本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「反撃能力」は“いいか悪いか”ではない これ以外に抑止する手立てはない
青山学院大学客員教授でジャーナリストの峯村健司が5月23日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。これからの日本の防衛について解説した。舞洲で行われた航空自衛隊による地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の機動展開訓練=2022年5月19日午前、大阪市此花区 写真提供:産経新聞社日...
別窓で開く

「GDPマイナス!」日本経済どうなる? 回復阻む「ロシア・中国・米国」のトリプル危機、救いはインバウンド復活だが...
内閣府が2022年5月18日に発表した1〜3月期の実質GDP(国内総生産)速報値は、新型コロナの感染再拡大が尾を引いて前期比マイナス0.2%(前期比年率マイナス1.0%)と2四半期ぶりのマイナス成長となった。日本経済は回復に向かうのか。「まん延防止等重点措置」が解除され、5月の大型連休でも人の動きが...
別窓で開く

台湾有事の際、アメリカは日本を守ってくれるのか
ジャーナリストの佐々木俊尚が5月18日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ロシアによるウクライナ侵攻によって変化する各国の安全保障について解説した。...
別窓で開く

米国凋落に続く「中国経済減速」で世界経済どうなる? エコノミストが指摘...「北京など主要都市のロックダウンが怖い」
インフレの加速で先行き不透明感を増す米国経済に続き、中国経済の減速が鮮明になってきた。オミクロン株の感染再拡大が止まらず、経済の中心地・上海のほか主要都市のロックダウンが加速しそうだからだ。2つの超大国の落ち込みに世界経済はいったいどうなるのか。エコノミストの分析を読み解くと——。...
別窓で開く

「選挙目当てが過ぎる!」 岸田政権の緊急経済対策、新聞社説とエコノミスト総批判...「ガソリンより電気、ガスの対応を」の声も
「選挙目当てが過ぎないか」「国民に痛みを我慢させる受け身の対策でしかない」岸田文雄首相は2022年4月26日、物価高を受けた緊急経済対策を決めた。しかし、主要紙の社説やエコノミストたちからは、総スカン状態だ。今年7月に行われる参議院選挙を優先させたため、抜本的な構造改革がおろそかになっているというの...
別窓で開く

6兆2000億円の対策ではまったく足りない  物価高対応の「話にならない」緊急対策
数量政策学者の高橋洋一が4月27日、ニッポン放送「飯田浩司のOK!Cozy up!」に出演。原油価格や物価の高騰に対して政府が決定した緊急対策について解説した。...
別窓で開く

新政権が発足するまでは会わないのが「常識」  なぜ岸田総理は韓国代表団と面会したのか
数量政策学者の高橋洋一が4月27日、ニッポン放送「飯田浩司のOK!Cozy up!」に出演。4月26日に行われた岸田文雄総理と韓国代表団との面会について解説した。政治 会見する岸田文雄首相=2022年4月26日午後、首相官邸 写真提供:産経新聞社岸田総理、韓国代表団と面会岸田総理は4月26日、総理官...
別窓で開く

海外要人との会談が続く岸田総理の「今後の外交政策」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が4月19日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。岸田総理の外交政策について語った。2022年4月18日、日・スイス首脳会談〜出典:首相官邸ホームページ(https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actio...
別窓で開く

円安急加速1ドル=130円台目前! エコノミストが指摘...「投機筋の円売り」に拍車かける日銀の姿勢
円安が異常なスピードで加速している。2022年4月20日、外国為替市場で円が一時、対ドルで129円40銭をつけた。1ドル=114円台だった3月1日に比べて、1か月半程度で約15円、円安が進んだことになる。最大の要因は、米国の長期金利の上昇だ。円を売って金利が高いドルを買う動きが、一気に進んだ。...
別窓で開く

岸田首相の「緊急経済対策」にエコノミストの厳しい目...「ウクライナ情勢利用の選挙対策」「痛み止めの一時的効果」
円安の進行とエネルギー価格高騰による物価高などに対応するため、岸田文雄政権が緊急経済対策の策定を進めている。が、7月にある参議院選挙を見据えてのことだろうか、「バラマキ」的な対策案情報が流れてくる。これに対して、「痛み止めの一時的な効果しかない。長期的な対策を行わなくては!」「そもそも今、緊急経済対...
別窓で開く


[ gdp ウクライナ ] の関連キーワード

ウクライナ アメリカ ロシア gdp