本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



防衛費“5兆円増”で自衛隊が購入すべき兵器は? 専門家が「トマホーク」を挙げる理由
 防衛費の増額問題が、にわかに脚光を浴びている。時事通信は5月26日、「防衛費増へ調整着手 公明理解、規模焦点に 政府・与党」の記事を配信、YAHOO!ニュースのトピックスに転載された。 *** 記事のポイントと言える部分を2箇所、引用させていただく。《自民党は勢いづく。...
別窓で開く

一冊の「お金」の本が世界的に注目を集めている。『The Psychology of Money(サイコロジー・オブ・マネー)』だ。ウォール・ストリート・ジャーナル紙のコラムニストも務めた金融のプロが、ビジネス、投資、資産形成、経済的自立のために知っておくべき教訓を「人間心理」の側面から教える、これま...
別窓で開く

安倍元首相が画策する「岸田包囲網」 菅前首相、二階氏と相次ぎ会食で政権に揺さぶり
 安倍元首相が活発に動き回っている。 5月31日は菅前首相と都内のフランス料理店で会食。それぞれの夫人を同伴していたことが注目を集めた。直前の27日に麻生元首相が菅前首相を自宅に招き、双方の夫人を交えて会食したことがニュースになったばかりだったからだ。 安倍元首相は菅前首相に対し、「派閥・グループ化...
別窓で開く

中露につけこまれない日米関係を作るには 首脳同士の「作法と気概」
 ロシアのウクライナ侵攻を機に、首脳外交が活発化している。国家の関係を左右するのは、結局のところ、最高首脳同士の相性だ。 日米関係でいえば岸田文雄首相とジョー・バイデン大統領は足並みをそろえたが、過去にも中曽根康弘首相とロナルド・レーガン大統領、小泉純一郎首相とジョージ・W・ブッシュ大統領、安倍晋三...
別窓で開く

アメリカ国民にシラけムード…バイデン政権はウクライナどころではなくなりつつある
 米国で「経済を犠牲にしてでもロシアへの制裁を続けるべきだ」との意見を支持する人の割合が減ってきている。 AP通信が5月24日に発表した世論調査によれば、「米国の最優先事項はロシアに可能な限り効果的な制裁を科すことである」と回答した人は45%となり、3月の55%から10ポイント低下した。...
別窓で開く

物価が高騰しているのに岸田内閣の支持率も上昇、なぜ?—華字メディア
2022年5月31日、華字メディア・日本華僑報網は、「日本の物価が高騰しているのに、岸田文雄内閣の支持率も上昇しているのはなぜか」とする文章を掲載した。以下はその概要。内閣府が5月18日に発表した2022年1〜3月期の実質国内総生産(GDP)成長率は年率換算で前期比1.0%減と、21年10〜12月期...
別窓で開く

◆にわかに盛り上がる「敵基地攻撃」論 ロシアによるウクライナ侵攻というまさかの現実を前にして、ロシア、中国、北朝鮮という非友好的諸国と隣接しているわが国では、にわかに国防論議が盛んになってきた。 政権政党・自民党の安全保障調査会は、「敵基地攻撃(反撃)能力」(先制攻撃能力?)の保有、防衛費をGDP2...
別窓で開く

2カ月「国会中継」なしのNHK 言い訳は「大相撲放送」の要望もあるから
5月26日、NHK総合で衆議院予算委員会が中継された。3月28日以来、じつに2カ月ぶりの国会中継だった。《#国会中継をしてください》ツイッターでは、こんなタグとともに、国会のテレビ中継を求める声が高まっていた。これほどまで、中継の間隔が空いたのは、2015年9月16日から11月9日まで放送がなかった...
別窓で開く

 日本商工会議所、全国商工会連合会、全国中小企業団体中央会は4月21日、連名で「最低賃金に関する要望」を発表し、中小・小規模事業者の経営実態を十分に考慮した納得感のある最賃引上げを実施すべきと提言した。生計費、賃金、企業の支払い能力を前提とした議論に基づき、経済実態と整合性のある最賃引上げを要望する...
別窓で開く

スティーブ・ジョブズのような「飛び抜けた天才」が出ない日本に「必要なこと」
ジャーナリストの佐々木俊尚が6月1日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。メディアプラットフォーム「note」に寄稿した『江戸日本の「勤勉革命」は21世紀に「勤勉敗戦」に陥っている』という論考について語った。音楽配信サービス「アップルミュージックストア」が日本上陸。...
別窓で開く