本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



支持率低下止まらない岸田政権 「アメリカ訪問」と「予算案成立」を花道に「退陣」の可能性も
数量政策学者の高橋洋一が11月22日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。衆議院予算委員会での実質的な審議が始まった補正予算案について解説した。...
別窓で開く

5兆円をバラまいても、8割は貯蓄に回る!? 岸田「所得税減税」のコスパを徹底検証!!
10月7日に税収の還元案を発表して以来、異例のスピード感で実現に向かっている。岸田首相の掲げる成果は果たして見込めるのか?「選挙対策」「高齢者へのバラマキ」などの批判も噴出する中、所得税減税が実現に向けて本格的に動き出した。...
別窓で開く

「子は欲しいけどお金が」苦しむ日本人だが…フランスの「日本とはまるで違う」事情
(※画像はイメージです/PIXTA)高卒と大卒では初任給が4万円以上変わり、生涯年収ともなれば4,500万円以上の差が開く(厚生省調べ)。それなら大学に行かせてあげたい、よい教育を受けさせたいと思うのが親心だが、「子どもは欲しいけど、育てられるお金がない」と嘆くサラリーマン家庭も多い。国の助けは期待...
別窓で開く

世界的な経済学者の深尾京司教授「韓国経済の中国依存・不動産価格の高騰・少子化深刻」=韓国報道
一橋大学の深尾京司教授は、韓国に高い関心を持つ世界的な経済学者だ。2003年から2004年にかけて日韓自由貿易協定(FTA)交渉が行われていた当時、深尾教授は専門家として日本政府に助言し、2010年にも「朝鮮半島の統一が日本に及ぼす費用便益の分析」というタイトルの研究で韓国に対する分析を行ってきた。...
別窓で開く

東京オフィス賃料は下落継続。物流市場は大量供給の影響で空室率が上昇−不動産クォータリー・レビュー2023年第3四半期
(写真はイメージです/PIXTA)2023年7月〜9月の東京オフィス賃貸市場では、東京Aクラスビルの成約賃料が下落し、空室率が上昇する結果となりました。一方、物流賃貸市場でも、首都圏・近畿圏ともに空室率が上昇しています。本稿ではニッセイ基礎研究所の吉田資氏が、2023年第3四半期の不動産市場の動向に...
別窓で開く

16日に米サンフランシスコで日韓首脳会談開催=韓国報道
共同通信によると、日韓首脳会談が米国現地時間の16日にサンフランシスコで開かれる。同通信によると、日本政府は岸田首相とユン・ソギョル(尹錫悦)大統領が16日に米サンフランシスコで会談を行うと明らかにした。岸田首相と尹大統領はサンフランシスコで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議への参...
別窓で開く

「核の管理」をAIにさせるべきか AIの軍事利用では人間の生存が考慮されなくなる可能性も
ジャーナリストの佐々木俊尚が11月15日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。岸田総理の訪米について解説した。※画像はイメージです(AI生成)岸田総理が訪米、APEC首脳会議に出席アジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議に出席するため、岸田総理大臣は11月15日から5日間...
別窓で開く

岸田政権 支持率低下で「青木率」の危険領域までポイント下がる
ジャーナリストの佐々木俊尚が11月15日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。政務三役の連続辞任について解説した。...
別窓で開く

株価は割高、政治は不透明…それでも米国経済が「突出して強い」納得の理由【経済の専門家が解説】
(※写真はイメージです/PIXTA)かつて“世界の警察”といわれた米国ですが、近年そのプレゼンスは急激に低下しています。中間層の没落に民主・共和両党の求心力低下、議会の機能不全など、政治・経済の面で「米国は衰弱している」といった声が聞かれるようになりました。しかし、株式会社武者リサーチ代表の武者陵司...
別窓で開く

日本人の“給与”はなぜ上がらないのか…実質賃金上昇に不可欠な「生産性」を押さえつける〈重石〉の正体【エコノミストが解説】
(※写真はイメージです/PIXTA)多くのサラリーマンが賃上げを願っていますが、仮にすべての労働者が賃上げされると、物価も上昇し、「実質賃金」は伸び悩むことになります。経済学で「合成の誤謬」と呼ぶこのパラドックスを打開するカギは、どこにあるのでしょうか。...
別窓で開く


[ gdp ] の関連キーワード

サンフランシスコ フランス アメリカ