本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



松田ゆう姫の「歩きタバコを注意され逆ギレ」に批判殺到、炎上する理由は「発言のヤバさ」だけではない
「ヤバい女になりたくない」そうおっしゃるあなた。有名人の言動を鋭く分析するライターの仁科友里さんによれば、すべてのオンナはヤバいもの。問題は「よいヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、仁科さんがさまざまなタイプの「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」を分析していきます。...
別窓で開く

林家三平が『笑点』を降板する必要はなかった? 今のテレビで「できない人」が求められているワケ
 世の中には「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」だけでなく、「ヤバい男=ヤバ男(ヤバダン)」も存在する。問題は「よいヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、芸能人や有名人の言動を鋭くぶった斬るライターの仁科友里さんが、さまざまなタイプの「ヤバ男」を分析していきます。...
別窓で開く

“犬だいすき”川口春奈、愛犬とのリンクコーデに反響「ビジュが最強」「オシャレです」
“犬だいすき”川口春奈、愛犬とのリンクコーデに反響「ビジュが最強」「オシャレです」 5月23日、川口春奈がInstagramを更新した。...
別窓で開く

赤毛で壮絶ないじめを受けたミスコン準優勝者「いじめられっ子に力を与えたい」と今年も大会出場へ(英)
子供たちの間で起こる“いじめ”は世界共通の問題のようだ。ところがイギリス在住の女性はいじめられていた幼少期を乗り越え、自分を磨くことに専念して昨年はミス・ワールドのイギリス大会で準優勝に輝いた。そして今年も同大会に出場し、優勝を目指すという。『The Mirror』などが伝えている。...
別窓で開く

川口春奈、ほっそり二の腕を披露したノースリSHOTに反響「最高に可愛い」「らぶ」
川口春奈、ほっそり二の腕を披露したノースリSHOTに反響「最高に可愛い」「らぶ」 5月6月、雑誌『GINGER』の公式Instagramが更新され、川口春奈の写真が掲載された。【写真】ノースリーブ姿の爽やかな笑顔SHOTを公開同アカウントは、...
別窓で開く

「テキトーが嫌いです」。木村拓哉の"これだけは譲れない美学"とは
 4月22日発売の「GINGER」2022年6月号(幻冬舎)。表紙を飾るのは木村拓哉さんだ。時代を問わず圧倒的な存在感を放つ木村さんの、これだけは譲れない美学とは。今大注目のフレッシュなグループ・なにわ男子も登場。彼らにとってのさまざまな"No.1"を聞いた。...
別窓で開く

川口春奈が青春を過ごした場所は? 5年ぶりのフォトブック完成!
 3月23日、幻冬舎より、川口春奈の5年ぶりのフォトブック「東京23区Another Story」が発売された。 「東京23区Another Story」は、ファッションライフスタイル誌「GINGER」で2年にわたり川口春奈さんが連載してきた「東京23区STORY」の未公開カットを一冊にまとめ、さら...
別窓で開く

近所のメス猫に一目ぼれしたオス猫 その2年後? 「泣いた」「これは運命」
出会った瞬間に恋に落ちる『一目ぼれ』は、人間だけでなく猫にもあるようです。オス猫のニックは、いつも外の世界に興味しんしん。飼い主のシェルビーさんは、そんなニックを連れて散歩に行くのが日課です。ウェブメディア『The Dodo』によると、ニックがベランダの柵の間から逃げ出してしまうため、コウモリの羽の...
別窓で開く

『きれいのくに』出演・青木柚「SNSは正直苦手…」 20歳の素顔
憂いある存在感で異彩を放つ俳優・青木柚さんと、新世代写真家として脚光を浴びる石田真澄さん。夏の海辺の公園で、レンズが捉える心地いい距離感。出演する度に印象をガラリと変えてみせる俳優、青木柚。ステージで輝くアイドルに憧れていた9歳の頃、自らの意思で演技のレッスンを受け始めた。...
別窓で開く

L.L.Beanのアノラックとジャケットはレトロな雰囲気がイイ感じ!
1912年創業のアメリカの老舗アウトドアブランド L.L.Bean(エルエルビーン)の定番アウターに、春らしい新色が登場!「マウンテン・クラシック・アノラック」(9790円)と「フル・ジップ・ジャケット」(1万890円)は、古き良きアメリカを思わせるレトロ感がいま見ると新鮮でオシャレ。...
別窓で開く


[ ginger ] の関連キーワード

ミスコン sns