本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



世界シェア急拡大中の中国スマホメーカーが日本参入!「realme」に勝算はあるのか?
世界のスマホ市場で年々存在感を高めている中国メーカー。出荷台数のシェアでは、依然としてサムスンとアップルがトップ2をキープしていますが、そこに食い込むべく中国メーカーが台頭してきています。一時はアップルを抜く勢いだったファーウェイは、米中摩擦問題からグーグルアプリが使えない状況にあり、厳しい戦いを強...
別窓で開く

人感センサーや色調整機能が付いた「スマートLED電球」で何ができるか試してみた
スマートフォンと接続することで、時間変化や音声コマンドに合わせた自動操作が可能になるスマート家電。なかでも「スマートLED電球」は、価格も安く、最初に導入するのにうってつけの製品です。そんなスマート家電を幅広くリーズナブルに展開しているのが+Style(プラススタイル)です。...
別窓で開く

今欲しい“スマートウォッチ”5選 血中酸素まで測定、コロナ対策にも活躍
ライフスタイルや環境の変化に伴い、健康づくりの指標となるさまざまな数値を記録できるアイテムが人気を集めている。ここでは、進化が目まぐるしい“スマートウォッチ”に注目!カラダからのサインを見逃さないために可視化。リモートワークが普及し、生活習慣の乱れによる不調やストレス、運動不足が気になっている人が増...
別窓で開く

親指サイズのアクションカメラが単体30分の連続撮影やライブプレビューに対応 「Insta360 GO 2」が予約受付を開始
Insta360は、手ブレ補正機能付きアクションカメラの新製品「Insta360 GO 2」を発表。公式サイトや全国の家電量販店などで予約受付を開始しました。52.9×23.6×20.7mmの親指サイズ、重量は26.5グラムの本体に、1/2.3インチのイメージセンサーを搭載、3K動画と900万画素の...
別窓で開く

はかりたいことで選びたい個性派ウエアラブルデバイス5選
写真や動画の撮影から支払い、ゲーム、歩数計測まで、スマホがあればできることがかなり増えました。通話やネットだけでなく、常に持ち歩くものだからこその多機能化なのかもしれません。とはいえ、スマホは体に密着させているわけではないので、人間の生体活動まではさすがに計測できません。そこで必要となってくるのがウ...
別窓で開く

「wena 3」で愛用の腕時計をスマート化してみた!
「お気に入りの腕時計を使いながら、最新のウエアラブルデバイスの機能も使ってみたい! それもできるだけスマートに!」そんな欲張りニーズに「バックル側にスマートウオッチ機能を集約」という逆転の発想で挑むのが、ソニーの「wena」シリーズ。2020年11月に第3世代となる「wena 3」が発売され、一時は...
別窓で開く

いつもの靴をスマートシューズに! 「HUAWEI Band 4e」でランニングをデータ化!
HUAWEIは2月5日、スマートバンドの「HUAWEI Band 4e」を発売しました。最大特徴は、靴にも装着できること。その気になる使い勝手について、早速購入して試してみました。ちなみにHUAWEI Band 4eの価格は、税別2980円とかなりお手頃。...
別窓で開く

シューズにも付けられるスマートバンドで自分のランニングを手軽にデータ化!
手首に装着するのが主流のスマートバンド。もちろんこれでも十分便利なのですが、ランニングなど足の動きがメインのスポーツをより精密に計測するべく、靴にも装着できるスマートバンド「HUAWEI Band 4e」(市場想定価格2980円/税別)がファーウェイより発売となります。...
別窓で開く

画面占有率90%!ビジネスにもゲームにも使える大画面ノートPC
「機動性を重視したいノートPC選びでも、キビキビした動作と広々画面は譲れない!」そんなユーザーにとって、まさにちょうどいい選択肢と言えそうなのが、ファーウェイ・ジャパンの14インチノート「HUAWEI MateBook 14」。...
別窓で開く

「凍死しかけてる」グーグル障害、雪降る新潟県でエアコンが操作不能に 男性が当時の状況を語る
グーグルで12月14日夜、大規模障害が発生し、電子メールサービス「Gmail」など関連サービスが使えない状況が約45分間にわたり続いた。ツイッターではこの間、「YouTubeが見れない」「検索できない」と困惑の声が広がっていた。一方、生命の危機を感じていたのは、新潟県に住む20代男性のはやぽんさん。...
別窓で開く


[ huawei ] の関連キーワード

スマートウォッチ realme band スマート グーグル
wena led