本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【日経平均株価】日本株は高値圏へ。3万円も視野に入る
■日経平均は一時、2万8000円直前まで上昇2022年7月22日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は、前日比111円66銭高の2万7914円66銭となりました。6月上旬以来の高値圏となっています。7日続伸です。7連騰は3月以来です。米株式相場が上昇していることなどを受けて、東京市場でも買われる展開...
別窓で開く

世界最高水準の韓国の賃金上昇率、インフレ悪化にも作用か・・・シンクタンク分析
賃金上昇が物価に与える影響が過去と比較して大きくなっているという分析が韓国で提起されている。韓国経済研究院(KERI)は21日、「賃金引き上げが物価変動に与える影響」報告書を通じてこのように明らかにした。KERIの分析によると、賃金が1%上がると消費者物価は0.6%上昇し、生産は0.8%減少すること...
別窓で開く

ようやく一服? 日経平均株価は3週続伸 好調な企業決算で米国株上昇に乗る(7月25日〜29日)【株と為替 今週のねらい目】
東京株式市場の日経平均株価が、ようやく落ち着いてきたようだ。先週(2022年7月18日週)までに3週続伸。2万8000円台を視界に入れた。当面のターゲットは6月9日の2万8389円。けん引するのは米国株。引き続き日米の金利差は気になるところだが、ドル円相場は米国の大幅利上げの拡大観測が後退したことに...
別窓で開く

物価は高騰しているのに賃金は下降…いまの日本に必要なのは“稼ぐ力”?
意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「円安と物価高」です。放っておけば改善する問題ではない。稼ぐ力が必須!現在、1990年代以来の円安が急速に進んでいます。一番の危機は、当時と違い、今の日本は“稼ぐ力”が失われてしまっているとい...
別窓で開く

円安加速、火に油!黒田日銀総裁「利上げ全くない」 エコノミストが批判...「危機感ない」「本家米国では欠陥政策」「岸田首相の出番」
日本銀行は2022年7月21日の金融政策決定会合で、大規模な金融緩和策の継続を決めた。黒田東彦総裁は、日米金利差を背景に24年ぶりの円安が進む中でも「金利を引き上げるつもりは全くない」と強調した。黒田発言を受けて、一服していた円安が再び加速、東京外国為替市場では1ドル=138円台後半まで進んだ。...
別窓で開く

プーチン大統領の逆襲で加速、「欧州経済の減速」 エコノミストが指摘「エネルギー不足」「ユーロ安」「イタリア危機」...今冬を乗り越えられるか?
ロシアがウクライナに侵攻してから5か月。欧州では記録的なインフレが収まらない状態だ。ここにきて、欧州の経済制裁に対するロシアの「報復」と見られる天然ガス供給ストップも加わり、企業の生産活動や市民生活に直結するエネルギーを確保できるか、正念場を迎えている。米国に続き欧州まで景気が減速すれば、世界経済は...
別窓で開く

韓国が日本を1兆円下回る…直接投資受入額 「最低賃金引上げで悪化」研究機関分析
昨年、韓国に対する外国人直接投資(FDI)が2019年比で30%以上増加したが、日本には3年連続で遅れをとったことが分かった。19日、韓国の全国経済人連合会(全経連)は、コロナ19事態以後、国内総生産(GDP)基準の主要10カ国のFDI変化特徴と、FDI活性化のための国内政策課題を発表した。...
別窓で開く

「黄金の3年」手にした岸田氏...安倍元総理不在が及ぼす政策への影響とは
第26回参議院選挙で、与党が大勝した。衆院を解散しない限り2025年までは国政選挙がなく、岸田文雄首相にとっては選挙を気にすることなく政策に打ち込める「黄金の3年間」を手にしたことになる。■「後ろ盾」安倍氏不在、「アベノミクス」軌道修正ありうるか?「難局を乗り切るためには平時ではない、有事の政権運営...
別窓で開く

2027年の中国人民解放軍の建軍100周年を控え、これまでにない緊張感が走っている国際社会。特に危険の迫る隣国日本は、中国の表層を理解するだけでは正しい対中政策は行えない。長いあいだ中国に対して「関与政策」をとってきたアメリカは、トランプ大統領就任後からは政策をいきなり180度転換させ、徹底的に対抗...
別窓で開く

韓国の物価高は過度な通貨供給が原因…シンクタンク分析
サプライチェーンの支障による国際原材料価格の上昇とコロナ下で過度に増えた通貨量が、韓国の物価高騰の主な原因であるという主張が提起された。12日、韓国経済研究院(KERI)は報告書「最近の物価急騰の原因分析および示唆点」を通じてこのように明らかにした。...
別窓で開く


[ gdp ] の関連キーワード

アメリカ イタリア