本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



情報はあったのに…マレー沖海戦で日本軍によって沈められたイギリス戦艦
日中戦争の開戦前、1940年からイギリスと中国は手を組んで、日本が使用する暗号の解読に乗り出す。しかし、実際のところは協力関係が進まないままの状態だったので、イギリスは戦艦2隻を失うことになった。その裏にあった両国の思惑とは? 同盟国であっても決して油断してはならないことを、インテリジェンスヒストリ...
別窓で開く

イギリスが中国に仕掛けた日本軍への共同破壊工作計画のワナ
第二次世界大戦中、連合国と枢軸国に二分されていた世界。しかし、同じ連合国に属していたはずのアメリカとイギリスは「中国はどうあるべきか」という考えにおいて、根本的に違っていた。アメリカのインテリジェンスヒストリー(情報史学)に詳しい山内智恵子氏が、ユ教授の「日中戦争」論をもとに、日本と中国が必死の攻防...
別窓で開く

中国の台湾侵攻を皮切りに、東アジア圏の平和が脅かされる未来、台湾有事が現実味を帯びてきている。もはや中国を一国の力で止めることは限りなく不可能に近いが、かつての日本と中国の戦いは、どのようにして展開された戦争だったのだろうか。アメリカのインテリジェンスヒストリー(情報史学)に詳しい山内智恵子氏が、ユ...
別窓で開く

幼少期の遊びの工夫でIQが伸びるかも?自作もできるおすすめ3つの道具
 IQには興味がなくても、「幼少期の教育で頭が良くなるなら試してみたい」そう思う人は少なくありません。 保育士の資格を持つ筆者ですが、英才教育の知識を保育に役立てることはできないかと、IQについて学んだ経験があります。今回は、その知識を活かし、子どもの知能指数が高くなると言われている3つの道具と、そ...
別窓で開く

2027年の中国人民解放軍の建軍100周年を控え、これまでにない緊張感が走っている国際社会。特に危険の迫る隣国日本は、中国の表層を理解するだけでは正しい対中政策は行えない。長いあいだ中国に対して「関与政策」をとってきたアメリカは、トランプ大統領就任後からは政策をいきなり180度転換させ、徹底的に対抗...
別窓で開く

どちらも「賢い」? 英語の「smart」と「clever」の微妙な違い
 今回も、日本人にとって区別のしにくい2つの英単語を紹介したい。形容詞の「smart」と「clever」だ。日本語ではどちらも「賢い」や「頭のいい」と訳されることが多く、それほど違いはないように感じるが、実は微妙に意味合いが違う。では、どんな違いがあり、どのように使い分ければよいのだろうか。...
別窓で開く

「謀略は誠なり」情報戦が展開される今こそ知りたい3人の日本人
「日本人はインテリジェンス(諜報活動)が苦手だ」と能力を過小評価される傾向があるが、それは間違っている。戦前の日本軍には、ヤルタ密約をキャッチした小野寺信。2万人のユダヤ人を救い、北海道を守り日本分断を防いだ樋口季一郎。F機関を率いてアジアを開放した藤原岩市がいた。産経新聞論説委員の岡部伸氏が、“至...
別窓で開く

「IT」「AI」「DX」って、なんの略?【意外と知らない外国語雑学】
ふだん何気なく使っているカタカナ語の由来や、意外に知らない略語の正式名称など、外国語の雑学をクイズ形式でご紹介。語学教材元編集者の “語学大好き”ライターがお届けします。今回のワードは「IT」、「AI」、「DX」!今回のお題は…「IT」、「AI」、「DX」新聞やネット記事でもよく見かける略語「IT」...
別窓で開く

新卒でも中途でも満足度が高い企業はココ! 意外なトップは「デキる社員は自由にさせる」あの会社
最近は「新卒入社」だけでなく、即戦力として採用される「中途入社」が増えている。転職が当たり前となった今、新卒入社と中途入社がともに働きやすい企業はどこなのだろうか。転職のためのジョブマーケット・プラットフォーム「OpenWork」を運営するOpenWork 働きがい研究所が2021年9月29日、「新...
別窓で開く

小型版「Spot」のような犬型ロボット「XGO-Mini」
中国のLuwu Intelligence Technologyが、犬型ロボット「XGO-Mini」のプロジェクトをKickstarterで展開中です。このプロジェクトは9月2日に終了予定となっていますが、すでに目標金額の2万ドル(約220万円)を大きく上回る21万ドル超(約2300万円超)を集めるこ...
別窓で開く


[ intelligence ] の関連キーワード

clever smart アメリカ イギリス mini
spot マレー xgo