本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



148カ国で最下位! 日本人の給料は30年前から上がっていないという現実
「なかなか給料が上がらない」と感じているのは、大多数の日本人共通の悩みかもしれない。それもそのはず、なんと日本の給料は1990年から約30年間も上がっていないというのだ。これまで数々の財政改革に携わってきた高橋洋一氏が、このショッキングな事実を数字とともに検証する。...
別窓で開く

コロナ渦でも日本で最低賃金引上げ求める声が高まる理由=韓国報道
コロナは最低賃金引き上げの議論において経営陣側に良い言い訳を与えた。ただでさえ経営が大変なのに、人件費まで上がったら従業員を解雇するしかないという主張だ。今まで経験したことのない世界的伝染病が流行した昨年、この論理は特に日本において効果的であった。その結果、平均最低賃金は1円上昇。比率では0.1%上...
別窓で開く

中国人の多くは知らない・・・韓国のすごい実力=中国メディア
 東アジアに位置する日本、中国、韓国はなにかと比較の対象となるが、世界第2位の経済大国である中国から見ると、韓国はどうしても経済力では見劣りしてしまうという。しかし、中国メディアの網易はこのほど、「中国人の多くは韓国のすごい実力を知らないでいる」と論じる記事を掲載し、韓国がいかに強いかを紹介した。...
別窓で開く

衝撃!「日本が貧乏になったワケ」2019年の平均年収は韓国以下に…
 今年2月15日、日経平均株価が一時3万円を突破したことが話題になった。バブル期以来、30年ぶりのことだ。 だが、株価が上がっても、生活が楽になったという実感を持つ読者は少ないのではないだろうか。それを裏づけるようなデータがある。「OECD(経済協力開発機構)によると、2019年の日本の平均賃金は年...
別窓で開く

平均賃金で韓国が「日本越え」、これに「実質的な意味はない」=中国
 経済協力開発機構(OECD)によると、2019年の韓国の平均賃金が日本を上回ったという。日本は3万8617ドルだったが、韓国は4万2285ドルだったそうだ。これは韓国経済が日本を上回ったことを意味しているのだろうか。中国の動画サイト西瓜視頻はこのほど、中国人の大学教授の見解を紹介する動画を配信した...
別窓で開く

グローバル100大企業への新規参入、韓国ゼロ…米国9社、日本5社“革新国家との格差アップ”
「参入への障壁が低い生計型創業に追い込まれ、富の循環を象徴する自力成功企業の割合は小さい。また、過去10年間のグローバル100大企業の新規参入はゼロだ。」大韓商工会議所が13日に発表した報告書『国際比較から見る韓国企業の新陳代謝の現況と政策示唆点』で評価した韓国企業の現状だ。...
別窓で開く

文大統領「副首相、経済回復へと導く“適任者”」…“再信任”を強調=韓国副首相“辞任”騒動
韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は本日(5日)、ホン・ナムギ(洪楠基)副首相兼企画財政相について「今後 経済回復という重大課題を成功裏に導く“適任者”だ」として、“再信任”するという旨を改めて強調した。青瓦台(韓国大統領府)の報道官はこの日午前の会見で「文大統領は『ホン副首相が新型コロナウイルス...
別窓で開く

中国から見ると「日本と韓国はそっくりだ」、そして国力が上なのは・・・=中国メディア
 中国メディアの百家号は13日、日本と韓国はともに先進国であり、中国から見ると「とても似ている国」だと伝えつつ、「日韓両国の国力はどちらが上なのか」と問いかける記事を掲載した。 記事は、韓国は半導体や造船、スマートフォンなどの分野で極めて高い競争力を持っているとし、日本経済が1990年以降に停滞した...
別窓で開く

資源が少なくても先進国になった日本、「日本からは理念や教育も学ぶべき」=中国報道
 日本は中国と比べると国土面積は約25分の1しかないが、日本は戦後わずか20年ほどで経済協力開発機構(OECD)加盟国の仲間入りをして名実ともに先進国になったのに対し、中国はいまだに先進国の仲間入りを果たしていない。 中国メディアの百家号は4日、「資源がこんなにも少ない日本がなぜ先進国になれたのか」...
別窓で開く

日本のサラリーマンは「ジョブ型雇用」嫌い? 海外企業はどんな採用をするのか
コロナ禍の副作用かどうかは知りませんが、最近「ジョブ型雇用」なる言葉が喧伝されています。はっきりした定義が浸透しているわけではありませんが、どうやらジョブ型雇用は、その仕事内容に応じて給料を払うという考え方を指しているようです。これはこれで当たり前なのですが、加えて仕事内容を明記した職務記述書(英語...
別窓で開く