本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



手軽に大画面生活を実現できるプロジェクター5選【自宅快適BESTガジェット】
【特集】自宅快適BESTガジェットサブスクやネット動画の隆盛により、映像コンテンツは多種多様な楽しみ方ができる時代になった。また無線技術の発達やType-Cケーブルなどの登場で、映像の伝送が簡単になったこともあり、今こそプロジェクターが威力を発揮するとき。自宅でラクに大画面生活を手に入れられる最新モ...
別窓で開く

エストがブランド誕生20周年! デザイナーTamae Hirokawaとコラボした20周年記念限定デザインボトルを数量限定発売
花王のプレステージブランド「est(エスト)」は、ブランド誕生20周年を記念して、SOMA DESIGN クリエイティブディレクター/デザイナーのTamae Hirokawa氏とコラボレーションした「エスト ザ ローション」の20周年記念限定デザインボトルを2020年10月2日より数量限定発売いた...
別窓で開く

BLUE ENCOUNT×ROSTER BEAR×FREAK'S STORE、トリプルコラボのTシャツが登場
株式会社デイトナ・インターナショナルが展開するセレクトショップFREAK’S STOREはBLUE ENCOUNT×ROSTER BEAR×FREAK’S STOREのコラボレーションTシャツを7月31日に発売いたします。 先日のライブ配信<STAY HOPE>でも多くのファンの視聴を集...
別窓で開く

小型なのに高機能!モバイルプロジェクターで動画三昧だ
動画サイトやサブスク全盛、自宅で見るコンテンツももっぱらネット動画ばかり。そんな人が増えたせいか、家中好きなところに持ち運んで使える家庭用ポータブルプロジェクターが人気です。+Style(プラススタイル)にて発売中の「XGIMI Halo(ジミー ハロ)」(9万6800円)も、そんな手軽なプロジェク...
別窓で開く

800ANSIルーメン・フルHDでHarman Kardonスピーカー搭載のAndroidTVモバイルプロジェクター +Styleが「XGIMI Halo」を発売
プラススタイルは、OSにAndroid TVを搭載したモバイルプロジェクター「XGIMI Halo」の販売を開始しました。価格は9万6800円(税込み)。本体サイズは約113.5×171.5×145mm、重量は約1.6kgとコンパクトで、フルHD(1080p)解像度、最高800ANSIルーメンと高輝...
別窓で開く

木製なのにスマホがくっつくワイヤレス充電スタンド!その秘密は“ナノ気泡”にあり
家具や雑貨など、高いデザイン性が注目を集める北欧の国ラトビアで作られた、無垢の木材を使用したユニークなスマホ用ワイヤレス充電スタンド「HALO(ハーロウ)」(9780円〜 6月10日現在)が、クラウドファンディング・Makuakeにてプロジェクトを進行中。インテリアをナチュラルテイストで揃えている人...
別窓で開く

ラグビー流大がレジェンド揃いのメッセージ動画を投稿!ファンも「チームも国籍も越えた繋がり」「今こそOne Teamですね!」と共感
2019年ラグビーW杯日本代表の流大が4日、自身のインスタグラムを更新。錚々たるメンバーとともにステイホームを呼び掛けた。「みんな思いはひとつ」の言葉とともに流が投稿したのは1分程の動画。9人のラグビー選手及び監督が出演したが、その顔触れがなんとも豪華だ。 登場したのは、ニュージーランドと日本を代表...
別窓で開く

今年も出るぞ! ミニストップの大人気コールドスイーツ「ハロハロ」が爽やかで旨い!
食楽web 今年も「ハロハロ」の季節がやってきました。スイーツの美味しさに定評のあるコンビニチェーン・ミニストップが毎年期間限定で販売するこの商品、食べたことはなくても名前を耳にしたことがある人も多いのでは?「ハロハロ」とは、タガログ語で「混ぜこぜ」を意味するフィリピンの国民的かき氷「Halo-Ha...
別窓で開く

絶対に開けてはいけない、悪魔が封じられた箱「ディビュークの箱」
 創作の世界では、瓶や箱の中に封じられた精霊や悪魔が登場する事が多い。そんなアイテムが現実の世界に存在するとしたらどうだろうか。 問題の箱は「ディビューク(Dybbuk)の箱」と呼ばれているもので、アメリカの超常現象研究家であるザック・バガンズ氏が所有しており、氏の所有するいわくつきの物を多く展示し...
別窓で開く