本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「年収1000万円」は日本で数パーセント?手取りや貯蓄額はどれくらいか
− 年収1000万円のお金事情を探る −「年収1000万円」と聞くとどのようなイメージでしょうか。「1000万円プレイヤー」などと呼ばれ、裕福な暮らしをしている人が多いといったイメージでしょうか。国税庁が発表した「令和2年分 民間給与実態統計調査」によれば、日本人の給与所得者の平均年収は433万円と...
別窓で開く

老後資金を現金と投資商品で貯めています。比率は、年齢に応じて見直すべき?
お金のこと、難しいですよね。コロナ禍もあって、ますますお金を貯めたい、家計を守りたい、と思っている人もいるのではないでしょうか。皆さんからのちょっとしたお金の疑問にオールアバウトの専門家が回答するコーナーです。今回は、年齢に応じて資産配分を見直すべきかについてです。 ■Q:老後資金を現金4割、投資商...
別窓で開く

年収400万円「ふつうの世帯」みんなの貯蓄の平均と中央値を大解剖!貯蓄に大きな格差が
− 年収400万円台の純貯蓄はいくらか −厚生労働省「2019年 国民生活基礎調査の概況」の調査によると日本の世帯における所得の中央値は437万円です。平均値に関しては一部の大きな数値の影響を受けることがありますが、年収400万円台の世帯が日本の「ふつうの世帯」といえるでしょう。...
別窓で開く

MARCHの法学部【大学学費比較】4年間の学費が一番高いのはどこか
− 子育て費用・教育費研究シリーズ −お子さんの教育費をトータルで考えたとき、もっとも負担が大きいのが「大学進学」にかかる費用ではないでしょうか。乳幼児の頃から、学資保険などを活用して準備を進めてこられた方も多かったはず。ところが、超低金利状態が続くいま、学資保険の返戻率も低下しています。...
別窓で開く

21歳〜44歳女性300人に聞く、リアルな“お金”事情とは?
21歳〜44歳の女性300人にリサーチ! アンケートから見る、みんなのお金、リアル事情とは!?anan読者世代の女性300人にマネー事情をヒアリング。お金に関する意識と実態に迫ります。Q. 将来、お金に関する不安はありますか?不安がある…81%不安な理由は?約8割が不安というシビアな結果に。...
別窓で開く

老後のお金への不安から、近年急速に人気が高まっているのが「確定拠出年金」です。iDeCo(個人型確定拠出年金)が有名ですが、実は企業型があり、それまで大企業にしか普及していませんでした。ところが、企業間で人材不足が加速している中、優秀な人材の維持・確保のために、福利厚生の一環としてこの制度を戦略的に...
別窓で開く

早稲田政経・慶應経済・上智経済【大学学費比較】4年間の学費が一番高いのはどこか
− 子育て費用・教育費研究シリーズ −お子さんの教育費をトータルで考えたとき、もっとも負担が大きいのが「大学進学」にかかる費用ではないでしょうか。乳幼児の頃から、学資保険などを活用して準備を進めてこられた方も多かったはず。ところが、超低金利状態が続くいま、学資保険の返戻率も低下しています。...
別窓で開く

70歳定年の時代に? 長く働くためにできること
■再雇用・再就職しやすくなる?皆さんご存じの通り、日本人の平均寿命は延びています。60歳で退職して退職金や年金で暮らす……こういったロールモデルは今後通用しないかもしれません。長くなった老後の生活費を工面する方法はいくつかあります。たとえばiDeCoに加入したり、年金の受給開始を遅らせたりして、年金...
別窓で開く

iDeCoでも貯まる「ポイント」還元率が高い証券会社はどこ?手数料や取扱い商品数も比較
− iDeCoの金融機関を選ぶ2つのポイント −4月から新年度がはじまり、新たに資産運用に挑戦してみようと考えている方もいるでしょう。税金の優遇措置を受けながら、老後のために資産運用できる「iDeCo(個人型確定拠出年金)」。長期間積み立てることになるからこそ、お得に運用ができる金融機関選びが重要と...
別窓で開く

元証券会社社員が見た「お金持ちに共通するポイント3選」富裕層の世帯数や資産額はどれくらい?
多くの方が憧れる「お金持ち」。ただ憧れるだけでなく、「お金持ちに近付きたい」と願う方もいるでしょう。筆者は以前証券会社に勤務し、お金持ちと呼ばれる方々の資産運用を行ってきましたが、彼らには共通するポイントがあると感じていました。そしてその共通点は私たちとかけ離れたものではなく、取り入れられる部分もあ...
別窓で開く


[ ideco ] の関連キーワード

march 野村證券 早稲田