本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「実質賃金0.5%増」だけでは「景気が回復したとは言えない」理由
数量政策学者の高橋洋一が5月25日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。2021年度の毎月勤労統計調査について解説した。...
別窓で開く

防衛費一気に1兆円引き上げか?岸田総理の増額発言を分析する【後藤部長のリアルポリティクス】(2022年5月25日)
日米首脳会談で岸田総理は防衛力の抜本強化を確約して防衛費については「相当な増額」を行う考えを示しました。折しも自民党がいまのおよそ倍に相当する防衛費のGDP比2%相当への引き上げを求める提言をまとめる中、日本の安保政策は大きな分岐点を迎えています。参院選でも大きな争点となりうる安全保障政策について考...
別窓で開く

「反撃能力」は“いいか悪いか”ではない これ以外に抑止する手立てはない
青山学院大学客員教授でジャーナリストの峯村健司が5月23日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。これからの日本の防衛について解説した。舞洲で行われた航空自衛隊による地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の機動展開訓練=2022年5月19日午前、大阪市此花区 写真提供:産経新聞社日...
別窓で開く

需給ギャップ埋めることによる物価上昇は経済対策で吸収可能だが、それをやっていない日本
数量政策学者の高橋洋一が5月25日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。物価高騰緊急対策の補正予算案について解説した。ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」物価高騰緊急対策の補正予算案、5月27日の衆議院通過で合意物価高騰の緊急対策を実行するため、一般会計の総額で2...
別窓で開く

ロシアの軍事費はアメリカの12分の1…経済力がモノをいうウクライナ紛争
 東西冷戦構造の復活? これはちょっと違う。西側(民主主義)陣営と強権国の対立である。いや、これも正しくない。両陣営は複雑に絡み合っている。ただ、いえることは戦後の国際秩序が崩壊、国連が機能不全に陥っている事実だ。ロシアの暴挙を止められない。G20も同じだろう。...
別窓で開く

岸田首相の肝いり「大学ファンド」に経済界から“愚策”と悪評が立つワケ【政官財スキャニング】
【政官財スキャニング】#27財界通(以下=財) 1〜3月のGDPがマイナス成長になった中、岸田首相が力を入れる「大学ファンド」に財界長老が「成長戦略にはならない」と怒っていた。経済界には「愚策」との悪評が多い。官界通(同=官) そうだろう。あれではマイナス成長から抜け出す力にならない。...
別窓で開く

米バイデン政権、対中制裁関税引き下げへ=米中対立、緩和に向かう?—5月末にも米中首脳会談か
米政府関係筋によると、バイデン政権は中国製品に課す制裁関税を引き下げる方針である。物価の大幅上昇に米国民の不満が高まっているためで、バイデン大統領はアジア訪問から帰国後に決断する。トランプ前政権が課した制裁関税を引き下げれば、米中対立の緩和や世界経済の発展にも寄与すると期待されている。...
別窓で開く

5月18日、内閣府から公表された2022年1〜3月期の実質GDP(国内総生産)成長率(1次速報値)は前期比年率マイナス1.0%(前期比マイナス0.2%)と、高成長(前期比年率プラス3.8%、2次速報後改訂)の2021年12月期から一転してマイナス成長に転落した。2021年1〜3月期から1四半期ごとに...
別窓で開く

スマホはウクライナに筒抜け、タイヤは中国製、携行食の横流し…ロシア軍のグダグダ過ぎる内情とは
 ウクライナ侵攻でロシア軍の苦戦が続いている。“軍事大国”だったはずのロシアは、なぜこれほどまでに弱体化したのか。専門家は「粗悪な装備品」を指摘し、その原因が「横領や横流しなど、ロシア軍内部の汚職」にあると指摘する。 *** さる軍事ジャーナリストは、「軍事力は経済力に比例します」と言う。「善戦して...
別窓で開く

ニュースで見聞きした国、オリンピックやW杯に出場した国、ガイドブックで目にとまった国——名前だけは知っていても「どんな国なのか?」とイメージすることは意外と難しい。新刊『読むだけで世界地図が頭に入る本』(井田仁康・編著)は、世界地図を約30の地域に分け、地図を眺めながら世界212の国と地域を俯瞰する...
別窓で開く


[ gdp ] の関連キーワード

タジキスタン ウクライナ アメリカ ロシア