本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



つみたてNISAやiDeCo「はじめる前に気を付けるべきこと」4選!
− つみたてNISAやiDeCoの注意点 −通常は運用益に20.315%かかる税金が非課税になる制度「つみたてNISA」。2018年1月からスタートしましたが、現在は500万口座を超えています。これから資産運用を始めようと思っている方の中には、「つみたてNISAとiDeCoのどっちが良いのかな」とお...
別窓で開く

【あと1000万円貯めたい】50代主婦が老後資金を10年で増やす方法2選と4つの節約術
− 専業主婦がidecoを始めるメリットも確認 −独立行政法人労働政策研究・研修機構の調査によると、定年退職者の退職給付額(大卒)は1997年時点で2871万円でした。厚生労働省の調査では2018年時点で1788万円。同じ調査ではないものの、単純比較で1083万円減少しています。...
別窓で開く

コールセンターの業務には「学生に内定を伝える」という仕事もある。元オペレーターの吉川徹さんは「私の勤務先では『大学の偏差値が高い順にかける』というきまりがあった。中には、相手の学歴によって態度を変える同僚もいた」という。実録ルポ『コールセンターもしもし日記』(三五館シンシャ)より紹介しよう——。(第...
別窓で開く

【投資信託】30代と60代の保有が特に増加!みんな何に投資しているのか、元証券会社社員が解説
− 「国内株式投資信託」より「外国株式投資信託」が上回る時代へ −つみたてNISAやiDeCoなどではじめる方も多い「投資信託」の積み立て。2019年には、年金以外に2000万円必要という「老後2000万円問題」が話題となりました。老後を考えると運用も取り入れなければと思うものの、はじめるとなると怖...
別窓で開く

早稲田・慶應・明治の法学部【学費比較】4年間の学費が一番高いのはどこか
− 子育て費用・教育費研究シリーズ −お子さんの教育費をトータルで考えたとき、もっとも負担が大きいのが「大学進学」にかかる費用ではないでしょうか。乳幼児の頃から、学資保険などを活用して準備を進めてこられた方も多かったはず。ところが、超低金利状態が続くいま、学資保険の返戻率も低下しています。...
別窓で開く

老後対策にもなる!? 株主優待で生活費を節約しよう
■自分が利用するものを選ぶのがポイント!老後資金対策には投資も必要。40〜50代の老後資金対策には、税制優遇のある個人型確定拠出年金(通称:iDeCo)でコツコツ投資がオススメ。それと並行して、まとまったお金があるなら、株主優待目的の株式投資をしてみては?株主優待(以下、優待)とは、株主に対する会社...
別窓で開く

渋谷の街を非日常のスケール感や視点で体験『DOWN TO TOWN』5月20日より開催
渋谷スクランブルスクエア46階「SKY GALLERY」にて、これまで3度開催されてきたエキシビション『EXHIBITION SERIES』。4回目の開催となる今回は、これまで「都市空間における表現の拡張」をテーマに、路上から美術館までさまざまな場所で作品制作や展覧会を開催し、表層に現れない東京を視...
別窓で開く

7年で1800万円、共働きで3人の子どもを育てながら貯める方法
 2022年4月28日、KADOKAWAから、『貯金0円からはじめる 一生お金に困らないための生活』(著:ゆきこ/監修:荒堀辰幸)が発売された。 本書は、夫婦共働きで3人の子どもを育てながら、7年で1800万円貯めたワーキングママ・ゆきこさんが、ファイナンシャルプランナーの荒堀辰幸さん監修でおくる、...
別窓で開く

NISAは年に何万円の得になる?節税効果を試算してみた
資産運用で成功するには、「徹底的にコストを削るのがカギ!」であることが、経済学者らの研究によって分かっています。税金もコストの1つですから、資産運用で成功したい方は、節税制度を利用することが成功への近道だといえるでしょう。 資産形成や資産運用に使える節税制度はいくつかあります。...
別窓で開く

キングジムの株主優待制度、その内容と特典を解説【2022/23シーズン最新】
− 個人投資家向け株主優待研究シリーズ −シリーズでお送りしている「個人投資家向け株主優待研究」。株主優待は各企業の決算期が関係します。ここでは決算期が近く、投資家の注目が集まる銘柄情報をピックアップしてお届けします!今回は文具用品製造販売大手「キングジム」(本決算:2022年6月20日)をとりあげ...
別窓で開く


[ ideco ] の関連キーワード

down town nisa キング 早稲田
リアル