本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



20年ぶりのドル高水準に警戒感 株価上昇の手がかり少なく......(4月18日〜22日)【株と為替 今週のねらい目】
米ドル円相場は、米国の利上げ幅の拡大懸念に伴い、日米の金利差の広がりが見込まれ、ドル買い・円売りが優勢になっている。それにより、約20年ぶりのドル高水準にあり、警戒感が強まっている。一方、中国の新型コロナウイルスの感染再拡大は都市封鎖が続いており、中国経済の悪化懸念が広がっている。ウクライナ情勢も不...
別窓で開く

抑止力として、いかに日本の技術力を軍備に転用させることができるか
慶應義塾大学教授・国際政治学者の細谷雄一が4月14日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。日本海で行われた日米共同訓練について解説した。...
別窓で開く

ロシア黒海艦隊がミサイルで炎上か。ロシアのGDPに占める「軍事費」の本当の割合とは
ロシア・ウクライナ間での軍事的争いが続いています。2022年4月14日、複数メディアが「ロシア黒海艦隊をウクライナ軍がミサイルで攻撃した」可能性があると報じました。また、同攻撃を受けてか、「艦隊が炎上している」とも伝えています。ところで、ロシアは軍事にどのくらいお金を費やしているのでしょうか。...
別窓で開く

「防衛費を上げるな」と言う人は数量的な分析では「戦争愛好者」 〜高橋洋一が指摘
数量政策学者の高橋洋一が4月13日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。日本の防衛費について解説した。陸上自衛隊が敵の電磁波情報の収集・分析や電波による通信妨害を行う「電子作戦隊」を発足。...
別窓で開く

このままでは「半年後に失業率が高まる」という根拠
数量政策学者の高橋洋一が4月13日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。39年ぶりに高水準となった企業物価指数について解説した。電話で話す、いのちの電話の女性相談員=2021年2月2日、東京都内 写真提供:時事通信3月の企業物価指数9.5%上昇、39年ぶり高水準日本銀行が4月1...
別窓で開く

ウクライナ危機の影に潜む「チャイナリスク」! それは、世界「食糧危機」を招くのか?
世界中がロシアのウクライナ侵攻に目を奪われている間に、別の世界経済の危機が進行しているようだ。チャイナリスクだ。ウクライナ情勢の悪化と中国経済の減速は、まず世界の食糧危機という意外なかたちから打撃を与えてくるかもしれない。いったいどういうことか。エコノミストの分析を読み解くと——。...
別窓で開く

ロシアが中国に飲み込まれ、「中国対西側」が最大の主戦場になる可能性も
ジャーナリストの佐々木俊尚が4月6日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。4月9日に日本で開催されるフィリピンとの「外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)」について解説した。...
別窓で開く

アメリカの失業率が新型コロナ前までに改善 〜心配される「日米の金利差」による日本への影響
ジャーナリストの須田慎一郎が4月4日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。アメリカの失業率が3.6%まで改善されたことを受け、日米の景気の違いについて解説した。...
別窓で開く

ウクライナ危機から1か月 円安ドル高、どこまで!? 気になる年度末の企業業績 への影響(3月28日〜4月1日)【株と為替 今週のねらい目】
ロシアによるウクライナ侵攻から1か月余。ロシア軍の攻撃はエスカレートしており、戦争が止む気配はない。そうしたなか、外国為替相場では円安進行が止まらない。円相場は1ドル=120円台と2016年2月以来、約6年1か月ぶりの円安ドル高の水準で推移している。多くの企業が年度末決算を迎えるなか、業績への影響が...
別窓で開く

税外収入が1200億円減っているのは「おかしい」 〜107兆余りの新年度予算が成立
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月23日放送)に数量政策学者の高橋洋一が出演。3月22日の参議院本会議で可決された新年度予算について解説した。ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」107兆余りの新年度予算が成立 〜追加経済対策検討へ過去最大の107兆5964億円を計...
別窓で開く


[ gdp ウクライナ ] の関連キーワード

ウクライナ アメリカ チャイナ ロシア