本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


容姿いじられ外に出られない...。「いじり」と「いじめ」はどう違うのか。
 6月6日発売「AERA(アエラ) 6月13日号」(朝日新聞出版)の巻頭特集は、「「いじり」を考える」。青木さやかさんと和田秀樹さんの対談では、かつて「容姿いじり」がベーシックだったころ、見た目についていじられることが多かった青木さんが、当時どんな気持ちだったのかを告白している。...
別窓で開く

「積極財政派」と「財政再建派」の間で大バトルとなった自民党「政調会」
ジャーナリストの須田慎一郎が6月6日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。夏の参議院選挙の日程について解説した。ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」自由民主党の茂木幹事長、参院選公示は6月22日と明言自由民主党の茂木幹事長は6月4日、山梨県甲府市で開かれた党の会合...
別窓で開く

『サンデーモーニング』青木氏、「やっていいとは全く思わない」防衛費の増額を批判し賛否
5日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、ジャーナリストの青木理氏が防衛費の引き上げに否定的な見解を表明。その内容が物議を醸している。 番組は、岸田文雄首相がアメリカのバイデン大統領と会談後、記者会見で「日本の防衛力を抜本的に強化し、その裏付けとなる防衛費の相当な増額をする」と示したニュースを...
別窓で開く

—[言論ストロングスタイル]— ◆岸田外交をそこまで持ち上げていいのか 岸田首相の褒めるべき点は、二つ。一つは、何もやらないことで、支持率を下げないどころか、高支持率なこと。もう一つはマスコミを手なずけていることだ。リベラル色が強いと見られているので朝日が、既得権益の利益代表だと見られているので読売...
別窓で開く

JR東海の葛西敬之名誉会長が間質性肺炎のため5月25日に死去した。81歳だった。葛西氏とのエピソードで最も印象深いのが、2009年11月に行われた英『エコノミスト』誌元編集長の知日派ジャーナリスト、ビル・エモット氏と葛西氏の対談である。その内容は本誌2009年12月12日号に掲載された。もともとの計...
別窓で開く

株価上昇か!? 米国の利上げ停止で長期金利が低下(6月6日〜10日)【株と為替 今週のねらい目】
米国の相次ぐ利上げが景気に悪影響を与えるとの見方から、利上げの一時停止観測が強まり、長期金利が低下したことを背景に、米国株が回復に向かっている。この流れを受けて、東京株式市場の日経平均株価も大きく上昇した。一方、ドル円相場は日米の金利差によるドル買い選好がくすぶる。引き続き、注目したい。...
別窓で開く

年金問題「少子高齢化で破綻」は間違い? 支給額が50年前より増えている理由とは
 少子高齢化の中「いつ破綻するかわからない」というイメージが強い年金制度。自分たちはもらえないのではないかと若い世代ほど不安になりがちだ。でも待ってほしい。その印象は本当に正しいのか。誤解されがちな年金の本質を人気経済コラムニスト・大江英樹氏が解説する。 *** 年金、特に公的年金についてはいつの時...
別窓で開く

独裁者に囲まれている日本 豹変する彼らに「成功しそうもない」と思いとどまらせるのが抑止力
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が6月3日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。「(骨太の方針に)防衛費をGDP比2%以上にするという目標を明記すべき」とした安倍元総理の発言について解説した。...
別窓で開く

日本は「失われた30年」を経た今も富める国なのか?—華字メディア
2022年5月31日、華字メディアの中文導報は、「主要7カ国(G7)の一員で経済協力開発機構(OECD)の加盟国でもあるなど、世界から富める国として認知されながら、国内総生産(GDP)が1995年を頂点として下がったままの『失われた30年』を経た日本は、今も富める国なのか?」として、現時点の日本経済...
別窓で開く

「富士総合火力演習の三つの注目点とは」、「日本人は軍事力強化を支持」—香港誌
香港誌「亜洲週刊」はこのほど、陸上自衛隊が5月28日に実施した富士総合火力演習(総火演)の特徴を分析し、合わせて日本の関連世論を紹介する毛峰東京支局長の署名入り記事を掲載した。以下は、その主要部分だ。今回の総火演でまず注目すべきは、3月28日に新設された電子戦部隊が参加し、車載型のネットワーク電子線...
別窓で開く


[ gdp ] の関連キーワード

自民党