本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



デジタル通貨「ディエム」撤退...浮き上がらせた「メタ」の失速
米IT大手GAFAの一角を占めるメタ・プラットフォームズ(旧フェイスブック)は、実現を目指していたデジタル通貨「ディエム」から撤退する。2019年に「リブラ」の名称で発表されたデジタル通貨構想は、各国の通貨発行権を脅かしかねないとして、主要国が軒並み懸念を示していた。メタの主力SNSであるフェイスブ...
別窓で開く

もはやリモートはリアルの代替ではない...日本経済再生のチャンス!
新型コロナウイルスの感染拡大によって、周知のとおりだが、リモートワークが広がっている。それ以外にも、リモート面会や面接、オンライン営業なども進んできた。本書「リモート経済の衝撃」(ビジネス社)は、この変化を前向きにとらえ、日本経済が再生する最後のチャンスだと訴えている。「リモート経済の衝撃」(野口悠...
別窓で開く

地方企業のDX推進 副業者の積極的活用で人手不足を解決
 現在、地方企業もDX推進という大きな問題に直面している。しかし、すでに人材不足に悩む地方企業にとって、DX人材の確保はより困難な課題だ。本記事では、地方企業のDX人材不足を解決する手立てになり得る、副業者の積極的活用について紹介する。...
別窓で開く

アマゾン「年収4000万」の衝撃!? メディアは大興奮...でも「給料がすべてではない」「言うだけならタダ」の冷めた声(井津川倫子)
米国IT大手のアマゾンが、従業員の基本給上限を年35万ドル(約4000万円)に引き上げることがわかり、日本のメディアも大きく取り上げています。対象となるのは、米国の事務職や技術職で、これまでの2倍を超える超ド級の増額です。SNSで「4000万はマジやばい!」「ウソだろ?」といった驚きの声があふれる一...
別窓で開く

米株ファンドを上回るパフォーマンスを実現、「トヨタ自動車/トヨタグループ株式ファンド」が見据える未来
 三井住友DSアセットマネジメントが設定・運用する「トヨタ自動車/トヨタグループ株式ファンド」のパフォーマンスが好調だ。2022年1月末時点で過去1年間のトータルリターンは37.85%と全国内株式ファンドの中でトップ、かつ、この期間の米国S&P500インデックスファンドの平均30.29%をも上回って...
別窓で開く

【本棚を探索】第5回『マイケル・ジェンセンとアメリカ中産階級の解体』ニコラス・レマン 著/濱口 桂一郎
■米国経済の百年を描く なんだかよく分からないタイトルだけど、過去100年のアメリカの経済社会を、ハイレベルな思想と末端の現実の両方から描き出した、思想史とルポルタージュがまだら模様になった奇妙な味わいの本だ。経済思想史のキーマンはアドルフ・バーリ、マイケル・ジェンセン、リード・ホフマンの3人だが、...
別窓で開く

好調な米アップル、GAFAの時価総額が米上場企業に占める割合は......【馬医金満のマネー通信】
みなさん、こんにちは。馬医金満です。米アップルの業績が好調です。2022年1月27日に発表した21年10〜12月期決算は、売上高が前年同期と比べて11%増の1239億4500万ドル(約14兆2000億円)、純利益は20%増の346億3000万ドル(約4兆円)でした。...
別窓で開く

米マイクロソフトは輝きを取り戻せるか!? ゲーム大手の巨額買収で狙った「一石二鳥」
米マイクロソフトが、米国のゲーム大手のアクティビジョン・ブリザードを、687億ドル(約7兆8700億円)を投じて買収する。アクティビジョンは、第二次世界大戦を題材にした「コール・オブ・デューティ」や、剣と魔法の世界を舞台とした「ウォークラフト」といったオンライン戦闘ゲームで人気を集めているゲーム会社...
別窓で開く

「インフレ退治のタカ」と化した米FRB、利上げ決定示唆 米国株続落...エコノミスト注目「5大ハイテク株」の行方は?
米国株の下落が止まらない。先週の5営業日連続値下げに加え、2022年1月27日(日本時間)も米FRB(米連邦準備制度理事会)のパウエル議長の記者会見中に大きく値を下げた。FRBの「タカ派姿勢」(金融引き締め策)が鮮明に打ち出されたからだ。「インフレ退治」へ容赦なく金融を引き締める政策のため、世界経済...
別窓で開く

冬の時代終わり、にぎわう暗号資産のいま...週刊東洋経済「暗号資産」 週刊ダイヤモンド「薬剤師・薬局」、週刊エコノミスト「半導体」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■NFTのデジタルアートが話題に「週刊東洋経済」(2022年1月29日号)まず、2022...
別窓で開く