神様、仏様、たか子様」と熱烈に支持されたが…“首相に最も近かった女”土井たか子の変革はなぜ失敗してしまったのか から続く 8月8日に幕を閉じた東京オリンピック。誘致の際には「夏の暑さ対策」として「打ち水」や「三度笠」といった“ユニーク”なアイデアを披露した小池百合子だったが、コロナ禍の真っただ...
別窓で開く

 いよいよ東京オリンピックが開幕。21日から女子サッカー、22日から男子サッカーの競技がスタートする。本稿では、熱戦を伝える記事を一覧で随時紹介していく。※新規記事を随時更新【グループステージ・男子】「無観客で失われたものは?」海外記者からの問いに森保監督が本音「もう遅いですけど…」「...
別窓で開く

天皇陛下は「複雑な表情をなさっていた」 菅首相「コロナに打ち勝った証のオリンピック開催」への“違和感”
 天皇陛下は、お小さい頃から夏季と冬季のオリンピックを観戦なさることがお好きだった。 前回、東京オリンピックが開催されたのは、高度経済成長の真っただ中にあった1964(昭和39)年。陛下は満4歳になられた年だった。上皇上皇后両陛下とご一緒にマラソンや馬術競技を会場で観戦されたことを今も大切な思い出の...
別窓で開く

サッカードイツ代表に「旭日旗」騒動 韓国メディアが問題視した「ハチマキ画像」とは
サッカーの英プレミアリーグ・チェルシーに所属するドイツ代表MFカイ・ハフェルツ(22)がインスタグラムに投稿した画像が「旭日旗」を連想させるとして、韓国で波紋を広げている。複数の韓国メディアが伝えた。■画像下には「COBRA KAI」の文字ハフェルツは8月28日に行われたプレミアリーグ第3節リバプー...
別窓で開く

韓国でも”人気の小説家”村上春樹氏、菅首相を痛烈批判「見たいものだけ見ている」=韓国メディア
韓国でも人気の作家、村上春樹氏(72)が菅義偉首相の新型コロナウイルスの感染状況をめぐる発言に「”見たいものだけ見ている”と批判した」と韓国メディアが大々的に報じた。去る29日、ラジオ番組「村上RADIO」の「今日の言葉」コーナーで村上氏は菅首相の言葉を取り上げ、「われらが菅義偉首相のお言葉です。...
別窓で開く


[ ioc ] の関連キーワード

日ハム 百合子 ドイツ