本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「中年」にスポットライトを当てる——超斬新コンセプトのフリーマガジンが爆誕していた
読者の皆さんは、「中年」という言葉にどんなイメージを持っているだろうか。青年と老人の間——肉体的には疲れやすくなったり体の不調が出始めたりするし、精神的にも新しいことを始める気力が湧かなくなったりもする。年頃の子供との付き合い方、年老いた親の介護、自分の老後の資金など家庭内での悩み事は尽きず、会社で...
別窓で開く

もはや「貧しい国」扱い…中国に買われた日本の大企業リスト
「世界に誇る」と言われていた日本の大企業も、今や多くが中国資本となってしまった。元内閣官房参与で京都大学大学院教授の藤井聡氏は、3倍にまで広がった日本と中国の経済格差を引き合いに、中国にとって日本の大企業は今や二束三文だと語る。代表的な事例を挙げながら、その厳しい実態を解説してもらった。...
別窓で開く

通販サイト「Amazon」でいちばん最初に購入されたものは何? 記念すべき1人目の購入者による秘話もご紹介
 今回紹介する、れいけも / RayKemoさんが投稿した『【ゆっくり解説】amazonで最初に購入された本ってなに?【今日の豆知識】』では、音声読み上げソフトを使用して、通販サイトのAmazonで、記念すべき一番最初の注文について紹介していきます。...
別窓で開く

グローブ・トロッターがライフスタイルブランド「GOLF le FLEUR*」とのコラボアイテムを発表
グローブ・トロッターは、第62回グラミー受賞米ラップアーティストTyler, the creator(タイラー・ザ・クリエーター)によるライフスタイルブランドGOLF le FLEUR*(ゴルフ・ラ・フルール)とのコラボレーションを展開する。グローブ・トロッターオンラインストア、伊勢丹オンラインスト...
別窓で開く

テレワークに思わぬ「落とし穴」! コロナ禍後も継続する企業は1割?【テレワークに役立つ一冊】
11月は総務省の「テレワーク月間」。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、一気にテレワークが浸透したが、新規感染者の減少とともに再び職場に通勤する人が増えてきた。しかし、テレワークの大きな流れは止まらないと見られる。今月は、テレワークや電話、コミュニケーションに関連する本を紹介しよう。...
別窓で開く

今年はすでに6回も! みずほ銀行のシステム障害 問われる経営責任
みずほ銀行でまたもシステム障害が起きた。2021年になって6回という異常事態だ。再発防止を誓いながら繰り返す姿はまさに、「メガバンクの名が泣く」(8月28日朝日新聞社説の見出し)というしかない。経営陣の責任論が再燃する可能性もあり、信頼回復が見通せない。■顧客への対応でも不手際が目立った今回の障害は...
別窓で開く

えっ!「郵政消滅」ってホントか? 週刊ダイヤモンドが特集 東洋経済は「相続の新常識」
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。7月26日発売の「週刊ダイヤモンド」(2021年7月31日号)の特集は、「郵政消滅」。...
別窓で開く

ワルな風貌だけど…! パリで出会った「じわじわカッコいい男前」6人
パリ在住のカメラマン、松永学さんによるパリのイケメンスナップ。今回は心優しきパリ11区の男達、一見悪っぽい風貌ですが笑うとチャーミングです。パリ11区で出会ったチャーミングな男前6人カメラマンの松永学さんが、パリの街で突撃取材を敢行! キラリと光る個性豊かなイケメン6人にお話を聞きました。...
別窓で開く

米ファンドリー大手のGF、特殊&レガシープロセスで復活の狼煙
− シンガポールに新工場建設 −■本記事の3つのポイントファンドリー大手のGFが内外に復活を印象付けている。レガシー&特殊プロセスに活路を見出した差別化が奏功差別化要素の1つであるSOIプロセスではウエハー供給メーカーと長期供給契約を締結主力拠点の1つであるシンガポール工場で新棟建設を発表、年45万...
別窓で開く

「ケビンがいなけりゃ…」悪童バークレーとグッドガイKJ、真逆な2人の確かな絆【NBAデュオ列伝|前編】<DUNKSHOOT>
“KJ”ことケビン・ジョンソンは、苦虫を?み潰したような表情を浮かべながら、ベンチで戦況を見つめていた。 1993年のNBAファイナル第2戦。地元フェニックスでの初戦を落とした直後の、大事な一戦だった。KJは本来のプレーができないまま、第4クォーターにはベンチに下げられていた...
別窓で開く