本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



47都道府県の「貯蓄額」ランキング!年収が高ければ貯蓄が多いわけではない傾向も
− 貯蓄・年収トップの都道府県はどこか −食料品、日用品、電気代…値上げが相次ぐ今、生活費のやりくりを考える方も多いのではないでしょうか。今後も続きそうな値上げに老後不安と、現代は貯蓄の大切さを痛感します。ただ、貯蓄といっても住んでいる地域やご家庭の状況によって異なるもの。日本各地で貯蓄や年収の傾向...
別窓で開く

確実に「1000万円貯めたい人」はコレをやれ!
■試してみませんか? お金を貯める具体的な計画例「蓄財しなきゃいけないのは分かっているのだけど、いつも三日坊主で終わってしまうんだよね……」とお悩みの、そこのあなた。これから、たっぷりお金を貯める方法をご紹介します。本記事ではまず、100以上の研究で効果が立証された目標達成テクニック「if-then...
別窓で開く

インデックス投資で資産1億円を達成した人の体験談を見かけることがあるが、普通の会社員が真似するのは難しい。個人投資家のまつのすけさんは「インデックス投資で資産1億円を達成できるのは、高所得者などに限られます。元手が少ない普通の会社員ならこれから訪れるチャンスを上手に活用するのがいいですね」という——...
別窓で開く

夫婦共働きで世帯の手取り月収は70万円近くある。安泰な家計のはずだが、マンションの返済ローンは月17万円超、また3人家族なのに食費が10万円も。さらに、長男の私立中高一貫校合格のための塾代も10万円近く。それでもまだ余裕があるはずが、夫婦が赤字家計に転落するかもしれないと青ざめた理由は、「2人めの懐...
別窓で開く

節約は収入増と同じ!支出の削減のために一番最初にやること
加速する円安、輸入コスト増による値上げラッシュ、支出が増えても上がらない賃金……。“悪い円安&インフレ”の時代を迎えた日本。今までと同じお金の使い方を続ければ、家計崩壊のリスクに晒される可能性も。今回は家計再生コンサルタントの横山光昭氏と、マネーコンサルタントの頼藤太希氏に話を聞いてきた。...
別窓で開く

多くのビジネスパーソンの支持を集める、登録者60万人超えの「サラリーマンYouTuber」、サラタメさん。注目の処女作『真の「安定」を手に入れる シン・サラリーマン──名著300冊から導き出した人生100年時代の攻略法』は“鈍器本なのに、めちゃ読みやすい”と話題だ。「仕事がデキない」「残業だらけ」「...
別窓で開く

30年後に大差が!毎月1万円の増額が大事なワケ
■毎月1万円の差が10年後には120万円以上の差に毎月の貯蓄額の目安は、シングルなのか、子育て世代なのかによっても、そして年収によっても変わってきます。一概に、年収の何%とはいえませんが、仮に年収400万円でその10%を貯蓄に回すなら、毎月の貯蓄額は3万円強になります。年間で40万円程度の貯蓄ができ...
別窓で開く

65歳でリタイアするには貯蓄がいくらあれば安心できるのか【定年後】1カ月の収支の赤字はいくら?
− 【最新データ】65歳以上リタイア夫婦の貯蓄を総務省統計局より確認 −老後資金はいくらあれば安心できるのか。その答えは人それぞれですが、なかなか「安心」までいくのは難しいものでしょう。特に60代の方は「仕事の辞め時」について悩まれる方も多いと思います。その理由の一つに、金銭的な問題も大きいのではな...
別窓で開く

自分の資産は自分でつくる時代。初心者におすすめの「投資本」3選。
 給料アップは見込めない。物価は上昇中。預貯金してもほとんど増えない......。ちなみに、現在の普通預金の平均年利率は0.001%。100万円預金しても利息は年間10円から30円ほど。 こうした現状から、日本は「自分の資産は自分でつくる時代」になりつつあるという。...
別窓で開く

定年が近づくといろいろと考えなければならないことが増えてきます。59歳のAさんは、最近お疲れ気味。妻との会話はもっぱら老後のお金のことばかりで、これまでの疲れがどっとでてきたような気がします。Aさんは冗談交じりに「このままだと少ないお小遣いで死ぬまで働かされそうなのでなんとかなりませんか」と、ファイ...
別窓で開く