本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



当事者にならざるを得ない日本、「抑止力をどうするか」を真剣に国会で議論するべき
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が6月17日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。自民党の参院選の公約について解説した。政治 自民党選対本部の看板前でポーズをとる自民党総裁の岸田文雄首相(右)ら=2022年6月15日午後、東京・永田町の自民党本部 写真提供:産経新聞社自民党が...
別窓で開く

長期投資家に「仕込み場」到来...東洋経済「株の道場」、ダイヤモンド「世界史に学ぶ」、エコノミスト「ドル没落」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■弱気相場に勝つ7大投資法「週刊東洋経済」(2022年6月18日号)の特集は、「仕込み場...
別窓で開く

「円安」が日本にとって有利である「理由」 高橋洋一が解説
数量政策学者の高橋洋一が6月14日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。東京市場での円・株・債券のトリプル安について解説した。円相場が1ドル135円台に突入、20年ぶり円安水準を更新した=2022年6月13日午後、東京都港区 写真提供:産経新聞社円相場、1ドル=134円40銭付...
別窓で開く

外務省は大反対だった 「骨太の方針」への「台湾」という文言の盛り込み
ジャーナリストの須田慎一郎が6月13日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。岸田総理大臣がシンガポールで発表した「平和のための岸田ビジョン」について解説した。...
別窓で開く

安倍元首相に振り回された岸田政権初の「骨太の方針」の舞台裏
岸田文雄政権は2022年6月7日の臨時閣議で、「経済財政運営と改革の基本指針(骨太の方針)」を閣議決定した。岸田政権下では初の骨太の方針で、看板政策である「新しい資本主義」の内容などを反映させた。ただ、5月末に示された原案と比べると財政健全化に向けた取り組みは後退し、代わって防衛費の拡大など財政出動...
別窓で開く

減速する中国経済、ロシアの侵攻は「一帯一路」にとって「吉」か「凶」か...習主席がウクライナの抵抗に衝撃受けた理由
やっと上海市のロックダウン(都市封鎖)を解除したとはいえ、中国経済の急減速はなかなか収まらない。厳格な「ゼロコロナ政策」の影響とともに、ロシアのウクライナ侵攻によって中国が進めている経済政策「一帯一路」が大きな打撃を受けている、と指摘する専門家もいる。一方で「漁夫の利」を得るのではないか、という見方...
別窓で開く

容姿いじられ外に出られない...。「いじり」と「いじめ」はどう違うのか。
 6月6日発売「AERA(アエラ) 6月13日号」(朝日新聞出版)の巻頭特集は、「「いじり」を考える」。青木さやかさんと和田秀樹さんの対談では、かつて「容姿いじり」がベーシックだったころ、見た目についていじられることが多かった青木さんが、当時どんな気持ちだったのかを告白している。...
別窓で開く

『サンデーモーニング』青木氏、「やっていいとは全く思わない」防衛費の増額を批判し賛否
5日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、ジャーナリストの青木理氏が防衛費の引き上げに否定的な見解を表明。その内容が物議を醸している。 番組は、岸田文雄首相がアメリカのバイデン大統領と会談後、記者会見で「日本の防衛力を抜本的に強化し、その裏付けとなる防衛費の相当な増額をする」と示したニュースを...
別窓で開く

独裁者に囲まれている日本 豹変する彼らに「成功しそうもない」と思いとどまらせるのが抑止力
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が6月3日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。「(骨太の方針に)防衛費をGDP比2%以上にするという目標を明記すべき」とした安倍元総理の発言について解説した。...
別窓で開く

現在の自衛隊の力では、ロシア軍が攻めて来た場合「3ヵ月」しか持たない
元内閣官房副長官補で同志社大学特別客員教授の兼原信克が5月30日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。国家安全保障戦略の改定について解説した。...
別窓で開く


[ gdp ウクライナ ] の関連キーワード

ウクライナ 外務省 ロシア 自衛隊