本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ウクライナ危機、物価上昇、金利アップで金融の常識一変…「6つのケース」どっちが得?
 ウクライナ危機によって、世界の常識はガラリと変わった。原油高や資源高に拍車がかかり、世界各国で物価は上昇。欧米の中央銀行は金利上昇にかじを切り始めた。日本銀行はいまのところ金融引き締めに慎重だが、金利上昇の波は必ず日本を襲う。これまでの「金融の常識」は通用しなくなる。■金(ゴールド)「積み立て」と...
別窓で開く

50代から始める貯蓄、あと10年で安心できる老後資金を貯める3つのコツ
− 効率よく貯めるために利用したい非課税制度とは −30代、40代でぼんやりと考えていた老後が現実味を帯びてくる50代。そうなると気になってくるのが老後資金ではないでしょうか。老後資金に関しては、今まで少しずつ貯蓄してきた人・これから貯蓄をがんばろうと思う人など様々でしょう。...
別窓で開く

公務員でもidecoに加入できる?加入条件や実際の節税シミュレーション
− ideco加入の3つのメリット −ideco公式サイトによると、2022年2月時点の加入状況は234万7278人。そのうち新規加入者は4万4258人です。年々加入者が増加するidecoですが、公務員でも加入できるのでしょうか。本記事にて詳しく解説します。■公務員でもideco加入は可能。...
別窓で開く

【年代別】「住宅ローン」ってみんないくら残ってるの?60代まで残っているのかを確認
− 20〜70代の住宅ローン残高はいくら? −人生三大支出である「住宅ローン」。教育費がかかるのは一般的には子どもが大学生までで、50代前半でかからなくなるというご家庭も多いもの。老後資金は生命保険文化センターの調査によれば、一般的には65.9歳から使い始める方が多いようです。...
別窓で開く

年収400万世帯の平均貯蓄額は?”THE標準世帯”のお財布事情や今すぐできる貯蓄術
− 年収400万円で老後が不安なら −みなさんは日本人の平均年収と聞くとどのくらいだと思われますか?厚生労働省「2019年 国民生活基礎調査の概況」の調査によると中央値で437万円という結果が発表されています。平均値に関しては一部の大きな数値の影響を受けることがありますが、年収400万円台の世帯が日...
別窓で開く

あなたの家計が危ない。崩壊のリスクは自分でチェックして
加速する円安、輸入コスト増による値上げラッシュ、支出が増えても上がらない賃金……。“悪い円安&インフレ”の時代を迎えた日本。今までと同じお金の使い方を続ければ、家計崩壊のリスクに晒される可能性も。今こそ家計を再構築し、円安&物価上昇のダブルパンチに備えよう!◆円安・インフレ時代に必要不可欠な”お金の...
別窓で開く

【就職氷河期が知っておきたい】50代定年前の貯蓄額は二極化傾向
− ロスジェネ世代が考える「貯蓄のラストスパート」 −50代の方は、そろそろ老後に向けてお金の準備を始めている頃ですね。就職氷河期(ロストジェネレーション世代)とは、現在およそ40代〜50代前半の方を指します。こうした方が将来の「老後資金」を考える際、まずは50代定年前の貯蓄事情を知っておくとイメー...
別窓で開く

50代から貯金1000万円を貯める方法
50代は定年までのカウントダウンが始まり、この先の働く期間が見えてきてくる時期、1日でも早く貯蓄をスタートすべき年代です。しかし、1000万円貯めよう!と決めたものの、どんな貯め方がいいのか迷っていませんか? 50代の貯蓄は、いくつかの方法を組み合わせ貯蓄する「ハイブリッド貯蓄法」がオススメです。...
別窓で開く

「人間ブルドーザー」の愛称で知られ、パワフルなFWとして長年、プロの世界で活躍するFC町田ゼルビア所属の鄭大世選手(チョン・テセ/38歳)。そんな彼のもう一つの顔が投資家だ。’20年、コロナ禍でプレーできないという逆境を生かして、投資や経済を猛勉強。いまやインデックス投資家として資産を増やす、彼のマ...
別窓で開く

小林製薬の株主優待制度、その内容と特典を解説【2022/23シーズン最新】
− 個人投資家向け株主優待研究シリーズ −シリーズでお送りしている「個人投資家向け株主優待研究」。株主優待は各企業の決算期が関係します。ここでは決算期が近く、投資家の注目が集まる銘柄情報をピックアップしてお届けします!今回は小林製薬(中間決算:2022年6月30日)をとりあげます。...
別窓で開く


[ ideco ] の関連キーワード

ウクライナ the