本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


“ない”と思っているけど本当は”ある”日本の「階層」社会地図
■コロナ禍によって顕在化した日本社会の格差日本社会には、さまざまな社会階層があるが、近年は格差の拡大によってそれぞれが大きく隔たったものになりつつある。ここで階層と呼ぶのは、収入・職業・学歴・身分(地位や資格)によってつくられる社会集団のことだ。社会の中ではそれらが地層のようにいくつにも分かれている...
別窓で開く

G20財務相会合「最低法人税率15%以上」で何が変わるのか
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(7月12日放送)に中央大学法科大学院教授で弁護士の野村修也が出演。7月10日に閉幕したG20財務相・中央銀行総裁会議について解説した。...
別窓で開く

世界の格差是正なるか? 7月合意を目指す“グローバルミニマム税”とは
意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「グローバルミニマム税」です。世界に広がる格差緩和を期待して、7月合意を目指す。グローバルミニマム税は、タックスヘイブン(租税回避地)問題の対処法として掲げられました。...
別窓で開く

日立と日本経済の改革に挑んだ中西宏明氏が死去 新風吹き込み「貴重な一歩」を刻む
日本経済団体連合会の前会長で日立製作所の社長や会長を歴任した中西宏明氏が2021年6月27日、東京都内の病院で亡くなった。75歳だった。経団連では久しぶりの「大物会長」として注目され、日本経済の再興に向けて改革を相次いで打ち出していた矢先にリンパ腫を発症。...
別窓で開く

ワクチン接種で経済はどこまで回復するか〜ネガティブ消費思考が根付いている日本
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(7月7日放送)にジャーナリストの佐々木俊尚が出演。海外のポストコロナ事情と日本の冷え込んだ消費マインドについて解説した。ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」5月の消費支出、前年比11.6%増2021年5月に2人以上の世帯が消費に使った...
別窓で開く

中国からもアメリカからも規制を受けるIT企業の「存在の危機」
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(7月6日放送)に経済アナリストのジョセフ・クラフトが出演。配車アプリ「ディディ」のアプリの公開停止を中国政府が通知したというニュースについて解説した。...
別窓で開く

巨大グローバル企業の税逃れ許すな OECD新ルール合意もカズレーザーは「甘さ」指摘
法人課税という硬い話題が、2日(2021年7月)の「めざまし8」抽出のSNS最新ニュースランキングの1位に上った。「OECD(経済協力開発機構)が法人税率を最低15%とすることで大枠合意しました」と永島優美アナウンサーが伝えた。各国が企業誘致しようと繰り広げる税率引き下げ競争を防ぐためだ。日本をふく...
別窓で開く

天使か悪魔か? 成長戦略実行計画案に盛り込まれたSPACの再検討 後編
 アメリカにおいて仕組みはすでに存在していたものの、2019年までは少なかったSPACの利用は、コロナ禍で急減に伸び始めている。2020年4月から6月に上場した企業数は60企業で、従来型IPOが24件のところSPAC利用のIPOが36件、7月から9月に上場した企業数は152企業で、従来型が82件、S...
別窓で開く

アマゾン勇退のベゾスに「宇宙から帰って来なくていい」5万人が署名
 今年の2月2日、「アマゾン創業の日」の7月5日の株主総会をもって最高経営責任者(CEO)を退任し、取締役会長に退くとしたジェフ・ベゾス。もともと「宇宙事業を始めるためにアマゾンをはじめた」と事あるごとに口にしてきただけに、自ら立ち上げた宇宙ベンチャーのブルーオリジンなど、本業以外の“副業”へ比重を...
別窓で開く

諸刃の剣を振りかざすアメリカとIT巨人GAFAM+Nとの戦い (完)
 アメリカ議会における巨大IT企業をターゲットとした今回の反トラスト法の改正案提出について重要なのは、前トランプ政権が率いた保守派・共和党の内部の捻じれと、現バイデン政権率いるリベラル派・民主党の内部の捻じれの中で、大きな道しるべとなったことである。...
別窓で開く


[ gafa ] の関連キーワード

oecd アメリカ