本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



防衛力強化で懸念される「2つ」のこと
数量政策学者の高橋洋一と、東京大学先端科学技術研究センター専任講師の小泉悠が8月31日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。2023年度予算の概算要求について解説した。ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」2023年度予算の概算要求締め切り財務省は各省庁からの要求を...
別窓で開く

強気のプーチン露大統領...ブーメランに苦しむ欧州、「抜け道」に群がる国々【ロシアへの経済制裁はなぜ効かない?】(上)
2022年2月24日にロシアがウクライナに軍事侵攻して半年が過ぎ、戦争は長期戦の膠着状態に入った。西側諸国はロシアに厳しい経済制裁を幾重にも科し、停戦圧力を加えてきたが、欧米が期待するような成果はあがっていない。むしろ、エネルギー危機が拡大して欧州に歴史的なインフレが襲来、市民生活が脅かされる事態に...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■この秋、食料品値上げの第2波「週刊東洋経済」(2022年9月3日号)の特集は、「食料危...
別窓で開く

8月31日に、2023年度予算の概算要求が締め切られる。各省庁が、目玉政策を推し進めようと予算要求にしのぎを削る中、防衛省は、過去最大の5兆5947億円を計上したうえで、具体的な金額を示さない「事項要求」を多数盛り込む概算要求案を作成した。事項要求は、今後の来年度予算編成の折衝の中で、金額を具体化し...
別窓で開く

有事の場合にアメリカは本当に来るのか? 台湾世論が「懐疑的」な理由 〜台湾とウクライナの共通項
数量政策学者の高橋洋一が8月24日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。日華懇会長の訪台、また中国経済の実情について解説した。台湾島周辺で空前規模の実戦的合同演習 東部戦区〔新華社=中国通信〕=2022年8月4日 中国通信/時事通信フォト古屋日華懇会長が台湾訪問、蔡総統と会談超...
別窓で開く

経営再建の行方は?...東洋経済「東芝の末路」、ダイヤモンド「軍事ビジネス&自衛隊」、エコノミスト「鉄道復活の条件」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■株式非公開化となるのか?「週刊東洋経済」(2022年8月27日号)は、「東芝の末路」と...
別窓で開く

“リモート公務”の今こそ、岸田総理は「内閣改造人事の意図」を国民に説明するべき 青山繁晴議員が指摘
作家で自由民主党・参議院議員の青山?晴が8月23日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。新型コロナウイルスに感染し、リモート公務を開始した岸田総理について解説した。...
別窓で開く

気になる「長期金利」の上昇傾向...それにともない、「住宅ローン金利」今後どうなる? 専門家が解説【1】(中山登志朗)
周知のように、ロシアのウクライナ侵攻を契機として、サプライチェーンが世界的に逼迫・弱体化しています。それにともない、エネルギーおよび資材価格、食糧価格の高騰を招いたことによって、国内でも消費者物価指数が上昇、インフレを誘発しています。■利上げ進める欧米、金融緩和続く日本アメリカのインフレは日本より深...
別窓で開く

アジア新興国経済、堅調を維持=中国経済の急減速、地域の近未来を左右—浅川アジア開銀総裁
アジア開発銀行(ADB、本部マニラ)の浅川雅嗣総裁がこのほど日本記者クラブで「アジア経済」をテーマに記者会見した。浅川総裁は、アジア新興国の2022年の国内総生産(GDP)成長率は4.6%と予想した。欧米や日本などの先進国や他地域の新興国が軒並み超低成長に陥る中で、アジア新興国(中国やインド、東南ア...
別窓で開く

世界経済、景気後退の崖っ縁? 中国の減速、エネルギー価格上昇、先進国の金融引き締めが招きかねない「債務危機」
世界経済は景気後退の崖っ縁——そんな悲観的な見方が広がっている。世界各国の中央銀行のとりまとめ役である国際通貨基金(IMF)は、世界経済の国内総生産(GDP)の実質成長率が2021年実績の6.1%から22年は3.2%に半減し、23年は2.9%と、さらに減速するとの見通しをまとめた。...
別窓で開く


[ gdp ウクライナ ] の関連キーワード

ウクライナ プーチン アメリカ ロシア アジア
自衛隊