本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



エンブラエル子会社「空飛ぶクルマ」200機の契約を締結 納入開始は2026年
5年後を目途に米英で飛ぶ予定です。南米製「電気ヘリコプター」実現なるか ブラジルの航空機メーカー、エンブラエルの関連会社であるイブ・アーバン・エアモビリティ・ソリューションズ社(フロリダ州メルボルン)は2021年6月1日(火)、アメリカならびにイギリスでヘリコプターによる都市間輸送を行っているHAL...
別窓で開く

疲れを感じさせないマルチ! チームを救った大谷翔平に米メディアも賛辞「100球近く投げていたのに…」
現地時間5月29日、敵地で行なわれたオークランド・アスレティックス戦に「2番・DH」で先発出場したロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、今季14度目のマルチ安打をマークした。 前日に7回途中93球を投げていた大谷だったが、その疲れを感じさせないプレーを見せつけた。最初の見せ場がやってきたのは、エン...
別窓で開く

「オオタニだけが唯一の光だ…」繰り返されるエンジェルス中継ぎ陣の“炎上”に専門メディアも嘆き
現地時間5月22日に本拠地で行なわれたオークランド・アスレチックス戦で、ロサンゼルス・エンジェルスは2-6と完敗。アメリカン・リーグ西地区で首位との差は8.5に広がった。【動画】「まさにスーパースターだ」と相手投手も絶賛!大谷翔平が放った特大HR! 先発のパトリック・サンドバルは5イニングで2失点と...
別窓で開く

「彼より価値のある選手はいない」“野球界の驚異”大谷翔平に米メディアもお手上げ!?「どのような誇大表現でも足りない」
連日のホームランでメジャーリーグの主役となっているのが、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平だ。「2番・DH」で先発出場した5月18日(現地時間)のクリーブランド・インディアンス戦でも1打席目に14号アーチを放ち、ランキングトップを守っている。...
別窓で開く

2200ANSIルーメンと明るく最大300インチの投影に対応 XGIMIのホームプロジェクターが4KとフルHDの2モデルで予約販売を開始
ビーラボは5月17日、XGIMI社製のAndroid TV搭載ホームプロジェクター新製品で、4K対応の「HORIZON Pro」とフルHD対応の「HORIZON」の予約販売を開始しました。いずれも2200ANSIルーメンと明るく、最大300インチの大画面が投影できるのが特徴です。...
別窓で開く

「才能は覚醒している」“偉才”大谷翔平にエンジェルス専門メディアも感嘆!「スポーツ界で唯一無二の選手に…」
今シーズンのメジャーリーグで開幕から観る者を魅了してやまないのが、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平だ。【PHOTOギャラリー】全米に衝撃を与えた大谷翔平の二刀流、はじける笑顔、日本代表での秘蔵ショットも大公開! 過去2年間に渡って悩まされてきた怪我が癒え、投打で図抜けた娯楽性を提供している。...
別窓で開く

「世界で最もダイナミックな選手」大谷翔平の“グリーンモンスター”超えHRに専門メディアが驚愕!「言葉を失う…」
現地時間5月14日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平が、敵地で行なわれたボストン・レッドソックス戦に「2番・DH」で先発出場。これまで幾多のメジャーリーガーを苦しめてきた敵地フェンウェイ・パークにある11.3メートルのレフトの壁、通称「グリーンモンスター」をものともせず、7試合ぶりに本塁打を放っ...
別窓で開く

アウトドアナイフBARK RIVER KNIVES「トラッカー」とVarustteleka「テラバ・スクラマ」はどちらが最強か?
<不自由を自由にする野営スタイル>「不自由は自由だ!」をモットーに、不便がいっぱいな自然の中でいかに快適に過ごせるかを考え、キャンプをしているRYUです。皆さんはアウトドアで使うナイフはどんなナイフを使っていますか? どんな用途でナイフを使いますか? 私は主にキャンプで薪を作る、木を使っ...
別窓で開く

「オオタニは価値が高すぎる!」エンジェルス専門メディアは大谷翔平の先発回避を支持「彼はローテーションの救世主じゃない」
「うぉっ……」。大谷翔平の叫び声が、敵地セーフコ・フィールドに響き渡った。 現地時間5月2日、シアトル・マリナーズ戦に「2番・DH」で先発したロサンゼルス・エンジェルスの大谷。その初回に巡ってきた第1打席だった。リナーズ先発のジュスタス・シェフィールドが投じた4球目、93...
別窓で開く

6四球7K無失点は“大投手”ノーラン・ライアン以来の快挙!“独り相撲“の大谷翔平が残した記録が話題に「唯一無二の…」
本領発揮とはいかなかったと見るのが妥当だろう。 現地時間4月20日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたテキサス・レンジャーズ戦に先発。18年5月20日のタンパベイ・レイズ戦以来1066日ぶりの勝利投手を目指したが、4回被安打1の無失点ながらも7四死球を出して80球で降板した。...
別窓で開く