本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ウォール街も真っ青!米国株暴落...エコノミストが危ぶむ「チャイナリスク」と「ロシアリスク」ダブルパンチ
米国株暴落が止まらない。2022年5月9日、ついに今年の最安値を更新した。5月4日に米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)が利上げを決めたことがきっかけだが、それだけではないようだ。いったい、米国経済に何が起こっているのか。エコノミストの分析を読み解くと——。■火をつけたのは「中国経済の...
別窓で開く

UNIVERSITY of CREATIVITY(UoC)の近藤ヒデノリ(Hide)と平井美紗(Misa)がお届けするinterfmの番組「UoC Mandala Radio」。クリエイターに“ワクワクする社会創造の「種」を聞く”というテーマで、毎回さまざまな領域で社会創造をおこなっているゲストを招...
別窓で開く

「この戦争の最大の勝者は中国だ」ウクライナ危機で東アジアに異変…世界屈指の政治学者が指摘する“米国のミス”
 ロシアがウクライナに軍事侵攻してから2カ月以上が経った。ロシア軍による激しい攻撃が続くが、ウクライナは米国の軍事支援を受けて徹底抗戦の構えを崩さず、攻防は長期化している。 そうしたなか、米中対立を早期から予言してきたシカゴ大学政治学部のジョン・ミアシャイマー教授(74)が「文藝春秋」のインタビュー...
別窓で開く

好調だった日本がなぜ?世界でのあらゆる競争に敗北—韓国メディア
2022年5月8日、韓国メディア・韓国経済は、「好調だった日本がなぜ?『世界でのあらゆる競争に敗けた』とため息」と題する記事を公開した。記事によると、日経平均株価が史上最高値の3万8915円を記録した1989年以降、日本電産や村田製作所など京都に本社を置く上場企業の時価総額は300%以上増加したが、...
別窓で開く

20代の2人に1人「結婚しても、こどもを産まなくていい」=韓国
韓国の20代青年の2人に1人以上は「結婚しても、こどもを産まなくてもいい」と考えていることが調査された。これは、「結婚および出産に対する価値観の変化」を示したものだとみられる。「結婚後、“出産”は必須ではなく選択問題だ」という認識の変化が定着したものと分析された。...
別窓で開く

21世紀に日本を「戦争のできる国」にするのはバカげている(三枝成彰)
 21世紀はもはや“戦争の世紀”ではない。プーチンのようにマッチョイズムを信奉し、「強い指導者」たらんとする政治家は、どんどん取り残されていくだろう。どのような理由があろうと、他国の領土や主権を蹂躙(じゅうりん)することなど、あってはならないからだ。 ご存じだろうか? 世界各国の「幸福度ランキング」...
別窓で開く

<W寄稿>日本にとって祝福となる円安と韓国にとって災いとなるウォン安(3)
同時に円安は「観光大国 日本」を実現させる強力な武器になる。観光客が多くなると不便な点も出てくるが、経済活性化という大きな恩恵を受ける。日本を訪れた観光客は、2015年に1970万人、2016年に2400万人、2017年に2800万人、2018年に3119万人、2019年年に3188万人と増加傾向だ...
別窓で開く

中国31省が第1四半期の経済データを発表 11省が1兆元超え
中国31の省・区・市がこのほど、今年第1四半期の経済成長に関する指標を相次いで発表しました。各地の経済総量を見ると、今年の第1四半期は31省すべてがある程度増加し、広東省、江蘇省、山東省など11省のGDPは1兆元(約19兆7000億円)を超えました。この11省の経済総量を合わせると約18兆元(約35...
別窓で開く

日本の経常収支が赤字になった。ウクライナ情勢で原油をはじめとする資源価格が高騰しているためだ。 しかし、日本以上に原油輸入に頼る韓国は経常収支の黒字を続けている。これは、両国の貿易構造に違いがあるからだ。 日本は海外生産が増える中、貿易黒字が縮小し経常収支赤字が続く可能性がある。 円安が進み、経常収...
別窓で開く

勤め先からの自立のススメ...副業で成功するには「稼げるライフワーク」見つけよう!【尾藤克之のオススメ】
今回紹介するビジネス書「40代からは『稼ぎ口』を2つにしなさい 年収アップと自由が手に入る働き方」の著者、坂下仁さんは、非営利型一般社団法人「お金のソムリエ協会」を主宰する元銀行員。某メガバンク前身の大手銀行に新卒で入行し、25年以上にわたって最前線で働いてきました。...
別窓で開く