本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



アメリカ大統領選“大混乱”でも株高!「ねじれ議会」がハイテク株の追い風に
 11月3日(現地時間)に投開票されたアメリカ大統領選挙は、予想通りの激戦だったがバイデン優勢で推移し、苦しいトランプはやはりこちらも予想通りに集計の問題で提訴を連発、5日現在で先行き不透明で不穏な雰囲気だけが漂っている。 どちらに軍配が上がるにせよ、大混乱は必至の情勢。各地の高級ブランド店や百貨店...
別窓で開く

米司法省がグーグルを提訴〜トランプ政権の本当の狙い
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(10月21日放送)に自由民主党・参議院議員の青山繁晴が出演。米司法省がグーグルを独占禁止法違反の疑いで提訴したニュースについて解説した。...
別窓で開く

テック大型株主流の中で実績優位な小型株ファンド、「世界小型株厳選ファンド」が着目するグローバル・ニッチの魅力
 過去1年間を振り返ると、「netWIN GSテクノロジー株式ファンドBコース(為替ヘッジなし)」や「次世代通信関連 世界株式戦略ファンド(愛称:THE 5G)」などが1000億円以上の流入超過となり、為替ヘッジなしの大型テクノロジー関連ファンドへの注目度が高い。...
別窓で開く

アメリカのSNSが追従できないTikTokの「レコメンドアルゴリズム」
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(9月16日放送)にジャーナリストの佐々木俊尚が出演。YouTubeがTikTokに対抗するため、スマホアプリに短編動画機能を追加したというニュースについて解説した。...
別窓で開く

 PERで割高・割安を計っていては見誤る! コロナ後の時代の投資に不可欠な米国テック株「USテクノロジー・イノベーターズ・ファンド」
 三井住友DSアセットマネジメントが設定・運用する「USテクノロジー・イノベーターズ・ファンド」がコロナショック前の高値を上回り、好調なパフォーマンスを続けている。モーニングスターレーティングは、今年2月以降8月まで7カ月連続で最高位の5ツ★を継続し、北米株式に投資するファンドの中でも優れた成績だ。...
別窓で開く

“データは第2の石油”これからの個人情報管理はどうなる?
TOKYO MX(地上波9ch)朝のニュース生番組「モーニングCROSS」(毎週月〜金曜7:00〜)。8月5日(水)放送の「オピニオンCROSS neo」のコーナーでは、IT起業家の関口舞さんが“個人情報管理”について述べました。◆Twitter がハッキング被害にアメリカで7月15日、フォロワー数...
別窓で開く

“フォートナイトの乱”に続きFacebookもAppleに反旗!対立激化の裏にAmazon優遇の不公平感
 Facebookは、iOSのアプリ内で「Appleは30%の手数料を徴収します」という表示ができるよう申請を出していたが、Appleから「アプリの機能に無関係だ」と拒否されていたことが8月28日分かった。”GAFA”と呼ばれる巨大IT企業4社のうちの2社である両社の対立姿勢が鮮明になっている。...
別窓で開く

経産省、「DX銘柄2020」発表 いまさら聞けない「DX」とは
 経済産業省と東京証券取引所は25日、「デジタルトランスフォーメーション(DX)銘柄2020」を発表した。 今回で6回目の発表となるDX銘柄は、「中長期的な企業価値の向上や競争力の強化」の視点から、「経営革新、収益水準・生産性の向上をもたらす積極的なITの利活用に取り組んでいる企業」(日本取引所グル...
別窓で開く

実は親和性の高いトランプ氏とGAFA〜リベラルとは程遠いシリコンバレーの実情
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(8月19日放送)にジャーナリストの佐々木俊尚が出演。アメリカのソフトウェア企業のオラクルが中国のTikTok買収に参戦したニュースについて解説した。...
別窓で開く

新型コロナウィルスは米中両大国をも破壊する自業自得の生物化学兵器なのか?
新型コロナウィルス(COVID-19)は大方の希望的観測や期待を裏切り、早期の終息はあり得ないだろう。アメリカ、ブラジル、インドなど、世界160か国以上で感染者も死者もうなぎ上りである。日本では感染者数は増えているとはいえ、それでも連日5万人が感染し1000人以上が死亡するアメリカとは現時点では比較...
別窓で開く