本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【50代の貯蓄のリアル】貯蓄の平均額はいくらか。「1000万円」あれば本当に老後は安心できるのか
日経平均株価が横ばいで推移する中、貯蓄・資産運用の点でもやもやしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。貯蓄は皆さん共通の関心ごとかと思いますが、貯蓄に関する統計データなどを目にしたことのない方もいらっしゃるかと思います。そこで今回は、日本の50代の貯蓄のデータを紹介したうえで、「1000万円の...
別窓で開く

【失われた30年】日本は平均年収が30年以上変わらない!「年収400万円」何パーセントいるのか
− 平均賃金のトップ3はアメリカ・アイルランド・ルクセンブルク −今年は3年ぶりに緊急事態宣言が出ていないゴールデンウィークでした。帰省や旅行など、移動された方も多いと思います。明治安田生命が実施した「家計」に関するアンケート調査でも、連休中の予算は昨年と比べ1.4倍想定されており、3年ぶりに賑わい...
別窓で開く

FIRE資産を築くには、お金を節約するだけでよいのでしょうか。マネーコンサルタントの頼藤太希さんは「会社に頼らない収入源を持つことは、FIRE後を考えても大切なこと。収入増に直結しやすいおすすめの資格があります」といいます——。※本稿は、頼藤太希監修『いちからわかる! FIRE入門 積立投資で目指す...
別窓で開く

銀行口座が3つ以上ある人は危険!?お金を貯めるなら“先取り貯蓄”が必須
加速する円安、輸入コスト増による値上げラッシュ、支出が増えても上がらない賃金……。“悪い円安&インフレ”の時代を迎えた日本。今までと同じお金の使い方を続ければ、家計崩壊のリスクに晒される可能性も。今回はマネーコンサルタントの頼藤太希氏に話を聞いてきた。...
別窓で開く

年収400万円「ふつうの世帯」みんなの貯蓄と中央値は?金額に差はどのぐらいあるか
− 年収400万円のお財布事情を知る −2022年度がはじまり、すでに一か月半が過ぎようとしています。それぞれが新しいステージの第一歩を踏み出していると思いますが、初めて自分で収入を得る新社会人にとっては、期待も不安も大きいのではないでしょうか。また、自分の収入が多いのか少ないのか気になる方が多いと...
別窓で開く

「コロナ後の資産運用」3パターン 株価下落は長期投資のスタートにふさわしい
【カンタン貯蓄 目標3年で300万円!】 今ある資産は預貯金だけ。そんな人は、コロナ後とインフレを見据えて、投資、つまり資産運用に舵を切るべきだ。 コロナ禍で仕事を失ったり、収入が激減したなど、生活に多大な影響を受けた人も同じ。新型コロナ感染者数は多いが、政府は経済活動の再開に踏み切ったので、これか...
別窓で開く

【SMART5大学】理系・学費比較「上智・明治・青学・立教・東京理科大」4年間でかかるお金はいくらか
− 子育て費用・教育費研究シリーズ −お子さんの教育費をトータルで考えたとき、もっとも負担が大きいのが「大学進学」にかかる費用ではないでしょうか。乳幼児の頃から、学資保険などを活用して準備を進めてこられた方も多かったはず。ところが、超低金利状態が続くいま、学資保険の返戻率も低下しています。...
別窓で開く

新iDeCoは65歳まで可能に 50代以降でも始めたい初心者向け投資術
 2022年5月より、iDeCo(個人型確定拠出年金)の制度が拡充された。従来、iDeCoの加入年齢は60歳までだったが今回の改正により65歳まで可能となる。関連して、iDeCoの受給開始時期も5年延長となり、最長70歳だったものが75歳へ変更となった。これらは、国民年金で繰り下げ受給を選んだ場合最...
別窓で開く

意外と少ない?「年収600万円」は日本で何パーセントか。男女別【600万円超の業種】を探る
− 業種別の小分類でも平均年収が高い分野を紹介! −みなさんは年収の高い職業といわれるとどのような職業を思い浮かべますか。現在、日本人の平均年収は433万円と言われています。ただ業種によっては、平均年収が600万円を超える業種もあります。平均よりちょっと上の年収600万円に憧れる方もいるでしょう。...
別窓で開く

【夫の年収別】30〜50代「専業主婦」の割合はどれくらい?平均的な年収や貯蓄も確認
− 専業主婦世帯の実態を探る −新生活生活にだんだんと慣れ、お子さんのいる女性は働きはじめようか迷っている方もいるでしょう。共働きが当たり前といわれる現代。一昔前とは違い、専業主婦はうらやましいと言われることもあります。一方で実際に専業主婦の方の中には、その生活を楽しんでいる方もいれば、専業主婦であ...
別窓で開く


[ ideco ] の関連キーワード

東京理科大 リアル