本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【金(ゴールド)が値上がりする4つの要因】やはりハイリスクな金融商品である理由
(※写真はイメージです/PIXTA)NISAやiDeCoなどが広まったことで「投資」という言葉を耳にする機会が増えました。しかし、投資にはリスクが伴うため、不安を抱く人も多いのではないでしょうか。そこで本連載では、投資アドバイザーの若林史江氏による著書『証券口座の開き方から教えます! 投資の学校1年...
別窓で開く

「黒海封鎖」プーチンに経済制裁効かない? エコノミストが指摘「ロシアにはまだカネがある」「優秀でしたたかな、テクノクラートが救いだ」
ウクライナ侵攻から1年半。ロシアは世界の食糧危機を人質に、「黒海封鎖」という暴挙に出た。西側諸国の経済封鎖などまるで効いていないかのようだ。そのうえ、戦時中の国としては考えにくい大幅な利上げに踏み切った。プーチン大統領のこの自信たっぷりのふるまい。ロシア経済はどうなっているのか。エコノミストの分析を...
別窓で開く

どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!■東京株式市場 強含みの展開か 日銀は金融政策の現状維持との見方だが...東京株式市場見通し(7月24日〜28日)日経平均株価予想レンジ:3万1800円〜3万3000円今週の東京株式市場の日経平均株価は、強含みの展開か。前週の東京株式市場の日経平均株価は、反...
別窓で開く

生産性向上が先か、賃上げが先か−賃上げを起点に縮小均衡から拡大路線への転換を
(写真はイメージです/PIXTA)G7各国について2021年の賃金水準の推移をみると、1990年を起点に日本以外の国は2倍から3倍近い以上の水準となっているのに対し、日本は5.5%とほぼ横ばいでした。本稿では、ニッセイ基礎研究所の斎藤太郎氏が、日本の労働者の賃金動向と賃金が上がらない理由を考察します...
別窓で開く

「ガソリン補助金」出すのはいいが「いつまでやるのか」
元内閣官房副長官で慶應義塾大学教授の松井孝治が7月21日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。内閣府が前年度比2.6%と予測した物価上昇率について解説した。※画像はイメージです内閣府が物価上昇率を2.6%と予測内閣府は7月20日の経済財政諮問会議で、2023年度の消費者物価指数...
別窓で開く

【23年経済成長率予想】ASEAN諸国は引き下げも「フィリピン」は高成長維持の理由
写真:PIXTA一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングのエグゼクティブディレクターの家村均氏が、フィリピンの現況を解説するフィリピンレポート。今回は、アセアン各国とフィリピンを比較しながら、2023年の経済成長予測を中心にみていきます。...
別窓で開く

経済安保と成長戦略−分断の世界で日本はどう成長するか
(写真はイメージです/PIXTA)21年10月に岸田政権が掲げた「新しい資本主義」には、成長戦略の1つとして「経済安保」が盛り込まれました。成長戦略に経済安保を入れることを不思議に思う向きもありましたが、経済安保の強化は世界的な流れであり、日本にもこれを強化する仕掛けづくりが求められています。...
別窓で開く

中国不動産大手の超ド級赤字が、金融危機の導火線に? エコノミストが指摘「世界が高インフレと戦うなか、中国だけデフレ」「日本株は来年急降下する?」
中国経済がおかしい。悪化する世界経済にあって、唯一、牽引役として期待されているのに、相次いで発表される経済指標が、中国経済の失速を示している。欧米が高インフレにあえいでいるというのに、ただ一人「デフレ」傾向さえ示している。そこに、大手不動産の超ド級巨額負債が明らかになった。「中国発金融危機」の導火線...
別窓で開く

 19日前場の香港マーケットは、主要80銘柄で構成されるハンセン指数が前日比233.32ポイント(1.23%)安の18782.40ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が83.15ポイント(1.30%)安の6316.94ポイントとそろって続落した。売買代金は549億5030万香...
別窓で開く

中国恒大集団、債務超過か 「中国は今後、不安だ」辛坊治郎が指摘
キャスターの辛坊治郎が7月18日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。経営危機に陥っている中国の不動産大手、中国恒大集団が17日発表した2021年12月期、22年12月期連結決算の最終損失合計は約5819億元(約11兆2000億円)で、22年末時点の...
別窓で開く


[ gdp ] の関連キーワード

フィリピン asean fomc ロシア