本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



今なお強国の日本・・・「日本は本当に20年を失ったのか?」=中国報道
 1990年代のバブル崩壊から続く日本経済の停滞は「失われた20年」と呼ばれるが、中国メディアの今日頭条は7日、「日本は本当に20年を失ったのか」と題する記事を掲載した。 記事は、出張や旅行で日本を訪れた外国人は、日本の豊かさや清潔さを目の当たりにし、これほど現代化が進んだ国と「20年間の経済停滞」...
別窓で開く

突然停止したグローバル経済、投資家にとっての希望の光とは? <HSBC投信レポート>
新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な感染拡大と感染を食い止めるための対策を受けて、経済は「突然の停止」となった。深刻な景気後退は不可避と見られ、その影響についても多くの不確実性が存在する。市場は2008年の世界金融危機同様の事態を織り込んでいるが、今回は危機の性質が非常に異なる。...
別窓で開く

新型コロナウイルスへの政策対応、各国の動きは? <HSBC投信レポート>
新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大は、世界の公衆衛生上の緊急事態であり、世界経済に前例のないリスクをつきつけている。企業活動や家計所得が厳しいリスクに直面している中で、各国政府には革新的な解決策を見出すこととそれを迅速に実行することが求められている。しかしそれだけではなお十分ではない。...
別窓で開く

ずっと停滞している日本経済に「英独仏はなぜ追いつくことすらできないのか」=中国報道
 日本が長らく世界第2位の地位を保っていた国内総生産(GDP)で中国に追い越され、第3位に転落してから10年近くになるが、その後はその位置をキープしている。中国メディアの今日頭条は7日、「日本経済は20年失われたのに、なぜドイツ、英国、フランスは日本を追い越せないのか」と題する記事を掲載した。...
別窓で開く

収束見えぬパンデミック、「円」はどう動くのか? 外為オンライン佐藤正和氏
 世界中で「新型コロナウイルス」による感染拡大が止まらない。感染爆発している地域もイタリア、フランス、ドイツ、英国といった欧州に次いで米国にも拡大し、いまや米国だけで20万人が死亡するのではないか、という予測まで出ている。そんな中で、日本だけが異様なほど感染者数が抑えられているが、ここに来て急速にそ...
別窓で開く

世界コロナ不況で中小企業向け金融支援が急務。フィンテックには何ができる?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を受けて世界各国では経済不況とその長期化が心配されています。中でもSME(中小企業)を救うべく、まずは各国政府による緊急対策が重要ですが、中長期的には「金融」の真価が問われてくると思います。また、経済不況が長引くシナリオにおいては、世界最先端のフィン...
別窓で開く

「雑誌SK」アーカイブ|中東産油国はなぜ、サッカークラブを買うのか?
[サッカーキング No.004(2019年7月号)掲載]マンチェスター・シティの成功を考えるうえで、実質的なオーナーであるUAEのアブダビ・ユナイテッド・グループの存在を避けては通れない。同じくUAEのドバイにあるエミレーツ航空は多くのクラブのスポンサーとなり、パリ・サンジェルマンはカタールの投資部...
別窓で開く


[ gdp フランス ] の関連キーワード

hsbc ミック パンデ

<前へ12345678次へ>