本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



岸田文雄首相は「異次元の少子化対策に挑戦する」と表明した。柱となるのは、①児童手当を中心とする経済的支援強化、②幼児教育や保育サービスなどの支援拡充、③働き方改革で、6月の「骨太方針」の策定までに、将来的な予算倍増の大枠を提示するとしている。出生率を高める政策で成果を上げているのがフランスだ。とくに...
別窓で開く

2022年12月初め、中国の習近平主席がサウジアラビアのリヤドに降り立った。その歓迎ぶりが、数カ月前に降り立ったアメリカ大統領のバイデンに比べ格段上のものであったことに、世界中は驚いたはずだ。それは、何もサウジアラビアが中国にとりわけご執心だという意味からではない。最近、アルゼンチンが優勝したサッカ...
別窓で開く

2023年早々、中国政府は人口が減少したことを発表しました。中国で少子高齢化が進んでいることは知られていたものの、想定以上の速い人口動態の変化に衝撃を受けた人は多かったようです。一方で2022年、世界人口は80億人を突破して増大していると国連が発表。世界における中国の影響力はこの先どうなっていくので...
別窓で開く

日米首脳会談 内容の濃い会談だったが、イベント性と発信力に欠けていた
産経新聞ワシントン支局長の渡辺浩生氏が1月16日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。1月13日に行われた岸田総理と米バイデン大統領の会談について語った。...
別窓で開く

岸田総理の欧米5ヵ国歴訪は「どのような成果」を残したのか
ジャーナリストの須田慎一郎が1月16日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。1月15日に帰国した岸田総理の欧米5ヵ国歴訪について解説した。2023年1月12日、日米宇宙協力枠組協定署名式〜出典:首相官邸HPより(https://www.kantei.go.jp/jp/101_k...
別窓で開く

「希望はマルクスか、アルゴリズムか?」成田悠輔×斎藤幸平が〈22世紀の資本主義〉を語る
 東京大学准教授の斎藤幸平さんと、イェール大学助教授の成田悠輔さんによる文藝春秋ウェビナーでの対談 「日本はゲームのルールを変えられるか?」 が、2022年11月27日に「文藝春秋 電子版」開催されました。その議論の一部をテキスト化した記事を公開します。◆ ◆ ◆■資本主義は“脱成長の敵”なのか成田...
別窓で開く

プーチン、習近平、北朝鮮、日本……2023年に「起きないこと」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が12月30日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。「2023年に起きないこと」について予測した。新年演説を行うロシアのプーチン大統領=南部ロストフナドヌー 撮影日 2022年12月31日 SPUTNIK AFP=時事 / 中国の習近平国家主席...
別窓で開く

経済成長論の権威であり、フランスをはじめ、世界最高峰の大学で教鞭をとるアギヨン教授が行った連続講義をまとめた書『創造的破壊の力:資本主義を改革する22世紀の国富論』の邦訳がついに出版された。20世紀の偉大な経済学者シュンペーターが提唱した「創造的破壊」をベースに資本主義の未来を語る本書から、経済が1...
別窓で開く

《トヨタ元副社長の大胆提言》経済効果は「GoToトラベル」をはるかに上回る!「高速道路定額化」でGDP35兆円増のススメ
「カイゼン」のDNAを受け継ぐトヨタ自動車元副社長が大胆提言「いますぐ高速道路を定額走りたい放題にせよ!」 から続く 前編冒頭に記した『日本列島改造論』から50年が過ぎ、日本は高速道路がまさに網の目のように張り巡らされた。地方と都市の距離は物理的には断然近くなった。「改造論」の説くところによれば...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。3誌ともに年内最終の合併号で、来年2023年の経済・社会を予測する内容になっている。...
別窓で開く


[ gdp フランス ] の関連キーワード

goto マルクス フランス 北朝鮮 トヨタ

<前へ123456789次へ>