本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本企業は「社外学習・自己啓発しない人」が多すぎる その「理由」とは?
画像はイメージ仕事で必要なスキルは全部、仕事で身につけられたのは昔ばなし。技術が進化する中で、それについていけない人の「働く力」はどんどんと落ちていきます。しかし、日本では「企業は学ぶ機会を与えず、個人も学ばない傾向が強い」という調査結果が明らかになりました。なぜ、日本人は学び直しをしないのでしょう...
別窓で開く

先進国になるためには欧米諸国の妨害を突破する必要がある=中国報道
 中国は世界第2位の経済大国である一方で、「先進国」ではなく、今も発展途上国のままだ。中国メディアの網易は17日、先進国になるためには欧米諸国の妨害を突破する必要があると主張する記事を掲載した。 記事はまず、先進国と言われている国は世界に30あまりあるが、ほとんどが欧米諸国で占められていると紹介した...
別窓で開く

コロナ禍でも絶好調だった米国株 2022年、最大の問題はインフレだ!【小田切尚登のマネーの寅年】〈後編〉
2021年の米国経済は絶好調であった。経済指標は、史上最高のオンパレードである。株価が史上最高値!GDPが史上最高!住宅価格が史上最高!小売の売上が史上最高!賃金が史上最高!求人数が史上最高!......。アメリカの労働者にとっては給料が増えたことが最大の朗報だが、株価と不動産価格も上がったので、大...
別窓で開く

平均年収が韓国より少なくなった日本。景気回復の実感が乏しい理由
OECDの調査では、労働者の平均年収が韓国より少なくなった日本(韓国42,285ドル、日本38,617ドル)。このままでは近い将来、日本の労働者が中国や東南アジアに出稼ぎに行く日がくるかもしれません。我が国がとるべき経済政策とは? 産経新聞特別記者で、日本経済について警鐘を鳴らし続ける田村秀男氏に聞...
別窓で開く

「新五輪世代」の若者たちが経済社会でも金メダルを取れる日がくるのか?
OECD(経済協力開発機構)の調査によると、2019年の各国の平均年収はアメリカ65,836ドル、ドイツ53,638ドル、韓国42,285ドル。日本は38,617ドルで韓国より少なくなっています。かつて「ジャパンアズナンバーワン」と謳われた栄光はどこへ行ったのか? 景気回復こそが“国守り”の道だと唱...
別窓で開く

日本の1人当たりのGDP、6年後に韓国に追い越される=韓国報道
日本の1人当たりの名目国内総生産(GDP)が6年後に韓国に追い越され、7年後には台湾にも追い越されるという日本のシンクタンクの分析が出た。日本経済新聞(日経)は16日(きょう)、日本経済研究センターの展望を根拠にこのように報じた。...
別窓で開く

フランス、2020年に中国へ「183億円」を援助していた……政界から批判の声=台湾報道
フランス国民議会のマルク・ル・フュウル副議長が、同国の中国に対する政府開発援助(ODA)を停止するよう呼びかけている。フランスの経済誌「キャピタル」によると、フュウル副議長は2022年のODA予算委員会特別報告人に任命されたことを受け、22年の財政計画付属報告書の内容を検討した。...
別窓で開く

「韓国にも追い越された」日本の実質賃金、30年間足踏み状態=韓国報道
30年間で韓国の年間平均収入は2倍に上がり、米国は4倍以上に跳ね上がったが、日本は事実上足踏み状態であることが分かった。20日付の朝日新聞は、経済協力開発機構(OECD)が物価水準を考慮して調査した「2020年 世界の購買力評価」資料を引用し、日本の実質賃金が年間424万円でOECD加盟国35ヵ国中...
別窓で開く

「コロナフリー」を目指すニュージーランドの、日本のメディアが伝えない不都合な真実
最大都市オークランドで新型コロナウイルスの市中感染が確認されたのを受けて、8月17日、ニュージーランドはおよそ1年半ぶりの全国的ロックダウン(都市封鎖)に突入しました。当時確認された感染者数は、わずか1人だけ。にもかかわらずロックダウンに踏み切る政府の強硬姿勢は、国内でも驚きをもって受け止められまし...
別窓で開く

<W寄稿>韓日間の「国家競争力・信用等級」逆転は相当部分が「錯視効果」だ=韓国経済の「時限爆弾」
韓国がIMD(国際経営開発研究所: International Institute for Management Development)の国際競争力ランキングが始まって以来、30年経って初めて、日本を上回ったと韓国メディアが一斉に報道した。2020年基準の韓国の国家競争力ランキングは23位となった...
別窓で開く


[ gdp oecd ] の関連キーワード

ニュージーランド フランス 小田切 gdp