本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



メガトレンドを発掘し高成長を収益化する、「GXJメガトレンド・ジャパン」で日本のデジタル化の成長を捉える
 大和アセットマネジメントが2021年10月1日に設定し、運用開始した「GXJメガトレンド・ジャパン」は、国内唯一のETF専門会社であるGlobal X Japanが設定・運用するテーマ型の日本株ETF(上場投資信託)を複数組み入れることで、長期的な構造変化である「メガトレンド」といえる大きな成長機...
別窓で開く

ネットはなぜ「私の好み」を知っているのか?
 コンピュータが人々の生活に浸透して、世の中は便利になった。しかし、その一方で、なんだかコンピュータに支配されているような気配も強まっている。 本書『アルゴリズムの時代——機械が決定する世界をどう生きるか』(文藝春秋)は、21世紀に生きる私たちが抱くもやもや感を「アルゴリズム」を手掛かりに分析する。...
別窓で開く

コロナ禍で強者はより強く、弱者はもっと弱く... 強大になりすぎたGAFAはどこへ行く?
巨大IT企業を表すGAFAという言葉は、日本でもすっかり定着した。グーグル、アマゾン、フェイスブック(現・メタ)、アップルの4社の頭文字を並べたものだ。コロナ禍でますます肥え太った彼らが次にめざすのは何か? 本書「GAFA next stage ガーファネクストステージ」(東洋経済新報社)は、アフタ...
別窓で開く

レゴの強さの秘密を著者が独占取材! なぜプラスチックのブロックが世界一に君臨し続けるのか
 デンマークに本社を置く玩具会社「LEGO(レゴ)」。プラスチックのブロックの開発と製造しか手がけていないにもかかわらず、GAFAをしのぐ超高収益を叩き出し、玩具メーカーの中では世界一の売上高を記録しています。事業の成長にともなってブランド力も高まり、米調査会社のブランド信頼ランキングでは、2020...
別窓で開く

時価総額、世界初3兆ドル! 衝撃の「アップル」は世界経済をどう変える? エコノミストの厳しい目は...
2022年1月3日(現地時間)の米国株式市場で、米アップルの時価総額が一時、3兆ドル(約340兆円)を超えた。大台超えは世界の上場企業で史上初の快挙だ。日本の一部上場企業約2200社の時価総額の半分を、たった1社で稼いだことになる。まさに巨象の周りに群がるアリの群れのような日本企業のありさまだが、こ...
別窓で開く

富裕層の生活実態、コロナ禍で好調だった相場は日本のお金持ち層を変えるのか
2021年もコロナ禍ではありましたが、「株式投資で儲けた」「仮想通貨で大儲けした」という話を周りから聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。実際に、米国の株式市場は堅調でGAFAM(グーグル、アップル、フェイスブック(現メタ・プラットフォームズ)、アマゾン、マイクロソフト)といったテック企業の...
別窓で開く

景気の実感とGDPがかけ離れている理由がわかった!
モノを中心とした実体経済から金融を中心としたヴァーチャルな経済への転換によって、ミドルクラスが減少し、こんにちの格差社会が生じた。本書「金融化の世界史」は、欧米の歴史を見直し、行き過ぎた金融部門の肥大に警鐘を鳴らす本である。「金融化の世界史」(玉木俊明著)筑摩書房■ピケティへの違和感から始まった著者...
別窓で開く

楽天の送料無料化問題 公取委「お咎めなし」の決着で零細出店者にくすぶる「不満」
楽天グループが運営する通販サイト「楽天市場」の送料無料化をめぐり、公正取引委員会の調査が終わった。独占禁止法違反の疑いはあるが、楽天側が改善を約束したからお咎めなし——での決着となった。楽天が通販サイトという販売の場を提供しており、この優位な立場を背景に出店者に無料化を強制していたのではないか、とい...
別窓で開く

「失敗は成功のもと」と言うが、世界的企業の失敗の数々
NHKの異色の経済番組「神田伯山のこれがわが社の黒歴史」の第2回が、先月(2021年11月)末に放送された。総合楽器メーカー、ヤマハの半導体製造にかかわる過去の失敗を取り上げていた。あまり知られたくない自社の「黒歴史」の取材に協力した同社の度量の大きさに感心した。本書「世界失敗製品図鑑」は、世界的な...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。今週は3誌ともに、株関連の特集になった。「週刊東洋経済」(2021年12月4日号)の特集...
別窓で開く


[ gafa ] の関連キーワード

ジャパン gdp gxj 公取委