本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「ソリティアリングって何だ?」ボードゲームでも有名な「ソリティア」という言葉の奥深さ!
「ソリティアリング」と聞くと何を思い浮かべるでしょうか。真っ先に一人遊び用のトランプゲームを連想した方もいらっしゃるかもしれません。実は、「ソリティアリング」は「一粒の石をあしらった指輪のデザイン」を指します。婚約指輪などでよく使われるデザインで、ティファニーやハリー・ウィンストンなど、各種のジュエ...
別窓で開く

6兆2000億円の対策ではまったく足りない  物価高対応の「話にならない」緊急対策
数量政策学者の高橋洋一が4月27日、ニッポン放送「飯田浩司のOK!Cozy up!」に出演。原油価格や物価の高騰に対して政府が決定した緊急対策について解説した。...
別窓で開く

日本の1970年代に相当する高度成長期を迎えたベトナム経済、「ロータス」の運用にみるベトナム株の魅力
 ファイブスター投信投資顧問が設定・運用する「ベトナム・ロータス・ファンド(愛称:ロータス)」は、2021年の1年間のトータルリターンが79.33%と類似ファンド分類平均(国際株式・エマージング・単一国・為替ヘッジなし)を54.97%上回った。ベトナムを投資対象国とするファンドの中でトップだった他、...
別窓で開く

ノーベル賞受賞学者が現在のロシアを“1944年の敗戦前の日本の姿、非自発的自立経済国”と批判=韓国報道
国際社会から超強度の経済制裁を受けているロシアの経済について、ニューヨーク市立大学の教授であり世界的な経済学者ポール・クルーグマン氏が第2次世界大戦末期の日本と似た状況だと分析した。クルーグマン氏は4日(現地時間)、ニューヨークタイムズ(NYT)に寄稿したコラムで「現在、ロシアはグローバル経済システ...
別窓で開く

ロシアへのSWIFT制裁、効き目は? 山口真由「ロシアは準備している可能性が」
ウクライナ侵攻したロシアに対し、アメリカ、イギリス、EUなどは26日(2022年2月)、ロシアを孤立させるための制裁が必要としてSWIFT(国際銀行間通信協会)からロシアの特定の銀行を排除すると発表した。SWIFTとは、世界各国の金融機関が貿易決済などに使うシステムで、排除されると商品を輸出しても代...
別窓で開く

権力闘争に五輪を利用する習近平主席と、これに乗ったIOCバッハ会長 「北京五輪はベルリン五輪を上回るワースト」青山?晴議員が指摘
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月27日放送)に作家で自由民主党・参議院議員の青山?晴が出演。中国の習近平国家主席とIOCのバッハ会長の北京市内での会談について解説した。中国の習近平国家主席は2022年1月25日、北京の釣魚台国賓館で国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長...
別窓で開く

プーチン、中国、北朝鮮、トランプ……2022年に『起きないこと』
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月14日放送)に外交評論家・内閣官房参与の宮家邦彦が出演。産経新聞での連載「宮家邦彦のWorld Watch」に書いた記事『2022年に起きないこと』について解説した。...
別窓で開く

「こども家庭庁」2023年に創設へ 予算とネーミングにZ世代の意見は
TOKYO MX(地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月〜金曜7:00〜)。12月24日(金)放送の「フラトピ!」のコーナーでは、“子ども関連予算”について取り上げました。◆「こども家庭庁」2023年に創設予定12月21日、子どもに関連した政策の司令塔となる「こども家庭...
別窓で開く

景気の実感とGDPがかけ離れている理由がわかった!
モノを中心とした実体経済から金融を中心としたヴァーチャルな経済への転換によって、ミドルクラスが減少し、こんにちの格差社会が生じた。本書「金融化の世界史」は、欧米の歴史を見直し、行き過ぎた金融部門の肥大に警鐘を鳴らす本である。「金融化の世界史」(玉木俊明著)筑摩書房■ピケティへの違和感から始まった著者...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。コロナ禍の「自粛経済」と東京オリンピック・パラリンピックの開催に揺れた2021年。...
別窓で開く