本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


 政府は「経済財政運営と改革の基本方針2022」を作成した。新しい資本主義に向けた重点分野として、「人への投資」を挙げ、働く人への分配を強化する賃上げを推進するなどとしている。カギとなるのは、適切な経済財政運営の実行である。大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略によって、いかに...
別窓で開く

韓国中銀が追加利上げか 通貨政策会議の議事録で判明…「米に先んじて」
韓国銀行(中央銀行)の金融通貨委員会(金通委)委員5人のうち4人が、先月開かれた通貨政策方向会議において追加基準金利の引き上げが必要であると述べたことが分かった。これにより韓国銀行が7〜8月まで連続で金利を上げる可能性が高くなったとみられる。...
別窓で開く

長期投資家に「仕込み場」到来...東洋経済「株の道場」、ダイヤモンド「世界史に学ぶ」、エコノミスト「ドル没落」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■弱気相場に勝つ7大投資法「週刊東洋経済」(2022年6月18日号)の特集は、「仕込み場...
別窓で開く

「円安」が日本にとって有利である「理由」 高橋洋一が解説
数量政策学者の高橋洋一が6月14日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。東京市場での円・株・債券のトリプル安について解説した。円相場が1ドル135円台に突入、20年ぶり円安水準を更新した=2022年6月13日午後、東京都港区 写真提供:産経新聞社円相場、1ドル=134円40銭付...
別窓で開く

「強制貯蓄が自然に溶ける」ならば、既に消費は伸びているはず 〜経済を回すためには「呼び水」が必要
数量政策学者の高橋洋一が6月14日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。日銀が議論するコロナ対応の終了について解説した。金融政策決定会合 日銀・黒田東彦総裁が会見=2022年4月28日午後、日銀本店(代表撮影) 写真提供:産経新聞社日銀がコロナ対応策の終了について議論へ日本経済...
別窓で開く

【上海IPO】軍用大型ドローンの中航(成都)無人機系統が15日に公募開始、1億3500万株発行予定
 上海証券取引所の科創板への上場を目指している、中航(成都)無人機系統(688297/上海)が6月15日、新規公開(IPO)に向けた公募を開始する。1億3500万株を発行予定で、公募価格は32.35元。公募終了後、速やかに上場する見込みだ。  同社は2007年に成都空天高技術産業基地として設立した国...
別窓で開く

外務省は大反対だった 「骨太の方針」への「台湾」という文言の盛り込み
ジャーナリストの須田慎一郎が6月13日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。岸田総理大臣がシンガポールで発表した「平和のための岸田ビジョン」について解説した。...
別窓で開く

「積み上げれば10兆円規模」の防衛費は補正予算でなく「当初予算で積み上げる」ことが必要
ジャーナリストの須田慎一郎が6月13日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。日本の防衛費について解説した。政治 自民党政調全体会議であいさつする高市早苗政調会長=2022年6月6日午後、東京・永田町の自民党本部 写真提供:産経新聞社高市政調会長、防衛費は「必要なものを積み上げて...
別窓で開く

【解説】韓国はIPEF参加でGDP最大2.1%増加予想 中国による報復リスクを凌駕
米国が主導する新たなインド・太平洋地域の経済協力体系であるIPEF(Indo−Pacific Economic Framework/インド・太平洋経済フレームワーク)に参加することで、韓国は国内総生産(GDP)が最大2.12%増加するとの分析が出ている。...
別窓で開く

「昭和」を捨てよう! 日本再生へ、これからの時代どんな「心構え」が必要か?
2025年は3年後である。どんな年かと思ったら、団塊の世代が後期高齢者(75歳以上)になる年だそうだ。昭和を牽引してきた世代がいよいよ「引退」する。本書「2025年日本経済再生戦略」(SBクリエイティブ)は、元日本マイクロソフト代表取締役社長の成毛眞さんと経営共創基盤(IGPI)グループ会長の冨山和...
別窓で開く


[ gdp ] の関連キーワード

ipef 外務省 ipo