本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



中国経済減速でも世界の一流企業は積極姿勢 強まる中国悲観論の中でブレない長期展望の軸を持つ
1.中国経済減速の実態 本年3月下旬から5月にかけてゼロコロナ政策に基づく上海の都市封鎖が行われて以降、中国経済の減速が目立っている。 第2四半期の実質GDP(国内総生産)成長率は前年比+0.4%、第3四半期も同+3.9%にとどまった。 11月15日に公表された10月の月次データを見ても、生産、輸出...
別窓で開く

孤軍奮闘するインド、いま見直されるインド株式ファンドの魅力
 米国をはじめ世界の株式市場が景気後退懸念によって調整色を強める中、史上最高値を更新するインド株式の強さが注目されている。インドは人口が約14億人と中国に匹敵する大きな人口を抱え、国内に大きな消費市場が育ち、世界の経済減速とは一線を画した成長が期待できる。...
別窓で開く

「GDP4期ぶりマイナス!」 プラス予想の市場ショック...日本経済、大丈夫か? エコノミストが指摘する「明るい材料」と「悪い材料」とは
内閣府が2022年11月15日発表した今年7月〜9月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前期(4月〜6月期)と比べて0.3%減(年率1.2%減)となり、4期ぶりにマイナスとなった。日本経済研究センターの事前調査(ESPフォーキャスト)では、35人のエコノミスト全員がプラス成長を予測していたが、それ...
別窓で開く

限界にきている「国連」の枠組み “独裁”中露との向き合い方に「誰も答えを持っていない」西側諸国
ジャーナリストの佐々木俊尚が11月16日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。限界にきているG20や国連の枠組みについて解説した。2022年11月15日、食料及びエネルギー安全保障を議題としたセッション〜出典:首相官邸HPより(https://www.kantei.go.jp/...
別窓で開く

円安は、輸出比率の高い製造業には追い風となる。決算の上方修正が続出するかもしれない。製造業を長年研究してきた藤本隆宏氏は、今こそ日本経済を「設備投資増→輸出再拡大・増産→価格・付加価値アップ→利益・賃金の同時アップ→人員確保と生産性向上で増産」の好循環軌道に戻すチャンスだという。長期視点で、日本の製...
別窓で開く

「出産準備金」新設は効果なし! 結婚、子育てが損になる国・日本…欧米との違いを専門家が解説
 コロナ禍で少子化が加速、来年の出生数は80万人割れ必至の様相だ。政府は出産準備金として妊婦1人当たり10万円相当の支給や、伴走型子育て支援を始めようとしているが、これで歯止めがかかるものか。家族社会学の第一人者が指摘する少子化問題の原因と対策。【山田昌弘/中央大学教授】 *** 日本の少子化は、い...
別窓で開く

日本が世界1位を走り続ける「経済複雑性」とは? 一方、マイナスの側面も
 かろうじてGDP(国内総生産)では世界第3位だが、すぐ後ろにはドイツやインドが迫っている。労働生産性ではG7中最下位だ。近年、経済力のランキングを落としてばかりいる日本だが、意外にも世界のトップを走り続けている経済指標がある。「経済複雑性指標(ECI)」だ。 経済紙の記者が言う。「もともと一国の経...
別窓で開く

1ドル=138円!「円高サプライズ」は吉か、凶か? エコノミストが指摘...クリスマス前祝に沸く米市場に同調は禁物、米経済減速はさけられないから
思わぬ「円高」サプライズが続いている。2022年11月10日に発表された10月の米CPI(消費者物価指数)が市場予想以上の伸び鈍化だったため、米の株高・債券高・ドル安が一気に進んだ。このあおりを受けて同日、ドル円レートは1ドル=146円台から140円台に円高に振れた。さらに翌11日の欧米市場では、1...
別窓で開く

「GDP比2%」の防衛費が「財務省の数合わせ」になってしまっては意味がない
青山学院大学客員教授でキヤノングローバル戦略研究所主任研究員の峯村健司が11月10日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。岸田総理が表明した「総合防衛費」の創設について解説した。...
別窓で開く

カタールW杯にも見える世界の経済成長。日本が相対的に貧しくなっているのはなぜか
奥野一成のマネー&スポーツ講座(9)〜日本の経済力を考える 前回は野球部顧問の奥野一成先生から、日本と海外では、移籍や転職についての考え方がだいぶ違うという話を聞いた3年生の野球部女子マネージャー・佐々木由紀と新入部員の野球小僧・鈴木一郎。ひとつの会社に就職してそこで一生働くという意識は、もはやふた...
別窓で開く


[ gdp ] の関連キーワード

カタール 財務省 インド